JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

以前にも質問させて頂きましてお世話になりました。現在プレドニン6.5mgとイムラン100mg内服中です。プレドニンは

解決済みの質問:

以前にも質問さ せて頂きましてお世話になりました。現在プレドニン6.5mgとイムラン100mg内服中です。プレドニンは5月より減量できず、6.5mgで4ヶ月経ちました。今月も6.5mgでいきます。 採血では 5月→WBC5.2 RBC351 Hb12.0 Ht36.0 MCV102.6 MCH34.2 リンパ球9.4 6月→WBC3.2 RBC369 Hb12.7 Ht38.7 MCV104.9 MCH34.4 リンパ球16.2 7月→WBC3.1 RBC355 Hb12.2 Ht37.2 MCV104.8 MCH34.4 リンパ球12.7 8月10日→WBC2.1RBC338 Hb11.5 Ht34.6MCV102.4 MCH34.0 リンパ球18.8 8月27日→WBC3.1 RBC355 Hb12.1 Ht36.8 MCV103.7 MCH34.1 リンパ球17.0 IgG 1200~1400 C3c 81.0~80.0 C4 12.5前後 IC-C1g 2.1~1.9 補体は2月28 4月29 で この8月までは20台後半~30代前半です 主治医の先生はプレドニンは今月も6.5mgで様子見ていくけど、これが維持量の限界だろうとおっしゃっていました。5mgが目標だったのに?と思いましたが採血の値で仕方の無いことと解釈しています。半量というのを切捨てて考える意味で今月様子見て 来月6mgか7mgか検討するとの事でした。ただ今も、ダルさや疲れやすい感じは常にあり、休みの日は寝転んでばかりが楽でなりません。日常生活が支障なく…洗濯や家事も休み休みです。仕事も午後にはペースダウンです。動けるだけいいのかなと考えを変えていますが、ショッピングやランチなども時には出来ないほどダルイのです。年齢重ねると直るかもしれないともおっしゃっていました。主治医ははっきり物を言う先生です。ですから、聞きたいことを聞けない場合も時にあります。今後の主治医の先生とのかかわり方についてアドバイスお願いします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お久しぶりです。

ご報告ありがとうございます。

減量ができなくて残念でしたが6.5mgなら悪くはないですね。
先生もそうはおっしゃっていませんか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとう御座います。6.5mgは極微量・・・と苦笑いしていました。が7mg から 6mgへ減量した際には、たとえ1mgでも 「ん~」と考えた末に、0.5mgのみの減量でした。それだけ慎重に・・・とのことでした。


ただ、私の体の訴え・生活状況・検査値からして考えるとの事でしたが、私的には量が多いほうが調子が良いです。主治医は副作用を心配され、6mgが良いのでしょうけれど・・・大学病院ですので、私的には症状がでたら主治医へ報告する。でも、それは他の科と振られてしまうことも多いことにも戸惑っています。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
10mg未満ならきっとそんなに変わらないと思いますが、減量できればもちろんいいですよね。
しかし、逆に10mg未満であなたが一番調子のいいmgを選ばれるのも一つのやり方ではないのかとも思いますね。
つまり10mg未満ではあまり変わらないので無理に減量しないというやり方ですが、どうなんでしょう。
大学病院なりのやり方があるのでなかなか難しいところなのでしょう。
以前にも書いたと思いますが、とても質の高いケアを受けられているので私としては安心してあなたのお話を聞かせていただいています。
今の所特に悪いニュースはないようですし、主治医との今後のかかわり方もあまり大きく変えていく必要もなさそうな気がしていますが特にここをなんとかしたいとか、改善したいとか、こうしていきたいが、みたいなことが具体的にあれば伺いますよ。

何でもかまいませんので。

今から席をはずれますがお急ぎでなければ明日の朝にでもお返事が読めるようにしておきますがそれでよろしいでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

主治医ははっきり物を言う、テキパキとした先生です。ですから、診察時の問いに対し、私も戸惑うことも有ります。あらかじめ、伺いたいことはメモして、伺うようにはしています。聞きたいことを聞けない場合も時にあります。


 


