JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

71歳の兄ですが9月4日に脳梗塞で倒れ脳幹を梗塞が圧迫してると診断されました。そのときはまだ声もだせ左の手足が少し動

解決済みの質問:

71歳の兄ですが9月4日に脳梗塞で倒れ脳幹を梗塞が圧迫してると診断されました。そのときはまだ声もだせ左の手足が少し動きが悪い程度でしたが6日の昼前後に呼吸困難になり器官切開をして声は出せなくなりましたが
意識ははっきりとしていて口で声なき声を発して意志の疎通をはかっています。現在はリハビリも始まり自 分で呼吸もでき鼻から栄養をとっています。両手両足とも反応があります。今後何日かしたら病院を移るように言われてるのですがまだ自分で食事も摂れないし動く事も出来ないし医師からは最後は植物人間になるといわれました。
専門の病院へ行ったら少しでも良くなるのでしょうか。なかなか受け入れてもらえないと聞きましたが。
                                                     困ってます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「脳梗塞で倒れ脳幹を梗塞が圧迫してると診断されました」とのことですが、これは脳幹梗塞ではないという意味なのでしょうか? 脳のどの部位の拘束なのでしょう。

②現在も気管切開をしているのですか? それでも「声なき声」なのでしょうか。

③「両手両足とも反応があります」というのは、動かせば動かせるが、思ったように自由自在に動かせるわけではないということですか?

④現在入院ししているのは脳神経外科の急性期病棟でしょうか? どういう病院に移られるのでしょう?

⑤現在はどのような治療を受けられていますか?

⑥「困ってます」というのは何を困られているのですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


脳幹梗塞です。気管切開しててそこから痰をとってます。手足は自分では自由自在と言う訳にはいきません。入院先は救急で搬送された急性期病棟です。


糖尿の持病があるので糖尿の薬と血液がさらさらになるのと解熱剤の投与と聞いてます。次の病院を早く決めるようにといわれてます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

脳卒中の急性期病棟の場合、回復の見込みのない患者様を入院させておくことは、新たな急性期患者様を受け入れられなくなってしまうことを意味します。
また、現在の保険診療報酬の制度では患者の入院期間が長くなるほど病院の収入は減ってしまいます。

この2つの理由で、病院側はお兄様に早期の転院を迫られているのだと推測します。

脳幹梗塞であれば、残念ながら、予後については私も現在の主治医と同意見です。
「専門病院」でも改善は見込めませんし、専門病院では医療資源の最適使用の観点から、脳幹梗塞でお兄様のような状態を呈されている患者様を受け入れてくれないでしょう。

病院のケースワーカーに相談にのってもらい、長期療養型の病院を紹介していただくことをお勧めいたします。糖尿病の持病があるとのことですから、それであっても病院探しは難航することが予想されます。
お兄様の現状と予後を受け入れられて、受け入れてくれる病院に転院していただくのが最善の決断であろうと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。


追申 現在、JustAnswerではユーザー様からの評価によって専門家のパフォーマンスを計測する試みが行われています。
今回のように、ユーザー様の願望に必ずしも添えない回答をせざるをえないご相談の場合、回答内容が医学的に正しくとも、感情的な理由でマイナス評価を賜り、結果として報酬も得られず、運営側からの評価も下がることになることが少なくありません。
よって、専門家側も、そうしたご相談に対する回答を敬遠しがちになります。
実際、この評価方法が始まって以来、専門家が萎縮してしまい、回答率が低下しております。
今回は、相談者様にとって耳触りのよい回答が出来ないことはわかっておりましたが、実情を知っていただくことは相談者様の利益になると考え、回答を致しました。
評価されるにおかれましては、そういった側面もご考慮いただければと存じます。
ご納得いただけていないのにプラス評価を付けていただきたいと申し上げているわけでありません。
回答内容にご満足いただけていないのであれば、評価はせずにそのまま再質問かオプトアウトをしていただけますと幸いです。
もちろん、返信機能を用いて、より詳しい説明を求めていただいてもかまいません。
質問者: 返答済み 5 年 前.


回答有難うございました。予想道理でしたが残念です。

質問者: 返答済み 5 年 前.


回答有難うございました。予想道理でしたが残念です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
現状を受け入れられる上で、少しでもお役にたてたのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問