JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

毎日、体重計に乗っています。ダイエット中で、甘いもの、炭水化物は控えています。なのにここ3日で2キロ以上体重が増えて

解決済みの質問:

毎日、体重計に乗っています。ダイエット中で、甘いもの、炭水化物は控えています。なのにここ3日で2キロ以上体重が増えてしまいました。足もむくんでいる気がします。肉類、脂っこいものを食べると胃が痛くなります。一週間ほど前にはカフェイン飲料をのみ具合が悪くなりました。叔母が甲状腺の病気をしており心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使 われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。


こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①ダイエットはいつから始められましたか?

②どのようなタイプのダイエットでしょう? 低炭水化物を心がけられているようですが、蛋白質や脂質はどれくらい摂取されていますか? 塩分制限は? 1日の総接種カロリーは何キロカロリーに設定されていますか?

③差し支えなければ現在の身長と体重、ダイエットを思い立ったきっかけを教えて下さい。

④運動量はどれくらい設定されているでしょうか。

⑤叔母様の甲状腺の病気とは、甲状腺機能低下症でしょうか?

⑥今回このサイトで相談されたい内容を具体的に教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

2月くらいになります。152センチ、50キロです。カロリーはわかりません。朝は果物、蒸し野菜 昼は外食でいろいろご飯肉類も食べる、夜はゼリー、果物 間食なし。運動はウォーキング30分程度。叔母の具体的な病名は知りませんが手術をしたようなことを聞いた覚えがあります。とにかく急激に体重が増えて不安です。また今月末に海外へ行くので健康に不安があってはしんぱいなので、ただ忙しくてすぐ病院へ行けません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

しかしながら、今月末に海外に行かれる、忙しくてすぐには病院へ行けない、といった制限がありますから、可能なアドバイスも限られることはご了承ください。

結論から申し上げると、海外から帰られるまでは、ダイエットは中止され、炭水化物も蛋白質を積極的に摂取されることをお勧めいたします。

ダイエットを行って、むくみのためにむしろ体重が増える、といった場合、その理由の大半は蛋白質不足により低蛋白血症によるむくみです。
低炭水化物ダイエットは最近の流行りですが、もっともエネルギーになりやすい栄養素である炭水化物が不足すると、体は次にエネルギーになりやすい蛋白質を分解して用いますので、二次的に低蛋白血症になり ます。
糖尿病の食事療法の流れを汲むダイエット法ですが、健康な方にはあまり適切とは言えない方法だと考えます。

まずはちゃんと食べられて、体の栄養状態を元の状態に戻されることでしょう。

叔母様の甲状腺の病気は、手術をされたのであれば甲状腺機能亢進症か、腫瘍、いずれにしても甲状腺機能低下症ではなかった可能性が高いと思われます。
ただ、相談者様の年齢の女性ですと、遺伝負因がなくとも、足のむくみから、甲状腺機能低下症の可能性は考える必要はあります。

「肉類、脂っこいものを食べると胃が痛く」なるという症状は十二指腸や膵臓の疾患を示唆する所見です。

ただ、甲状腺にせよ、十二指腸・膵臓にせよ、病院にかかられて検査を受けなければ診断は下せず、診断が下せなければ治療も出来ない疾患ですから、これは時間をみつけて病院に行っていただく他はありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

なるべく早く受診しようと思います。甲状腺機能低下症の場合、治療はどういったものになりますか。また受診科は内科でよいのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

普通の内科よりも「内分泌内科」もしくは「甲状腺内科」がよろしいかと存じます。

甲状腺機能低下症の治療は、甲状腺ホルモンの補充療法(甲状腺ホルモンの錠剤や粉末の服用)となります。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問