JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

橋本脳症?とは何科の病気ですか。 現在父が入院中ですが先生からの説明がなく家族で悩んでいます。

質問者の質問

橋本脳症?とは何科の病気ですか。
現在父が入院中ですが先生からの説明がなく家族で悩んでいます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

このような重篤な疾患に関して「先生からの説明がな」いというのは驚きです。

橋本脳症は橋本病に伴う脳症です。
橋本病とは、通常は甲状腺機能低下症を呈する自己免疫疾患です。本来は外的から身を守るための免疫機構が自分の甲状腺を攻撃してしまうことによって甲状腺の機能が低下します。
甲状腺は体の新陳代謝を司る重要なホルモンで、これが低下すると、さまざまな身体機能が失調をきたします。脳の機能も低下し、うつ病や認知症のような精神症状や、時には意識障害を呈します。
しかし、通常はこれを橋本脳症とは呼びません。

甲状腺機能低下症そのものは甲状腺ホルモンの補充で治療が可能ですが、ホルモン値が正常化しても、精神症状が起こる場合があります。甲状腺を攻撃する自己抗体が脳をも攻撃することがあるのです。
この場合は、免疫力を抑え、脳の炎症をとる必要がありますので、主にステロイドによる治療が必要となります(それで効かなければ、さらに強力な免疫グロブリン大量療法が選択されます)。

従いまして、お母様の診断が本当に橋本脳症であるのであれば、ステロイドによる治療は適切なものであると言えます。

しかし、一点気になるのは、お母様の「顔、首がむくんでいる」という症状です。これは甲状腺機能低下症で認められる症状です。
お母様の甲状腺機能低下症が十分にコントロールされていないのであれば、現在の精神症状は、低甲状腺ホルモンのためである可能性もございます。
従いまして、現在の甲状腺機能は正常化しているのかいないのか、を主治医に確認されるべきでしょう。

正常化されているのであればステロイドによる治療ば行われるべきですし、されていないのであれば、まず甲状腺機能を正常化させるべきでしょう(この場合、橋本脳症という診断は正しくなかったことになります)。

以上、ご参考になれば幸いです。


参考サイト:
http://www.treatneuro.com/archives/529
http://www.treatneuro.com/archives/530
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
「橋本脳症?とは何科の病気ですか」というご質問に対する補足回答です。

甲状腺機能低下症ですので、治療の中心となるのは内分泌内科です。
ただし、実際に橋本脳症が起きているのであれば脳に炎症が起きているということになりますので、内科だけでは対応できません。その場合は神経内科(もうしくは脳神経外科)と協働しながら治療を進めることになります。

内科 についての関連する質問