8月に蕁麻疹が出来、報告したところ、「感染が怖いから、痒くてもかいちゃだめ。」 寝てる時に無意識にかいちゃうとお話をしたら「ヒスタミンを飲んで寝てください」とポララミン錠とアレグラを処方してくださいました。


「病気的なほうの症状は?」と問われ「蕁麻疹がつらい・・・」と言ってしまい「蕁麻疹の話はもうしなくていい!!リウマチ内科には関係ないから」と表情が変わり嫌な顔をされてしまいました。私も悪かったんです。何回も同じようなことをお話してしまって。


 


初めの頃「自分の病気なんですから少しは勉強してください」と言われました。話はよく聴いてはくださいます。「ん?な~に?」て感じで。一生懸命で熱心、そして勉強してくださいと言われただけに、どう向き合うかな?自分のこととなると不安を聞いて欲しくて聞いてしまうと、嫌な顔されちゃって凹みました。


性格的にサバサバしているんでしょうね。私は結構おっとりなので、はっきり話をするとかでいいですかね。よろしくお願いいたします

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。
それでは考えをまとめてあとで書かせていただきますね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとう御座います。急ぎませんので、よろしくお願いいたします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
さて、続けますね。

まず患者の話をよく聞いてくださる主治医にあたっているということは非常にラッキーだということです。
なかなかこの手の医師を見つけるのは難しいです。

じんましんのこと、患者にとっては一大事。
でも先生にとっては引っ掻いて感染症に発達しない限りはたいした問題じゃない。
このずれですかね。
私がもしあなたでもやはりへこんじゃうと思います。
だって辛い気持ちをそのように関係ないとあしらわれてしまったらなんでわかってもらえないの?となります。
それに患者にとってリウマチ内科の範疇なんてわかりましません。

このようなコミュニケーションの行き違いは残念ながら今後も絶対にあると思います。
避けては通れないでしょうね。
でも先生のあなたのもっとも問題になっている主疾患の管理は何ども書きますが一流だと思いますし、患者の話をよく聞いてくださるという点でこのような先生はなかなか探しても折られないという印象を受けます。
そう考えればきっといいいのでしょうね。

もし、「その話はもうわかった。リウマチ内科の問題ではない。」とおっしゃられたら今度は初めてそう言われるわけでもないのでそこまでへこまないでしょうし、先生はリウマチ内科の第一人者で信じていればいいんだと考えれば軽く流していけるようになるのではないですか。
あなたにとってもリウマチ内科の先生がどこまでの範囲であなたの問題を扱いえるのかはよくわかっていなくて当然ですからそう言われても気にされないほうがいいです。
私も人に何か気になることをビシャっとたたかれるとあなたのようにへこみますが 誰かに聞いてもらうなどして処理しています。
そして次の日には持ち越さないように努力していますね。
こうやって問題点を書き出されてみて誰かにわかってもらうというのもいい方法でしょうし。

これがきっと氷山の一角のコミュニケーションの悪例なんでしょうが他にもあればいくらでも伺いますよ。


質問者: 返答済み 5 年 前.

こんばんは。ご返答ありがとうございました。私も、はっきりとした返答や質問したい事を明確にするなど注意して、診察に望もうと努力してはいるんですが・・・辛い事が先走りした感じですね。

 

先生のおっしゃる通り、主治医はリウマチ内科の第一人者で信じていればいいんだと考え、信頼して行きます。今までもそうでしたし・・・

 

ただ、家族としては、「あの先生はプライドが高すぎるし、やさしくない。家族だって、患者と一緒で不安なはずなのに、家族に対してのあの態度は失礼だよ。主治医変えて見たほうが良い」といわれましたが、私には優しくよく観察され、分析してくれるので、安心して治療が出来ています。だから家族がなんと言おうとも、変えてまでして治療をするつもりも今は無いんです。

 

私自身にも、対応が悪かったと反省の意図も思い当たりますし・・・

コミュニケーション的な部分で、同じような行き違いが有った場合は「先日は失礼しました」と次回診察で一言添えるなどして意向と思います。

 

別の話になりますが、この病気は女性ホルモンが大きく関与しているから、

年を重ねて治療していけば、【副作用が無く】 治癒の可能性もあるよとの事でした。 「え?マジですか?」 ダルさや疲れやすさ、疲労感が今はこんなに強いのに?そのようなことはあるのでしょうか?? 「最近、発汗が流れるほど多くて・・・更年期に半分足入った状態と以前にかもと婦人科の先生にいわれたです」 「それも 内科のこの病気とは関連なしだね。更年期充分あるね」 だから、リウマチ内科の先生には、ダルイや疲労感が強い・おなかが痛い・熱が出たしか言えないのかしら?内科一般も見てくださると解釈していたのですが困りました。風邪を引けば報告もするは内科で良いのですよね?

