JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脳ドック、心臓の検査を受けましたが、異常はとくにありませんでした。 しかし足の運び、手の動きなどまわりでも、おかし

解決済みの質問:

脳ドック、心臓の検査を受けましたが、異常はとくにありませんでした。
しかし足の運び、手の動きなどまわりでも、おかしい前と違うといわれます。首こり、肩こりがあります。
いま整形外科の病院で、血圧降下の薬ほかを服用してます。
頸椎の5番、6番の空間がせまいといわれMRIもとりました。
神経内科に行くべきでしょうか教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機
能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま
す】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

脳ドックで問題が無く、それでいて手足の動きが自覚的・他覚
的に「おかしい」ということであれば、脊髄、末梢神経、筋肉のいずれかに問題がある可能性が大です。たとえば、ですが、パーキンソン病のような病気は脳
ドックではわからないこともありますから、そうした変性疾患である可能性も否定できません。

すべてを「頸椎の5番、6番の空間がせまい」ことで説明するのは難しいように思います。
頸椎の問題で足の動きが悪くなるとなると、頸部でかなり強い脊髄の圧迫が起きているはずですから、その疑いがあるなら、MRI検査をした時点で整形外科受診を勧められているでしょう。

神経、筋肉に関する総合的な診察を受けるために、神経内科を受診されることをお勧めいたします。
以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答有難うございます。最初にうけたのが整形外科のMRIです。そのとき言われたのが5,6番の頸椎がせまいといわれ、ヘルニアといわれ6ケ月薬、リハビリをしました。


その後1年半たち前よりも調子が悪くなり受診しましたら、さらに悪いといわれました。


すぐ手術というわけでわないですとのことでした。


それから10ケ月がたち前回の質問になります。前後してすいません。


腰のMRIはしてません。


膝したのはりも少し感じられるときもあります。


口腔外科のTVで奥歯の周り肉噛んだりすると、なにか障害がでるとか


気になったのでかきました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
神経内科受診で問題無いと考えます。

「口腔外科のTVで奥歯の周り肉噛んだりすると……」というのはあまり気にされなくよろしいかと存じますが、そういう問題についても神経内科の守備範囲です。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問