JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4088
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 父が通院している札幌の掛かり付けの大学病院内科で心臓のエコー検査を してもらった結果 心臓弁膜症の状態が、あまり

解決済みの質問:

よろしくお願いします。

父が通院している札幌の掛かり付けの大学病院内科で心臓のエコー検査を してもらった結果
心臓弁膜症の状態が、あまり よくなく、軽度~中度~重度で判断すると中度と重度の間くらいに あり
薬物療法では限界があって、手術も無理、今後もエコーで定期的(半年サイクル)に受けての経過観察

との受診内容でした。

父は現在83歳で他にも脳神経外科(頸動脈狭窄症でステント留置術)での手術(2011~2012年)
2002年に右腎臓の摘出手術
等も受けており、総合的に心臓弁膜症手術に耐えられるだけの体力がない
と判断されたのだろう、と思いました。

経過観察で よくなることはなく、悪くなっていくのを減塩で遅らせるしか方法は ないものなのか?
息子の私としては、他の病院でも検査して いただきたい との思いから調べたところ

札幌心臓血管クリニックに行きつきました。

ここの病院では「256心臓血管CT(北海道初導入)」が有り
これは「狭心症の有無を調べる検査」だそうですが

弁膜症の症状はエコーでしか検査できない ものなのか、最善策は ないのでしょうか?
(父が横向きの体勢で長時間(45~50分)検査を受けるのが辛い、とのこと)

よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
その心臓弁膜症の正確な名前は何ですか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

おはようございます。


 


病名は、大動脈弁狭窄症で6月時点で約0.9cm2の数値になっています。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.

どのような症状で病院を受診しましたか。現在、どのような症状がありますか。現在、どのような薬を使って治療していますか。心臓の他に現在、何か問題がありますか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。


 


父は循環器内科は自宅近くの総合病院に通っていたのですが


頸動脈ステント留置術で手術した大学病院に循環器内科も受診していただくことになりました。


 


父(1930年生まれ)の過去の病歴は


 


72歳:右腎臓摘出手術(現在は病状安定)


 


73歳:膀胱ポリープ(3泊4日入院)


 


79歳:(2009年6月)前立腺癌治療(ホルモン注射)


 


81歳:(2011年4月)軽い脳梗塞(4/11~25日 点滴入院)


 


     左右頸動脈狭窄症が見つかり 6/17日


 


     高橋脳神経外科でステント留置術の手術


 


     詰まり方の顕著だった左の頸動脈手術中


     脳梗塞になり、急遽、右の頸動脈にステントを通す。


 


2011年9/13~10/2 自宅でリハビリ(右半身麻痺も徐々に回復)


 


81歳:2011年10/3 自宅で転倒、右大腿骨骨折


 


    2011年10/7 渓人会病院にて手術(22日間 入院)


 


    10/25~2012年1/24日 西円山病院でリハビリ(3ヶ月間)


 


    1/25 退院


 


    1/27 自宅でリハビリ等(要介護2)


 


82歳:7/20 ホルモン注射中止(泌尿器科)


 


    8/16 左頸動脈ステント留置術のため入院


    (前回の高橋脳神経外科で手術した大学病院の執刀医


     の病院で手術←心臓の懸案により、大学病院だと直ぐに


     対応できる、ということから)


 


    8/28 手術 3日後 左目 失明


 


2012年10/5 退院


 


2013年現在 自宅でリハビリ


 


 


現在の通院は、月1回 大学病院 脳神経外科   


         


          2ヵ月に一度 上記の大学病院の循環器内科


 


          泌尿器科も上記病院、今年の9月~3ヵ月に一度 通院


 



心臓は渓人会病院のエコー検査で


 


2011年5月の時点で 大動脈狭窄症が軽度(1.3cm2)


 


2012年6月 のエコー検査では 0.9cm2(中等度)に悪化


 


2013年8月 移った大学病院でのエコー検査では 


数値は聞いておりませんが


中等度と高度の間だと、担当医は話されました。


 


最近、購入した「完全図解よくわかる心臓弁膜症」(加瀬川 均 著)


 


を読みましたが、開胸の外科手術でない内科でのカテーテルによる


 


大動脈弁置換術という方法が有ることを知りました。


 


その後、検索した結果、札幌心臓血管クリニックの藤田 勉先生が


カテーテル治療を施していると知り、


 


高齢者で心臓の外科手術が難しい患者でも、このカテーテルの


大動脈弁置換術ならば、父でも可能なのではないだろうか?


と素人ながらに思った次第です。


 


現在、服用している薬は以下の通りです。


 


大学病院の処方


 


プラビックス錠75mg(朝1錠)


 


フェキソフェナジン塩酸塩錠60mgEE(寝る前1錠)


 


ミニプラノール錠100mg(朝1錠)


 


レバミピド錠100mgEMEC(朝・夕1錠)


 


チザニン錠1mg(朝・夕1錠)


 


バイアスピリン錠100mg(朝1錠)


 


シロスタゾール錠50mg(朝・夕1錠)


 


ロキソニンテープ100mg


 


ロコイド軟膏0.1g


 


アローゼン顆粒0.5g(寝る前1錠)


 


フリバスOD錠25mg(朝1錠)


 


ベタニス錠50mg(朝1錠)


 


以前からの掛かり付けの自宅そばの眼科の目薬は


 


キサラタン点眼液0.005%


 


トルソプト点眼液1%


 


アイファガン点眼液0.1%


 


ミケラン点眼液2%


 


服用の薬は以上です。


 


また、食事中や水を飲む際、よく むせかえし咳き込みます。


 


当初は食道でなく気管に間違って入る誤飲(年配者特有の筋力の衰え)


なのか?と思ってましたが、これも心臓の影響でしょうか。


 


長くなってしましましたが、どうぞ よろくしお願いいたします。


 


 


 


 


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
現在かかっている大学病院の名前は何ですか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

病院名は、今後も その病院で様々な症状で診察を受ける所ですから


(脳神経、泌尿器科 等)差し控えたく思います。


 


これまで お話した中で 良きアドバイスを いただきたいので


 


(256心臓血管CTで大動脈弁狭窄症の検査が可能なのか)


 


よろしく お願いいたします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
カテーテルの大動脈弁置換術は手術に適していないリスクの高い患者に有効な方法です。大動脈弁狭窄症の検査はドップラー超音波で十分です。256心臓血管CTは心臓の弁の状態を見るためにも使うことができます。しかし、造影剤を使用するため腎機能が低下して 方には用いることは出来ません。
一つの疑問はカテーテルの大動脈弁置換術はその大学病院で施行することが出来ないのでしょうか。そのためにその大学病院の名前を知りたかったのです。担当医に訊いてみてください。もし、出来ないようならそれが出来る病院を紹介してもらってください。もし、それがその大学病院で出来るならばそれがあなたのお父さんに施行することが出来ない理由を聞いてください。
Dr_GATOをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問