JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

父(69歳)が心原性脳梗塞で25.5.1に倒れ、現在も意識が戻りません。入院している病院では意識はもどらないだろうと

解決済みの質問:

父(69歳)が心原性脳梗塞で25.5.1に倒れ、現在も意識が戻りません。入院している病院では意識はもどらないだろうと診断されました。左の脳は脳波が平坦で反応無し、右も反応が弱い、音は聞こえているので脳死ではないと言われました。
 もう治療のしようがないようで、栄養だけ(胃ろう すすめられています)とって、3ヶ月以内に転院の打診もされました。
 このような状態では本当にもう意識は戻りませんか?母は何もしないで諦めたくないとどこかセカンドオピニオンを探しています。いい病院や、よい治療法はないのでしょうか。せめて意識が戻り、話せなくても、うなずくだけでもいいのです。
 突然のことだったので 母も混乱しています。教えていただけると助かります。
お願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせず に返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせてい ただきます】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

残念ながら、ご記載を拝読する限り、お父様の意識が戻ることは無いと考えます。

「せめて意識が戻り、話せなくても、うなずくだけでもいい」とのことですから、相談者様が仰られている「意識が戻る」とは、周囲の状況がある程度理解できて、それに対して反応できることを指すのだと思われますが、これは大脳皮質、特に前頭葉が司る活動です。
脳波検査の結果から、左大脳半球は既に活動しておらず、右の大脳半球の細胞もごくわずかにしか残存していないでしょう。
大脳の脳細胞は一度破壊されると再生しませんから、既に発症から3週間が経とうとしている現時点で、ご記載のように広範囲の脳梗塞患者様の状態が改善することは期待できません。

「音は聞こえているので脳死ではない」と言われたのは聴覚誘発電位(ABR)という脳波の測定をしたのだと思われますが、この検査が行われたこと自体が、脳死が疑われる状態であることを意味します。ABRは大脳皮質ではなく脳幹の電気活動を検出するものです。自発呼吸があることと考え合わせると、お父様は、脳幹だけが生きていて大脳はほぼ死んでしまっている植物状態であると考えられます。

広範囲の脳梗塞によって大脳の脳細胞の大半が死滅することで生じた植物状態ですから、それを治療する手段はありません。ご家族が検査資料と紹介状を携えて他院にセカンドオピニオンを受けに行かれることは可能でしょうが、現在入院している病院と異なる見解が効ける可能性は0でしょうし、急性期の脳疾患を診る病院で転院をうけいれてくれるところはないでしょう。

望みを捨てたくないという感情は重々理解いたしますが、現状を受け入れる方向にお気持ちを向けられるべき時期であろうと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のお返事ありがとうございました。


今後についての相談です。


栄養確保のため、胃ろうか中心静脈栄養かといわれ、


とりあえず先生は中心静脈栄養をはじめるといわれました。


転院を考えて胃ろうをすすめられていますが、やはり胃ろうに


すべきですか? 回復見込みがない状態で栄養だけ送るのは、


酷です。


また、今の状態ですと、どのくらい生きるのでしょうか。


母は毎日病院に行っています。この状態があとどれくらい続くのか。


母が心配です。先生は、人によってどのくらいかは違うからわからないと


いって、答えてくれず、途方にくれます。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

お父様の身体状況がわかりませんから一般論で申し上げますが、植物人間になられた方の平均余命は約3年間と言われています。内臓が丈夫で、ケアがしっかりしていれば10年以上生きる患者様も少なくありません。

恐らくは長期療養型の病院への転院が勧められているのでしょうから、医師が差し替えをしなければならない中心静脈栄養(IVH)よりも胃ろうが望ましいと考えられているのだと思います。胃腸管の機能を保てますし、薬物の胃ろうからの投与も出来ますから、その意味でも(延命という意味では)、胃ろうの方が望ましいと言えます。

そして、上述の平均余命3年とは、この、IVH/胃ろうを用いたり、必要ならば人工呼吸を行うなど、積極的な延命治療を行った場合の数字です。
積極的な延命をご家族が望まれないのであれば、これらの人工栄養を行うかどうかについて主治医と相談されるべきですが、日本の法制では尊厳死は認められておらず、人工栄養や人工呼吸器を用いないことが医師側の過失と見做されることもありますので、入院されている病院の方針とのすり合わせが必要になると考えます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧なご返信感謝いたします。最後にもう1つ、伺いたいのですが。


今日、IVHにしたと母から連絡ありました。


延命はしないと伝えてありましたが、栄養はいれなくてはいけないようです。


今後、胃ろうがすすめられると思いますが、実際のところ、延命希望でなくても胃ろうにしなくてはいけませんか?また、胃ろうにしてもIVHにしても、一度はじめたら、最後まで栄養を流し続けなければいけないのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前回の回答にも記載しましたが、日本では尊厳死の法令整備が遅れているために、延命治療の中止を決断することで、「殺人罪」、「自殺幇助罪」、「嘱託殺人」といった罪に問われることになりかねません。
IVHは高カロリー輸液を入れられますが、管理が難しいですし、肝臓に負担がかかるので、遠からず胃ろう造設の話は出てくるでしょう。

お父様に関してお話が難しくなっているのは、お父様ご自身の意思が確認できない状態であるからです。尊厳死宣言書と呼ばれる公正証書を、お元気だった時に作成でもしていない限りは、医師の側として、「処置を行えば延命できる、行わなければ延命できない」というタイプの処置を「行わない」という判断は下しがたいのです。
http://higamaru.jp/info/1100.html
これは、残念ながら、近しいご親族全員が尊厳死を希望しても、患者様の死後、聞いたこともないような遠い親戚が怒鳴り込んできたり訴訟を起こしたりする事例があるため、医師側、病院側としても、防衛策として出来ることはやっておかなければならないという事情もあります。

また、一般的には、延命治療拒否といった場合、病状が急変した場合に心臓マッサージや人工呼吸などの蘇生処置を行わないことを意味することが多く、これは主治医とご家族との間の話し合いで決められる範囲ですが、IVHや胃ろうを行う/行わないとなると判断は難しいところです。
http://www.inochi-vision.jp/scripts/parent/discussion.php

ただ、他の専門家が受けた相談で以下のようなものがあります。相談者様の場合とは真逆の事例ということになります。
http://www.justanswer.jp/internal-medicine/6jn5s-88-2.html

現実には、法令整備がなされていない分、現場の判断による部分が大きいことも事実です。
もし現在の入院先にケースワーカーがいるのであれば間に入ってもらい、現在以上の延命処置(http://www.geocities.jp/songenky/anenmei.html)を行わない方向で治療を進められないか、もしくは尊厳死に積極的な病院への転院ができないか、主治医と相談されてみることをお勧めいたします。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    42
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    21
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2792
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格