JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

56歳女性、腹部エコーをして頂いたとき脾門部脾動脈に1.0㎝大の嚢状瘤だ認められました。内科の先生はそのことについて

質問者の質問

56歳女性、腹部エコーをして頂いたとき脾門部脾動脈に1.0㎝大の嚢状瘤だ認められました。内科の先生はそのことについて何も話されませんでしたが、動脈瘤だと破裂の可能性もあると思います。今後はどうなるのでしょうか?対処の方法、内科でも専門は肝臓の先生でよいのでしょうか?教えていただけたらと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

さて、腹部エコー検査はどのような理由から行われたのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.


上記の質問にも記入しましたが、胃の調子が悪く(胃の痛み、吐き気、嘔吐)近くの医院で胃潰瘍の薬を頂きましたが、痛みや吐き気が続きました。それで内科の先生が総合病院の先生に紹介状を書いてくださり、受診して説明しましたら、エコー、胃カメラ等の検査になりました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
たいへん失礼いたしました。

主治医からの説明があまりなかったようですね。

実はこのような偶然の発見は結構多く、全人口の7-10%にものぼると言われています。
そして面白いことに女性の方が4倍も多いそうです。
ですからホルモンの関係ではないかと言われています。

さて、この手の動脈瘤ですが、大動脈の動脈瘤の次に2番目に多いんですよ。
通常は全く症状がないことが多く、たったの27%の方が腹痛で現れます。
ここまでで一応止めて次に続けますね。
質問者: 返答済み 5 年 前.


今後、このままで良いのか?それとも専門家受診の必要があるのかが聞きたかったのですが?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.

まだ続けるつもりでしたのでさっそくマイナス評価をいただいてたいへん遺憾でした。

でもせっかくですので続けさせていただきます。

 

さて、偶然に発見されることが多いとは言え、破裂しますと70-90%の死亡率と言いますから怖いと思います。

 

ただ破裂する動脈瘤ですが、半数は妊娠中のご婦人だそうです。

 

マネージメントですが、症状がなく、2cm未満でお年が60歳を超えていれば6ヶ月から1年に一度のCT検査で観察します。

 

治療は 症状があって3cm以上であって子供の産める年頃の女性なら、そして現在妊娠中の女性も、行われます。

 

2-3cmの間の大きさでしたら治療方法は特に確立していません。

 

一番よく行われる治療法は 塞栓術です。場所的に難しいときは動脈をくくったり、動脈瘤を手術によって取り除きます。

 

ということですので大きさから考えてあなたの場合は問題がないということになりますね。

 

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能をお使いの上質問を書き入れて下さい。

docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


早急に評価をしてしまい申し訳ありませんでした。情報を頂き安心いたしました。感謝いたします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

お役に立てたようでうれしいです。
このまま続きを見ていただけなかったらどうしようかちょっと思案していました。。。

またいつでもお気軽にご相談下さい。
こちらこそありがとうございました。

内科 についての関連する質問