JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

中学1年、13歳の男の子です。原因不明の腹痛を訴えます、実は小学校3年の時に公園でお腹を強打して救急車で運ばれ、造影

解決済みの質問:

中学1年、13歳の男の子です。原因不明の腹痛を訴えます、実は小学校3年の時に公園でお腹を強打して救急車で運ばれ、造影剤も投与して検査をしてもらい異常なしだったのですが、本人はその時の後遺症だと言って悩んでいます。
腹痛もほぼ毎日痛みがあるようで、ズボンのベルト周辺ぐらいの位置で特に右側が痛みがひどいようです。ギューとなってからずっと押さえられているような痛みだそうです。
たまに痛みがないときもあります。病院で何科に受診しに行けばいいのかわからないので教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

痛みは毎日ですか。
どんな時が多いですか。
痛みのために夜中に起きることはありますか。
排便の方は大丈夫ですか。便秘や下痢は?
排尿はいかがでしょう。
排便時に血が混ざっているようなことはありますか。
検便は済んでいますか。
血液検査や尿検査はいかがでしょう。多分まだだとは思いますが確認させてくださいね。

どちらにお住まいですか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


痛みは、痛みの強弱がありますが毎日あるそうです。


痛みがひどい時は夜中に起きるときもあります。


排便は、毎日あります、便秘も下痢もありません。


排便に血が混じる時もないです。排尿も大丈夫です。


食欲もあり、食べ物が食べられないという事もないです。


検便検査はしていません。血液検査はしていませんが、尿検査は去年の4月学校に入学してからしていますが、正常でした。


住まいは横浜市鶴見区潮田町に住んでいます。


宜しくお願い致します。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.

少し長くなりますがお付き合い下さいね。

この繰り返す慢性的な子どもの腹痛というのは意外と多いです。
ご両親の不安とストレスをかきたてますね。
実は小児科医を訪れるお子さんの訴えのうち頻繁に見られるもののひとつなんです。

定義的には慢性的な腹痛が3ヶ月以上続き一月に最低一回は腹痛がおきます。
腹痛はなんとなくというものからけっこう強いものまであり、一般にお食事の摂取のタイミングには関係がないです。
またふつうは夜痛みのために起きるということがないです。そして体重が減るということもなしですね。
あなたの息子さんの場合は夜痛みのために起きることがあるということですのでそれが頻繁に起きているのであれば精密検査はぜったいに必要でしょう。


理由はたくさんあります。
あるお子さんはもともとセンシティブなおなかを持っていて腸の不調をより頻繁に感じます。
その腹痛を起こすきっかけはさまざまで、学校でのストレス、お食事に脂肪が多いとき、そしてなんとおなかの偏頭痛なんていうのもありえます。
このことを腹性偏頭痛などと呼んでいまして、睡眠で回復しますよ。
ご家族に偏頭痛の方がおられるかもしれませんね。遺伝しますから。

さて、医師は詳細な経過をさぐります。
お子様のお食事のパターン、おしっこやウンチの様子、お子様のストレス度、ルーチンに何か変化がなかったか、他のご家族に腸疾患の方がおられないかなどなど。
そして熱、ウンチに混じった血、慢性的な下痢、繰り返す嘔吐などの有無も確かめます。

今申し上げました症状(血、熱、下痢、嘔吐)が実際にございましたら精密検査は絶対に必要ですよ。

腸は実にコンプレックスな神経のネットワークで囲まれています。
そ れで、その神経システムが消化活動をオーケストラのようにコーディネートしながら動かしているわけですが、その複雑なシステムがちょっと間違いを起こした り、体に有害であると間違って感知してしてしまうこともあり、そんなとき子どもの腹痛が起こるのでは?と研究者は結論付けています。また食べたものが腸を 通過する時にふつうの人ならなんとも感じないのにセンシティブな腸を持ったお子さんにはその動きがなんと不調や痛みとして感じるようです。
つまり器質的な、治療の必要なコンディションではないということになりますね。

あえて検査をするなら息子さんの場合は検便、血液検査、超音波でしょうか。
検査、お勧めしたいですね。

さて、かかられるなら小児病院の総合診療科でまず診てもらってそこから必要なら胃腸科に回してもらうというやり方です。
総合診療科でできる検査をまずはしてもらうといいかと思いますが直接消化器科に行かれてもいいとは思います。

http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/section/shoukaki.html

http://www.ncchd.go.jp/hospital/section/kikan-byotai/shoukaki.html

 

 

http://kanagawa-pho.jp/osirase/byouin/kodomo/department/general.html


さて、治療法ですが、お食事のファイバーを増やしてみましょう。
ファイバーの多いお食事については検索すればいくらでも出てきます。
脂肪はおさえます。脂肪をたくさんとりますと腸の動きが鈍くなりますから。
お薬は原則として使用しないほうがいいですよ。

さて、最後に大切なことをひとつ。

この腹痛が検査の結果すべて正常でシリアスな原因がないとわかった暁には腹痛のために学校へ行くのを拒否したりお手伝いをしないというのを許容しないで下さい。
そうすればお子さんはそれを使って痛くもないのにやりたくないことを避ける手段として使うようになります。

そうそう、偏頭痛の件ですが、もしそれが疑わしいならかかられるべきは小児神経内科ですので主治医にご相談して紹介してもらいましょうね。

同じ小児病院内に小児神経内科はありますからそちらへ回されるでしょう。

ご質問がございましたら書き入れられてくださいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

この腹痛は治るものなのでしょうか


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
先ずは原因を探る、そこからです。
小児患者の良性の慢性腹痛が、大人になっても続いた例は少ないです。
年齢とともの成長するのでしょう。

原因を探ってそれぞれの原因をアタックすればいいことになりますから、今アクションを取られることで、きっと道が開けるはず。
治る!と信じて前へ進みましょう。
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問