JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

気管支拡張剤について質問します。喘息というのはいろいろな理由での気管支の慢性的な炎症だと理解しています。だから炎症を

質問者の質問

気管支拡張剤について質問します。喘息というのはいろいろな理由での気管支の慢性的な炎症だと理解しています。だから炎症を抑えるべくステロイドの吸入は必要なものであり、発作時のステロイド治療の必要性はわかるのですが、気管支拡張剤はいつまで必要なのでしょう。喘息症状が落ち着いていても、気候の変化や刺激で又起こることがあるので、いつ気管 支拡張剤をやめたらいいのかわかりません。薬の力で気管支を拡張させることがいつまでも続くと、薬なしではいられなくなり、自分の力で気管支が広がらなくなったらどうするのでしょうか。永遠にのむ必要があるのかといやになり、試しに内服と吸入の気管支拡張剤をやめて様子を見ています。このままのんでいてものまなくても発作が起こるのなら、やめた方がいいのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

clozapine1961と申します。

質問を投稿いただき、ありがとうございます。

回答の前に追加で質問させてください。

1.内服と吸入の具体的な商品名と一日量を教えてください。

2.ここ1年での発作の回数を教えてください。

以上宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.


現在の内服


 


テオロング100mg×3回 シングレア 夕1回


キュバール4プッシュ×2回(昼は忘れがちなので)セレベント50 1日2回


発作時はソルコーテフの点滴や内服としてセレスタミンが増えます。


1時期はデカドロンなども内服していました


 


発作の回数


 


台風や低気圧・花粉・化学物質・線香などが原因と考えられる発作(夜間飛び起きたり、横になれなかったりするレベル)1ヶ月に1から2回


何とか動けるが、早く歩けなかったり、肩呼吸になったりするレベル)1ヶ月に1回あるかないかくらいです。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.


現在の内服

 

テオロング100mg×3回 シングレア 夕1回

キュバール4プッシュ×2回(昼は忘れがちなので)セレベント50 1日2回

発作時はソルコーテフの点滴や内服としてセレスタミンが増えます。

1時期はデカドロンなども内服していました

 

発作の回数

 

台風や低気圧・花粉・化学物質・線香などが原因と考えられる発作(夜間飛び起きたり、横になれなかったりするレベル)1ヶ月に1から2回

何とか動けるが、早く歩けなかったり、肩呼吸になったりするレベル)1ヶ月に1回あるかないかくらいです。

 

 

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

成人気管支喘息のガイドラインを添付しましたので参照してください。

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/02/contents_03.html#6

 

喘息の管理と治療という項目の「2.喘息の重症度」をみてください。

月に2回程度発作があると考え、重症度はステップ2になります。

 

次に「6.段階的治療法について」をみてください。

ステップ2ですと、低用量の吸入ステロイドを連用し、長期作用性の気管支拡張薬と抗アレルギー薬を併用します、となっています。

つまり、キュバールとセレベント、シングレアは使用しましょうということです。

 

しかし、テオロングはその限りではありませんし、最近ではエビデンスも乏しい薬ですので、中止してよいかもしれません。

 

以上参考にしていただけると幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

気管支拡張剤といえば吸入のセレベントも含まれると思うのですが、いつまで使用していたらいいのでしょうか。常用していて気管支が自分で広がらなくなることを心配しているのですが

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

再度添付したガイドラインをみてください。

ステップ1になりましたら、セレベントは中止できますのでご安心ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


自分の今までの体験では、ステップ1から2の間を行ったりきたりしているので、なかなか中止できないと思います。セレベントが常用化するのはよくないと思うのです。気管支の炎症をとるという意味においては、気管支拡張剤の必要性が信じられません。吸入ステロイドとシングレアのみの内服ではいけないのでしょうか。もちろん発作時はステロイドの点滴や内服治療はしますが。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

気管支喘息は複合要因の疾患です。

確かにセレベントには抗炎症作用はないかもしれませんが、予防薬としてのエビデンスは確立しています。

ここでセレベントをやめていいですよ、と言えばやり取りは終わるのかもしれませんが、それはステップ2の段階では発作を誘発する可能性を上げ、場合によっては命に関わりますので残念ながら言えません。

やはり目標はステップ1をキープすることでして、下に添付した喘息症状を予防する日常生活のポイントも守っていただき、ステップ2にならないことをお祈りいたします。

http://naruhodo-zensoku.com/lifecond/

質問者: 返答済み 4 年 前.

私がここまで気管支拡張剤にこだわるのは、気管支拡張剤を使用すると気管が広がって 、かえってアレルゲンを余計に気管に入れてしまう気がするからです。現にセレベントを吸入すると気管が広がって、呼吸が楽になりますが、その代わり、ちょっとした刺激でもすぐ咳込む気がします。この咳を治す為にステロイドの吸入をしている気がするのです。喘息のサイトや症状のステップについてはいろいろ見ました。でもどうして気管支拡張剤が必要なのか病態生理的に納得できないのです。ただでさえいろいろ副作用のある薬なので、納得して使用したいのですが。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

気管支喘息は上述しました通り複合要因でして、もちろん呼吸器内科・アレルギー科などの病気ですが、同時に心療内科の病気でもあります。

そこで追加で質問なのですが、

1.アレルゲンは血液検査などで特定されているのでしょうか?

