JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

7月1日から15日まで2週間欧州出張しました。5カ国9現法の監査を実施。今回初めてだったので結構重労働でした。帰国後

解決済みの質問:

7月1日から15日まで2週間欧州出張しました。5カ国9現法の監査を実施。今回初めてだったので結構重労働でした。帰国後時差ボケのため、頭がすっきりしない期間がありま したが、7月20日頃から睡眠障害が顕著に発生。何も考えてはいないのですが、気持ちが高ぶっているようで、脈も早く、一睡もできない状態です。土日も同じ状態が続きましたが、明け方になり寝ついたため2-3時間の睡眠のという状況でした。先週も同じような状態で、周りからは時差ボケが抜けないのではと言われ、私もそうなのかなと思いました先週は3連休だったので、そろそろ時差ボケも抜けてくると思っており、土曜日は飲んだせいもあり直に寝つき、日曜日の昼は3時間も昼寝をしてしまいました。しかし昨晩は又一睡もできない状況で症状も同じでした。このような症状は時差ボケなのでしょうか?このまま自然治癒できるのか心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。心療内科医です。

少し補足情報を下さい。

①週単位で海外へ行かれたのはこれが初めてですか? 以前にも「時差ボケ」で困られたことはあるでしょうか。

②時差ボケ以外に、何か不眠の原因になるような原因にお心当たりがありますか?

③現在の不眠に対して、睡眠薬やサプリメントの服用など、何らかの対策を試みられましたか? もしくは、そういった薬物療法等にご抵抗はおありでしょうか。

④持病や常用薬があれば教えて下さい。

⑤食欲はありますか?

⑥お仕事の能率は下がっていませんか?

⑦ご友人やご家族、趣味などは楽しめますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※このあと移動しますので、回答は午後以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①今までは1週間程度で時差ボケの経験はありません。②特にありません。③薬は服用しておりません。薬への依存は避けたいと思います。④数年前に脳梗塞(初期)を発症し、現在も血 液の薬は服用中。それ以外に中性脂肪・高脂血漿・痛風の薬を常用しています。⑤食欲はあります。ただし、昨年静岡のがんセンターで人間ドックを行い、慢性胃炎が発見されたため、半年程度慢性胃炎の薬を飲んでいました。今回の出張後半は、胸やけのような状態が続いたため、漢方胃腸薬を数日間飲んでいました。⑥能率の低下はほとんどありませんが、先週末あたりは午後3時から5時頃まですごい睡魔が襲ってきたため、細かい作業や文書作成はできない状況でした。⑦特に問題はありません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
お待たせしました。

結論といたしましては、相談者様が困られている睡眠障害は時差ボケで、自然治癒が期待できると考えます。

体内時計は脳のホルモン調節センターである視床下部の視交叉上核に位置しておりますので、数年前の脳梗塞によってこの部位が障害されていたのであれば時差ボケが長引く原因とはなりえますが、平素の睡眠・覚醒リズムが保たれていたのであればその可能性は低いでしょう。

時差ボケを速く治す手段としては、以下のような方法が考えられます。
①サプリメントとしてのメラトニンを決められた用法・用量で服用する。
②心療内科を受診されて、メラトニンと同様の作用を示す「ロゼレム」というお薬を処方してもらい、数日間服用する。
ここまでの選択肢であるロゼレム、メラトニンには依存性がありません。
③長短時間作用型の睡眠薬であるマイスリーを処方してもらい、入眠補助に用いる。マイスリーには依存性がありますが、4週間以内の服用では依存性の心配は不要です。
④日中、日光に当たる時間を意識的に増やす。

といったところです。
行間を拝読しますにデスクワーカーでおられるようですから、この季節、屋外で書類を読むのも効果的です。
昼寝は根性で我慢されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問