JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、八十九才になる母の介護をしながら、仕事を務めている六十六才の男性です。  私は、四十五才くらいから不眠傾向に

解決済みの質問:

現在、八十九才になる母の介護をしながら、仕事を務めている六十六才の男性です。
 私は、四十五才くらい から不眠傾向にあり、内科の医師から軽い睡眠剤、ハルシオン、
や睡眠導入剤マイスリーを服用してました。何とか二十年間眠れたり眠れなかったり
しながら、現在に至っております。
 最近年も相応にとって、二時間うとうと出来ればいいと半ばあきらめていますが、
眠れない日がつづくと体力も落ち、何とか少しでもいい睡眠がとりたいと思っています。
 母の介護が夜間にもなり、眠りが不規則でもあることも手伝って、不安症的なところもあり
此の循環から抜け出したいと願うこの頃です。なにかよい方法をお教えください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないま まこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。

ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピ ン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

20年間に渡って睡眠薬を連用されているということですか ら、最近になって眠れなくなったのは耐性が生じているためでしょう。
一方でほぼ間違いなく依存症を呈していますから、効かないからといって睡眠薬を止めたりすれば、強い離脱症状(いわゆる禁断症状)を呈することになるでしょう。

眠ることを優先されるのであれば、心療内科を受診されて、より強い睡眠薬の処方を受けられるしかないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、


「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」


此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生ありがとうございました。先生のお答えは、

「まず、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれます)は、決して「軽い睡眠剤」ではありません。
強い耐性と依存性を有する、長期投与にはもっとも向かないお薬のひとつです。」

此の薬の耐性から脱するための方策と、今後の適切な治療をお教えください。

内科 についての関連する質問