2.眠れない、不安で落ち着かない、など心療内科的な症状はありますか?

3.気管支拡張薬に対する疑問を主治医に伝えたことがありますか?

以上教えていただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.


1 アレルゲンは血液検査でスリープラスだったのはスギ花粉のみでした。


  IGEも正常値だったので、自分ではアレルギーはたいしたことはない


  と思っていたのですが、秋になって気管のあたりがヒリヒリすると医師に


  言ったら、スクラッチテストしてくださり、「キク・アキノキリンソウ・カナムグ 


  ラ」で5分くらいで喘息発作がおきてしまい、(自分もびっくり)医師もあわ


  ててリンデロンの内服をし、吸入をして何とか収まったという経緯があり  


  ます。


   それから一番最初に喘息発症したのは1年前で、きっかけはソランタ


  ールです。ブルフェンでも発作が起きます。最近は以前は問題なかった


  ムコソルバンLでも起きて、あわててサルタノールを使用しておさまったと


  いうこともあります。


2 発作がない日はよく眠れます。仕事は疲れるけれど大好きで、この症状


  が起きてから、休職したり、休んだりしたことをつらく思っています。


   発作時喘鳴がないこともあり、精神的なものだと言われ、安定剤を出


  されたときもありますが、発作があれば安定剤など効かず、寝ていて


  も苦しくて飛び起きるし、なんともない時は、喘息を忘れていられるほど


  元気です。(安定剤を出した医師は変えて、アレルギーの専門医が主治


  医です)


 


   私よりもっと重症の喘息患者のブログをみて、彼女の体験から来た意


  見から、気管支拡張剤は本当に必要なのかという疑問を持ちました。


  喘息治療のプロセスを見ると、必ず入っている気管支拡張剤の効能に


  ついて疑問を持ち、よくなったり悪くなったりしながら一生付き合うこの疾


  患の治療薬として、こんなに心臓に負担をかけたり、時に頭痛がしたり


  する薬を続けても大丈夫なのだろうか、治すためには癌に対する抗がん


  剤のように必要不可欠なのかと思い、専門家の意見を聞こうと思って、


  この質問をしています。


 


3 気管支拡張剤に対する疑問は、以前の主治医のように精神疾患扱いさ


  れるのが怖くてまだ言っていません。


 

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

すみませんが、他の専門家に任せてもよろしいでしょうか?

私はここでオプトアウトさせていただきます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

へんな質問をし、丁寧に返答してくださった回答者に申し訳なく思っています。でも自分の体のことですし、私は100歳まで生きたいと思っていますので、長期間の服用が必要とされるであろう内服や吸入薬について、さまざまな知識を持ちたいと思います。そして沢山の同じ疾患の患者にも、参考にしてもらいたいと思っています。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お久しぶりです。

私が引き継がせていただいてよろしいですよ。
私はたくさん喘息の患者さんを実際に治療していますのでお役に立てるのではないかと思っています。
続けましょうか。
今回のやりとり、かなり長くなってしまっていますがどこを一番私に答えてほしいですか。

ご質問を箇条書きにしてくだされば、いくらでもお答えしますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 

1気管支拡張剤によって気管が広がり、かえってアレルギーを起こしやすくなるのではないかという疑問
2よくなったり悪くなったりを繰り返す状況で、いつまでも気管支拡張剤を続けることになり、一時的に発作が軽くなったようでも依存状態となり、いつしか自分自身では気管支を広げる力がなくなり、喘息が重症化するのではないかという不安

3喘息は慢性的な気管支の炎症ということから、炎症を抑えるということは、吸入ステロイドで予防し、発作時もステロイドを短期に使用すれば気管支拡張剤はいらないのではないかという意見

 

以上3つの観点での気管支拡張剤に対する不信感を改善してほしいというのが私の願いです。

 

今回もですが、実際内服している患者にとって切実なことを聞いているつもりです。精神疾患患者扱いしないでほしいと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

1気管支拡張剤によって気管が広がり、かえってアレルギーを起こしやすくなるのではないかという疑問
2よくなったり悪くなったりを繰り返す状況で、いつまでも気管支拡張剤を続けることになり、一時的に発作が軽くなったようでも依存状態となり、いつしか自分自身では気管支を広げる力がなくなり、喘息が重症化するのではないかという不安


3喘息は慢性的な気管支の炎症ということから、炎症を抑えるということは、吸入ステロイドで予防し、発作時もステロイドを短期に使用すれば気管支拡張剤はいらないのではないかという意見


 


以上3つの観点での気管支拡張剤に対する不信感を改善してほしいというのが私の願いです。


 


今回もですが、実際内服している患者にとって切実なことを聞いているつもりです。精神疾患患者扱いしないでほしいと思います。


質問者: 返答済み 4 年 前.

