JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
phns-rcに今すぐ質問する
phns-rc
phns-rc, 看護師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 57
経験:  国立大学医学部卒業後、糖尿病センター及び内科混合病棟に勤務
69386845
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
phns-rcがオンラインで質問受付中

人間ドックを受け、肝機能検査のGPTの項目で58U/Iと出ました。 長期間かなりの精神的ストレスと肉体的ストレスか

解決済みの質問:

人間ドックを受け、肝機能検査のGPTの項目で58U/Iと出ました。
長期間かなりの精神的ストレスと肉体的ストレスからの物と思われます。アルコールも最近時々飲み過ぎる事(ワインだとすると375mlぐらい)がありますが、普段はその半分ぐらいです。
どうすれば正常範囲に戻す事が出来るでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

こんにちは。さきほど別の質問にもお答えをさしあげました。

肝機能も言われているのですね。

さきほどのスレッドで、採血データをお伺いいたしましたので、その結果を拝見してから

お答えさせてくださいね。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

もう一方のスレッドからです。

こちらも軽度上昇程度かと思いますので、

お手数で申し訳ありませんが、検査結果用紙に基準値が書かれていれば

そちらのご記入もお願いいたします。

肝機能データに関連する項目は下記のとおりです。

GOT

GPT

LDH

ALP

CK

個人情報を削除された上、写真か何かを添付できましたら、お手間も少ないかと思うのですが・・・

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

すみません、少し退席しますので、次のお返事は遅いと夜になるかもしれません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

肝機能データに関連する項目は下記のとおりです。


GOT(10-40)34U/I


GPT(5-45)58U/I


LDH(120-245)検査なし


ALP(104-338)検査なし


CK なし

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

承知いたしました。先の質問の懸念が払しょくされてから、こちらのお答えに入りましょう。

(ちょっとシステムの都合で、こちらにご返信いただきますと、ロックがかかってしまい、向こうのご質問に返答を書き込めない状態になってしまうのです。)

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

ご協力ありがとうございました。

他にも同時にたくさんの質問を立ち上げていただいていたのですね。

あまりに質問個数が増えてしまうのもお気の毒ですし、検尿に関するお答えは

肝機能とも相関してまいりますので、こちらのスレッドで続けさせて頂きますね。

以下、スレッドを読みやすくするために、コピー&ペーストさせて頂きます。

ご了承下さい。

 

>今回の人間ドックの尿検査で正常範囲と出たのですが、尿蛋白(-、±)+-尿潜血(-)-ウノビリノーゲン(±)+-比重(1,008-1,034)1,030と出ました。検査の一週間程前から極度のストレスの為、血尿が出ている様な色だったのですがこの様な結果が出ました。本当に大丈夫なのでしょうか?

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

再掲です。

GOT34(10-40)

GPT 58(5-45)

LDH、ALP、CKは検査なし。

尿蛋白(+)

尿潜血(-)

ウロビリ(±)

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

先ほどお伝えしたことの繰り返しになってしまうのですが、採血データはふつう、
一つの項目だけを参考にすることはあまりできなくて、他の関連するデータと合わせて総合的な判断を行っていきます。
そして検診データということで、ちょっと詳細データがありませんので、上記データから
考えうる可能性、というところになってきます。

さて、GOTから始まるデータはご存知のように、主に肝機能に関連します。
ところでアルコールはワインを毎日コップ1~2杯程度ということでしたよね?
毎日飲まれている健康サプリとかはありませんでしょうか?

 

・次のお返事は本当に夜以降になってしまいそうです。ご了承下さい。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

ご覧になられていないようで、ちょっとご返信を頂いていないままですが

明日の午前中がちょっと動けませんので、先にご回答させて頂くことにします。

GOTが100を超えていたりすると、何かありそうだと思ってみるのですが

ご質問者さまの場合は、GPTのみが少し高いですよね。

通常肝機能を示すGOTとGPTというのはワンセットで上下し、たいていはGOT>GPT

なのですが、症状経過の中でGOT<GPTとなる場合があります。

今回の場合は、GOTが正常値ですから、なんらかの炎症の回復過程にあると考えられます。

言葉ではうまく表現できないのですが、発症した時が上り坂で、山のてっぺんが症状の頂点とすると、

ちょうど帰り道とでもいうのでしょうか、そんな時にこういうデータがでます。

ストレスに加えて、アルコールも飲みすぎることがあるとのことで

検査より少し前にもちょうど思い当られることがあるのではありませんか?

データ上は回復を示唆していますので、とりあえず飲みすぎないようにしていただき、

そして、思い当られるほどの飲酒をとりあえず控えてみる、だけである程度は戻ってくるのではないかと推測します。

また、薬剤などもあまり飲みすぎないように注意して下さい。

最近ではサプリメントでも肝障害を起こされる方がいらっしゃるので注意が必要です。

尿検査のウロビリノーゲンは、肝機能低下時あるいは肝炎回復期などに出てくるもので

いずれにしても±とのことですから、上記に準じて経過観察でいいかと思います。

血尿が出ているような尿だったとのことですが、おそらく血液以外の別の要因かと思われます。万一血液でしたら、肉眼では全く見えないレベルの血液でも検査結果には反映されてきます。

肝機能が低下するときにビリルビン尿というのが出ることがあるのですが、その尿や、あと、濃縮尿の時でも「血のような色の尿」とおっしゃる方は比較的多いです。

これからますます暑くなりますから、意識して水分摂取はして下さいね。

 

尚、尿蛋白についてはmお疲れになっていたというご自覚のある時のデータですし

わりと陽性化しやすい指標ですので、お気になさらなくても大丈夫だと思いますよ。

 

以上、ご質問や分かりにくい点がありましたら引き続き、ご返信をお願いいたします。

phns-rcをはじめその他2 名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問