JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

55歳の主婦です。2~3年程前から時々襲ってくる頭痛に悩んでいます。一度襲ってくると4~5日は痛みが続きます。ズキン

解決済みの質問:

55歳の主婦です。2~3年程前から時々襲ってくる頭痛に悩んでいます。一度襲ってくると4~5日は痛みが続きます。ズキン、ズキンと顔が歪み身体がピクッと震えるほどです。ですが、暫くすると痛みは治まり、それが2~3ヶ月おきくらいに来ます。今も3日程前から痛みだし、今回は喉の痛みから始まり次は耳が痛み、耳から左の頭頂部にピリピリとした電気が走るような痛みです。医者にかかるにもどこで受診したら良いのか分かりません。このような症状では何科を受診すれば良いでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

階段の昇降など日常的な動作により頭痛が強くなりますか?

頭痛時に、悪心または嘔吐を伴うことはありませんか?

頭痛時に、光や音に過敏になることはありませか?

頭痛が始まる前に、視野の中にチカチカ光る小さな点が現れることはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


日常的な動作の時に痛みます。悪心や嘔吐はありません。光や音に過敏になることもありません。視野の中に光るものもありません。とにかく頻繁にズキズキ痛みます。いつも左側だけなんです。左の側頭部から頭頂部にかけて痛みます。ちなみに頚椎ヘルニアと診断された事があります。首や肩が常に凝っている状態です。頭痛と何か関係はありますか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

頭の片側が痛いということでしたので片頭痛を疑いましたが、合致する所見は無いようです。
http://www.sukkirin.com/contents/01_1_1_2.htm

「首や肩が常に凝っている状態」とのことですから緊張型頭痛(http://www.sukkirin.com/contents/01_1_1_3.htm)の要素も入り混じっているかもしれませんが、椎間板ヘルニアをお持ちであるならば(大)後頭神経痛である可能性が高いと思われます。
筋肉の緊張や、頚椎ヘルニアによって、脊髄から頭部に伸びる知覚神経が圧迫されることで生じる頭痛です。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121121/dms1211210713003-n1.htm

後頭神経痛だとすれば、診断も治療も専門的知識が必要とされる頭痛ですから、頭痛外来を標榜している脳神経外科か、神経内科を受診されることをお勧めいたします。

以下のサイトから、日本頭痛学会認定の頭痛専門医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本頭痛学会認定の頭痛専門医】

http://www.jhsnet.org/ippan_senmoni_ichiran.html


以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございました。椎間板ヘルニアではありませんが、脊柱間狭窄症にもなりかかっていると言われました。それも影響ありますか?紹介頂いた専門医に受診してみます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症と複数の理由によって起こる狭窄の総称です。

従いまして相談者様の場合、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症が合併しているのではなく、椎間板ヘルニアによって脊柱管狭窄症が起きている可能性もあります。

脊柱管が狭窄している部位いかんですが、それによって頚部の筋緊張が起こり、後頭神経痛の一因となっている可能性はあると思います。

内科 についての関連する質問