JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14254
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

睡眠障害です。 うつらうつらして夢を見て息が上がり、苦しくなりはっと目が覚めます。 2年前ぐらいに気が付いてメモ

解決済みの質問:

睡眠障害です。
うつらうつらして夢を見て息が上がり、苦しくなりはっと目が覚めます。
2年前ぐらいに気が付いてメモをしています。
すると週に1度とか2週に1度とかそれより多かったり少なかったり、季節によっては1~2か月起きないときもあったりしました。

夢の内容は、何か一生懸命作業をしていて、それを頑張っているうちに苦しくなります。
例えば、何かを説明しようとして、レポートをめくろうめくろうとしているうちにくるしくなりました。
何かを数えようとしていたり、運動しようと頑張っていたりというときですね。

はっと目が覚めたとき、自分で息を止めていたような感覚があります。

単なる痰が喉に絡んで息ができなくなったのか、睡眠時無呼吸症候群なのかと、心臓や呼吸器系が悪いのかなどと悩んでいます。
目が覚めた後、心臓が痛むとか狭心症のような発作はありません。

今日、耳鼻科に行って相談したら「今は喉が腫れて痰がからんでますが、息が苦しくなるのはわかりません。太ってもいないし、喉の形態に異常はないです。」と言われてそれだけでした。


冷静に考えると、2年間、何とも無く生きてきたわけですから、そんなに深刻に考えなくてもいいのかとも思います。
でも、きょうで3日間続いたのでさすが心配になりました。

安心できるアドバイスを頂きたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

 

 

こんにちは。猫山と申します(以前に膝関節症のご質問にお答えしたことがあります)。

 

まず、デパスを含むベンゾジアゼピン系化合物(大多数の睡眠薬と精神安定剤のことです)を連用されているのはあまりよろしくないことだと考えます。

 

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

 

相談者様の不眠の原因の一端は、デパスの依存・耐性の形成によるものかもしれません。

 

ただし、「苦しくなりはっと目が覚め」るということであれば、やはり睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性は検討する必要があります(ちなみに、SASの患者様に対しては睡眠薬は禁忌です)。

 

耳鼻科医のコメントは、肥満の方に多い末梢性のSASの可能性が低いことを示唆するものではありますが、SASには中枢性も含め、色々なタイプのものがございます。

http://allabout.co.jp/gm/gc/302300/

 

実際に睡眠中に呼吸が止まっているか、回数が減っているかを確認されておいたほうがよろしいかと存じます。

SASを診療している医療機関を受診されて相談されることをお勧めいたします。

http://www.sleep.or.jp/facility/index.html

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

素早い回答ありがとうございました。


デパスの怖さを読ませていただいたことと、ちょっと先生に誤解があったようなので追記させていただきます。



初めに睡眠障害と書いたので、「不眠症」と思われたのかもしれません。


不眠症ではないと思います。


「安定剤」として処方され、そのままずるずると15年以上デパスを飲んでいます。


よく眠れるのでずっといただき続け飲んでいます。(全然飲まない期間もあったのですが、不安なことが起きると、また飲み始めます。)


今は、寝る前に1錠、あと最近トイレが近いと話しましたら精神科の先生からメイラックスをいうのを追加で」1錠処方されました。


不安神経症気味なので、「ぐっすり眠りたい」という気持ちに逆らえず、それらの薬を飲んできましたが、ここ1週間ほど薬を飲まなくても寝られることに気づき飲むのをやめてみました。


するとうつらうつらとたくさん夢を見ます。


それが、普通の方の眠りで、夢も見ないでぐっする眠っていた方が異常なのかもしれないと思う今です。


 


 


先生はデパスが私の「息が苦しくなりはっと目覚める」という症状の原因かもしれないとお考えなのがもういちどお聞かせくださるとありがたいです。


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

特に誤解はしていないつもりです。

パニック発作の中に、睡眠時パニック発作というタイプの発作があります。
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_52.htm

精神安定剤(たとえばデパス)を長期連用していると、耐性が生じるに従って、または急な断薬によって、離脱症状の一環としてパニック発作が起こることがあります。これを反跳現象(リバウンド)と呼びます。

相談者様が眠剤代わりにデパスを服用されているということでしたので、耐性形成によって睡眠時パニック発作を起こす可能性があるのではないかと考えていました。

この1週間断薬されているのであれば、ここ3日間続いている中途覚醒の原因が、離脱症状による睡眠時パニック発作である可能性は高いのではないかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.


何度も失礼いたします。


離脱症状による睡眠時パニック発作をいうのは、わかる気がしますが、耐性形成によって睡眠時パニック発作が起きるというのが意味がわかりません。


 


この2年間起きている「息苦しくなって目が覚める」という状態は、デパスをやめようとしているときではなかったのです。


 


では、耐性形成によって起きるということなのか、それはどういうことなのかと自分で考えようとして悩んでいます。


 


その辺をもう少し詳細に教えていただければ嬉しいです。


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
パニック発作が全く無い方が、数年間ベンゾジアゼピンを服用したとします。

この方が急にそのベンゾジアゼピンを減量もしくは中止した場合、パニック発作が起こることがあります。

ベンゾジアゼピンとは、脳の不安を司る部位(仮に不安中枢でも呼びましょう)の活動を抑えるお薬ですから、長期間の服用の後に急にベンゾジアゼピンを止めると、不安中枢がその反動で過剰に興奮し、まったく指向性の無い不安を呈するのです。その結果、理由も無いのに不安、パニック発作の既往が無いのにパニック発作を起こす、といった離脱症状が起こります。

耐性ができるというのは効きが悪くなるということですから、例えば、1mg服用していたデパスが0.5mgに減量したのと、脳の中では同じことが起きています。
よって、減量時と同じように、「耐性形成による離脱症状」が起こりえるのです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生、


何のお返事も差し上げず失礼しました。


 


事情がデパスの話になっていましたが、実は今年の6月の末からメイラックス1mgも飲み始めていました。


この二つをやめたことが自分の睡眠にどんな影響を及ぼしているのか、自分でわけがわからなくなってしまいました。


 


とりあえず、デパスだけ再開して様子を見ています。今のところ、再開してみて順調に眠れています。


 


私の精神科の主治医がなぜデパスとメイラックスを処方したのか、今よくわかっていません。


単に睡眠のためなのか、私が精神的に非常に落ち込んでいたからなのか?


 


もうすぐ、主治医の診察予約が入りますので、今の状態を話して聴いてみようと思っています。


 


猫山先生が、資料をたくさん提示してくださり、「睡眠時無呼吸症候群」の病院まで教えてくださったことに深く感謝しています。


 


でも、もう少し、猫山先生のお話を伺いたい気持ちが強く、なかなか評価に踏み切れませんでした。


 


もう少しお待ちいただければ嬉しいのですが。


大変失礼なことですが、申し訳ございません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
了解致しました。

お待ちしております。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14254
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    53
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    26
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2795
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
 
 
 

内科 についての関連する質問