JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

宜しくお願いします。 3週間・・家族に不幸があり、付き添いや、色々疲れていたと思います。 もともと、胃の

解決済みの質問:

宜しくお願いします。

3週間・・家族に不幸があり、付き添いや、色々疲れていたと思います。

もともと、胃の調子が良くなく、更に苦しくなり、受診したところ、1度目・精神的なもの

2度目・逆流性食道炎かな・との事で、バリえっと・ガスもチン・重層を服用していますが

胸・背中の痛み・胸からのどに詰まった感じ・胸からぎゅーとこみ上げてくる感じ

苦しさが、治まりません。何か悪いものでしょうか?

他の手術も控えていますし、不安です。昨夜も胸の痛みで、何度も目がさめました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
質問者: 返答済み 5 年 前.
今回は、内視鏡していません。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。心療内科医です。

以前にも類似のご質問をされていますね。
http://www.justanswer.jp/internal-medicine/6oq80-.html

他の手術というのはこちらの甲状腺の手術でしょうか。
http://www.justanswer.jp/medical/6kukq-.html

今回の「胸・背中の痛み・胸からのどに詰まった感じ・胸からぎゅーとこみ上げてくる感じ」が、診察医が言うとおりに「精神的なもの」であるという前提で申し上げれば、心療内科を受診されたほうがいいかもしれません。
複数の不安要素があるようですし、ご記載の症状はいわゆる神経症の患者様で頻繁に認められる症状です。

これから手術もひかていると言うことですから、内科主治医に紹介状を作成してもらい、心療内科を受診されておいてはいかがでしょうか。
「精神的なもの」であるならば、それに対する治療を行わなければ改善が期待できないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

実は、精神科には、長年「パニック・不安障害」で、通院しており、薬「れきそたん・2ミリ・3回・寝る前・れんどるみん」服用中です。

 

今まで、胃の調子が悪くても、こんなに苦しくありませんでしたし、

 

今日は、食事も食道で1度詰まって痛みとともに、通過していくような、症状が出たので、

心配になりました。

 

手術は、甲状腺です。「主人の父が他界したため、1ヶ月延期しました・今月20日の予定です」

 

精神的なもので、こんなに症状が出るのでしょうか?

 

精神科では、薬しか出なく、信頼できていないため、相談できず、

 

胃腸科の先生を頼りにしています。

 

また、食道の内視鏡とは、胃カメラと同じでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様の症状に関して申し上げれば、古くからヒステリー球と呼ばれているものに類似しているように思われます。

【食道神経症[しよくどうしんけいしよう](ヒステリー球)】
http://www.cocokarada.jp/disease/detail/K4031007/index.html

ただしもちろん、これは、前述したように、診察医が言うとおりに「精神的なもの」であるという前提での回答です。
精神科領域の疾患は、類似の症状を呈する身体疾患の除外によってしか為されませんので、今回の症状に関しても、まず食道内視鏡検査(胃内視鏡と食道内視鏡は同じものです。人間ドックなどでは胃を診るついでに食道を診ます)を行ってもらった上で、異常が無ければ精神科を紹介していただくのがよろしいかと存じます。

信頼できない精神科医に長年かかっている理由は無いと思われます。
お困りの症状が「精神的なもの」であって、精神科主治医が信頼できないのであれば、信頼できる精神科医を探して受診されるのが適切な受療姿勢であると考えます。
いくら頼りになるといっても、胃腸科の医師に精神科疾患の対処を期待することはできないでしょう。
ちなみに、パニック障害に対してレキソタンとレンドルミンを年余に渡って処方されているのであれば、ベンゾジアゼピン依存に陥っている可能性がございます(レキソタンもレンドルミンもベンゾジアゼピン系という共通の化学構造をもつ薬剤です)。こうした処方をする精神科医を、確かに信頼されるべきではないでしょう。

【抗不安・睡眠薬依存(3) 奇妙奇天烈な主治医の見解】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60856

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

有難うございました。

 

とても参考になりました。

 

精神科の薬依存に恐怖を感じました。「10年以上服用しているため」

 

何度も申し訳ございませんが、離脱症状を軽くできる方法はありますか?

 

こんなに長期間飲んでいて、やめられますか?

 

勿論・今までは、どこに「病院」受診しても同じと・・諦めていて

 

自分でその日の体調にあわせ、服用していましたが、

 

病院変わろうと、決心出来ました。

 

最後にお返事を頂ければ、有難く思います。

 

追伸・・・もしも猫山先生であれば、

 

20年にわたる、「パニック・不安障害・自律神経」の患者様に

 

どのようなお薬を出されますか?個人差はあると思いますが

 

参考までにお聞きしたくて・・・ちなみに私はパきシルは、合いませんでした

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
「ベンゾジアゼピン依存が生じたら、離脱するには、ベンゾジアゼピンを服用していたのと同じ期間を要する」というのが私の持論です。
相談者様の場合、さすがに10年間かけてレキソタンを止めるというわけにはいきませんが、それでも中止までに年単位の期間をかけるつもりでおられた方がよいでしょう。
言い方は悪いですが、10年間「レキソタン漬け」になった脳には、かなりの変化が生じていると思われます。
ゆっくりと、ゆっくりと、時間をかけてその変化を元に戻していく必要があります。

相談者様がレキソタンを止めるには、レキソタンそのものをゆっくり減量していくか、デパスをまずはもっと止めやすい長時間作用型のベンゾジアゼピン系抗不安薬に置換してから減量するという方法をとる必要があります。

幸いレキソタンには細粒がありますから、0.1mg刻み、あるいは0.05mg刻みの減量が可能です。少し減らして、離脱症状が起こらないことを確かめ、もしも離脱症状が起きたら一段階戻ってその量に脳を慣らしてまた減らし……という方法を続けることで、レキソタンを減らしていくことが可能です。

また、レキソタンを他の抗不安薬に置換する場合、広く用いられているのはジアゼパム(セルシン、ホリゾン)です。
6mg のレキソタンと等価(同じだけの抗不安作用を有している量)のジアゼパムは約9.2mgになります。これもまた細粒を用いて、レキソタンを0.5mg刻みくらいでゆっ くりとジアゼパムに置き換え、然る後にジアゼパムを0.5mg単位で減量していくくらいが適切な減量幅かと存じます。

これらの方法をとるためには、レキソタンの剤形を錠剤から細粒にしたり、レキソタンを他の精神安定剤に置き換えるなど、主治医が処方箋上の操作を行う必要があります。
つまり、主治医に適切な知識があって、協力を得られなければ安全な減量は不可能なのです。

転院をされて、上述の2つの方法のいずれかで減量を行うことをお勧めいたします。


病歴が長いパニック障害の患者様に対しても、基本的にはパキシルの仲間であるSSRI(セロトニン再取り込阻害薬)を使用します。
SSRIとは、脳内でセロトニンという神経伝達物質をを増やす働きをする抗うつ薬 兼 抗不安薬の総称なのですが、なぜか患者様ごとに相性があります。
パキシルが効かない/合わないなら、ジェイゾロフト、それも駄目ならルボックス、それも駄目ならレクサプロ……というふうに試し、相性が良いものを最高用量まで増やす努力をするでしょう。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

有難うございました。

 

相談内容が、ずれてしまったのにも関らず、ご丁寧に

 

また、詳しいお返事に感謝致します。

 

これを機会に、転院して、諦めないで、少しでも症状・和らげるよう

 

期待に努力したいと思います。

 

お話を聞けて、大変良かったと・心より感謝致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

内科 についての関連する質問