 

検査値からして、いい状態だからそのようにおっしゃるのでしょうけれど、

前は、よく 股関節骨頭壊死や肺高血圧なども注意して下さっていました。

現在もでしょうけれど、はじめて、そのようなことを言われたので、そこもいいことなんですが、プレドニンが多いほうが調子が良いと提案もありでしょうか?私の場合は、発熱があることが問題だそうです。以前の入院の経緯とリンパ節壊死の既往があるから見たいです。

日常生活は患者が出来ることであり、この病の注意事項は守り がんばり過ぎない無理しないでやっているつもりです。

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
年を重ねて治療していけば、【副作用が無く】 治癒の可能性もあるよ、の部分はあなたの主治医のご意見ですか?

更年期の問題はあるかもしれませんが、プレドニンを増やしただけで気分がよくなるのはやはりそればかりではないでしょう。
プレドニンの増量によるいい反応は原因の割合としては更年期が原因であることはあってもまだ少ない証拠かと思います。

リウマチ内科の先生を中心にやはりすべてを報告はしたほうがいいです。
カゼをひいてもすぐにみてもらえないようなら別の先生でもいいかもしれませんが、ステロイドを飲んでおられ、免疫の問題がちょっとした感染症をも大きなものに変化させていくことがありますから。


質問者: 返答済み 5 年 前.

こんばんは。度々のご返信ありがとう御座います。


 


年を重ねて治療していけば、【副作用が無く】 治癒の可能性もあるよ、の部分は 私の主治医の意見です。


私的には、え?そうなの?見たいな思いでいますが、この病気はそのようなこともあるのだろうか?といった感じです。実際のところはそんなことってあるんでしょうかね?それだけ軽いのか・・・確かに 不定的で不ぞろいなデーターで経過している状態と言われています。


 


コミュニケーション不足もありますが、そんな所で、伺えない部分で、一般的に少なからず、多少なりにもそんなこともあるのか、不思議です・・・先生はどう思われますか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
主治医のお言葉だったんですか。
それはうれしいお言葉ですね。
確かに最初に説明していただいたことを思い出せば、それは納得します。
そういう可能性がある、それはあなたにとってはすばらしいことですね。


コミュニケーション不足もありますが、そんな所で、伺えない部分で、一般的に少なからず、多少なりにもそんなこともあるのか、不思議です・・・先生はどう思われますか?


これ、あると思います。
あなたの主治医の一番いいところはその道の一流の先生であることと、聞く耳を持つこと。
なかなかこの二つがそろっている医師は探してもいませんよ。
ほんとうです。
エゴで横柄な先生がほんとうに多いですから。
そういう意味であなたの疾患はとても専門性が高いことを考えればラッキーであると私は思います。
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとう御座います。病気になってお医者様は治療してくださるんだと思っていました。でも私の病気は、多くは日常生活や自分の環境など大きく作用する感じなので、主治医ばかり頼っても困るでしょうね・・・と思っています。


でも、どうしたらいいのかわからなくなり主治医ばかりを頼りたくなってしまうと、私が接し方がおかしくなってきて、先生にばれて吼えられるの繰り返しのときもあります。人間関係・・・普通に頼ってま~す・・・て感じで接してみます。


また不安や悩みがあったら、お願いいたします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうですね。

そう考えると気が楽かも。

いつでもお気軽にご相談下さい。
少しでもお役に立ててあなたの気が楽になれば私はほんとうにそれだけでうれしいです。
何回かこうやってお話していますとよけいにそうです。

こちらこそご相談いただきありがとうございました。
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問