JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
empathy622に今すぐ質問する
empathy622
empathy622, 総合内科専門医、循環器専門医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 10
経験:  東京の国立大学医学部卒業、平成3年医学博士
71121378
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
empathy622がオンラインで質問受付中

今、母が慢性心不全で入院中です。数年前から不整脈になり、1年くらい前から慢性心不全という病名になりました。6月30日

質問者の質問

今、母が慢性心不全で入院中です。数年前から不整脈になり、1年くらい前から慢性心不全という病名になりました。6月30日に肺に水がたまっているということで、近所(田舎)の病院に入院して1週間で退院できるということでしが、7月20日に急変し、一時は危ない状態で心肺停止されたとのことでした。人工呼吸器をつけられたりしてどうにか、本人ががんばってくれて生きています。田舎の病 院に入院しておりましたが、子供たちの近くの病院が良いと思い、街の病院に転院してきました。(今の母の状態は、話もできて、食欲旺盛でリハビリに励んで少しは車いすにのれる状態)この病院は急性期の病院で永くは入院できないということで、転院先を探していただいてますが、どの病院が良いかわかりません。家族としては、母本人が安心して入院できて、一日でもきつくなく長生きして欲しいと強く願っております。お尋ねしたいことは今後の病院選び等どのように母を看病していけばよいのかわかりません。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  empathy622 返答済み 5 年 前.

慢性心不全は、重症度に幅がありますので、どのように対処すればよいかについて今与えられている情報だけで適切な助言はできにくいと思います。また、心不全を起こしてきた原因がわかっていればその情報も役に立ちます。どのような薬をどれほどの用量を服用されているかということからも重症度の推測をある程度することができます。

 以上のようですが、心不全で注意するべきことはまず食塩の摂取量が過度ならないこと、過度な身体的な負担をかけないこと、インフルエンザ、風邪などの気道の感染症の予防をすること、血圧が上昇しないことなどです。

内科 についての関連する質問