JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4037
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。45歳会社員男です。 今年の5月から右目の下まぶたの痙攣がおさまりません。眼科に行っ

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます。45歳会社員男です。
今年の5月から右目の下まぶたの痙攣がおさまりません。眼科に行って、ミオキミアと診断され眼精疲労の目薬を処方されましたが、まったくおさまりません。睡眠時間も6時間くらいはとっているし、とくに大きなストレスは自覚はしていません。
3年ほど前から夏になると同様の症状 が出ていましたが気がつくと、治っていました。それでも他の原因があるのではないかと思い、去年脳のMRIを脳神経外科で撮ってもらいましたが、異常は見つかりませんでした。
ちなみに以前格闘技をやっており、KO負けこそありませんが、それなりに打たれたことはあります。やめて7年経ちますが関係あるでしょうか。

よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

「眼瞼痙攣」には、眼輪筋のジストニアと、線維束収縮の2種類があります。

前者は大脳か、そこから出る太い神経の病気である可能性が高く、両側性で、まぶたがぴくぴくするだけでなく、開けづらくなり、治療も難渋することが少なくありません。

一方、片側のまぶたがぴくぴくするだけの眼瞼痙攣は線維束収縮と呼ばれる良性のもの(ミオキミア)で、大多数の患者様では目の使いすぎやドライアイ、睡眠不足、ストレスが原因となって起こりますが、思い当たる原因が無い患者様も多数おられます。
治りが悪かったり、体の他の部分にもおなじような筋肉のぴくつきが起こる場合は、神経疾患(具体的には筋萎縮性側索硬化症(ALS))である可能性がありますので、神経内科(心療内科ではないのでご注意ください)を受診されるべきですが、ご記載を拝読する限りは毎年症状が起こっては治り、を繰り返しているようですから、もう少し様子を見られてもよろしいかと存じます。

脳のMRIで異常はみつかっていませんので、格闘技経験の影響は考えられなくてもいいと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
マイナス評価を賜りまして誠に残念です。
初めに述べてありますように評価はあくまで最終評価ですので、私はこれ以上のお役には立てないものと判断いたします。

相談者様により有意義な情報を、他の専門家が提供できるかもしれませんので、私はここでオプトアウト(回答辞退)させていただきます。

どうぞお大事になさって下さい。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
回答を試みてみます。
それは良性で自然となおりますが時として月単位で起ることが有ります。もし,そのために視覚に問題が起るなら治療する必要があります。
その原因はわからない事が多いですがあなたの原因としてはカフェイン,テレビやコンピューターを見すぎること,アルコールの摂取,ある種の薬があります。時々 ,アレルギーが関係していることが有ります。夏のみあることからアレルギーがその原因かもしれません。
市販の抗ヒスタミン薬を飲んでみてください。それとその原因となることを避けてください。その部分を暖めたり,冷やしたりすることでその症状が軽減するかもしれません。
それでも直らず煩わしい場合はボトックスを注射してその部分を麻痺させることができます。それは2、3ヶ月効きます。
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4037
経験: 医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問