大分前に返答したつもりだったのですが、返答が行っていなかったようです。


1気管支拡張剤によって気管が広がり、かえってアレルギーを起こしやすくなるのではないかという疑問
2よくなったり悪くなったりを繰り返す状況で、いつまでも気管支拡張剤を続けることになり、一時的に発作が軽くなったようでも依存状態となり、いつしか自分自身では気管支を広げる力がなくなり、喘息が重症化するのではないかという不安


3喘息は慢性的な気管支の炎症ということから、炎症を抑えるということは、吸入ステロイドで予防し、発作時もステロイドを短期に使用すれば気管支拡張剤はいらないのではないかという意見


 


以上3つの観点での気管支拡張剤に対する不信感を改善してほしいというのが私の願いです。


 


今回もですが、実際内服している患者にとって切実なことを聞いているつもりです。精神疾患患者扱いしないでほしいと思います。


専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事をお待ちしていました。

喘息という疾患を生理学的にみて行くことからはじめましょう。
ご存知のように喘息は気管支の炎症で起こりますね。
気管支が炎症を起こし狭くなり一旦呼吸して取り入れた空気が詰まったような状態になり吐き出せなくなるんですね。
その無理して吐き出そうとする空気が出す音がぜいぜいです。
ですから喘息患者の発作時の呼吸音を聴診器で効きますと、息を吸う時間に比べて息を吐く時間が長いこと長いこと。
ここまでお分かりいただけますか。

確かにステロイドは気管支の炎症を沈めてくれますから、発作の予防に最適ですね 。
でもいったん炎症によるつまり(粘液や痰などなど)が起こってしまいますと、その気管支を拡張してやらないと吸い込んだ息が出れなくなります。
詰まってしまった粘液や痰などはステロイドでは抑えられないということです。

気管支拡張剤で、気管支が広がりきって元に戻らなくなることはありません。
肺気腫のお話をしているわけではありませんので。

気管支拡張剤によるアレルギーの悪化はないです。
アレルギーというのは、あなたがすでに感化しているアレルゲンに体が反応して起こります。
それが肺に入りやすくなるからとお考えなのでしょうが、通常アレルゲンはそんな奥まで入り込まなくてもアレルギー反応を起こしますので気管が拡張している程度には全く関係がありません。

過去に書きました私のお答えをよく読んでいただきたいです。
そしてあなたにことを決して精神的な問題であるとはおもっていませんので、ご確認くださいね。

不十分な説明がありましたら何でも聞いてください。
私はこのサイトの専門家のなかで唯一喘息患者を実際に治療していますのでとてもよく知っています。
質問者: 返答済み 4 年 前.


お返事ありがとうございます。気管支拡張剤について大分わかったと思います。それでは炎症が治まり、痰や息が出るようになれば気管支拡張剤はいらないことになりますが、その判断はどのようなところしたらいいのでしょうか。以前にも記載したように、発作は気候の変化や、アレルゲンにあたったときや、ストレスがたまると起こります。 今までの経験から、1回の発作から立ち直るのに大体1週間くらいかかると思いますが、発作の感覚がまちまちで全然ないときもあるので、いつやめたらいいのかわかりません。医師からは2ヶ月単位で内服をもらい、具合の悪いとき追加受診のような形なので、同じ薬がずっと出たままです。今調子がいいので10日ほど勝手に気管支拡張剤だけやめていますが、(内服もセレベントも)寒冷刺激の咳のみで、ほとんど咳もなく発作も起きていません。キュバールとシングレア・鼻炎の予防薬のみだけ続行しています。こんな内服の仕方でもいいのでしょうか。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
調子がいいのならそれでけっこう ですよ。

やめるタイミングは、咳が出なくなった時、息苦しさがなくなった時でいいのでは?
ちょっと運動をこれからするなんていう時は、あらかじめ気管支拡張剤を二回ほど吸入しておくと運動後の咳が出ません。
咳がで始めたらまたセレベントを使われ、頓服使用で短期作用型の気管支拡張剤を吸入されて、それで咳がひどくなってきたら決められた時間にしっかり吸入しましょう。
その間、息苦しくなった時に唯一あなたを救えるのは短期作用型の気管支拡張剤であることをどうかお忘れなく。
どこへ行かれるにも私なら持ち歩かれる事をお勧めしますね。
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験: 救急医、 准教授
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

聞きたかった質問に的確に答えてくださり、大変うれしく思いました。沢山の吸入とテオロングの山を見て、私ははいつまでこんなに沢山の薬をのまなければいけないのか疑問に思ったのが、気管支拡張剤に対する不信感の始まりだったと思います。現在急に寒くなったためか咳が止まらなくなったので、セレベントを再開し、咳が収まってきたところです。後はこの胸部の圧迫感がよくなるといいのだけれど、幸い、仕事はできるのでこんなものかなと思っています

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。

お役に立てて嬉しいです。
こちらこそありがとうございました。

胸が苦しくなったら少し短期作用型気管支拡張剤を増やされて下さい。

テオロングは、とても古い処方ですね。
今ではあまり使わなくなった処方ですが。。。
きっと主治医のお好みなのでしょう。

また何でも聞いて下さいね。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    27
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2775
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    308
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

内科 についての関連する質問