JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は脳性小児麻痺なのですが、若いころはいたもはありませんでした。しかし10年ぐらい前から右足ふくらはぎがひきつけを起

解決済みの質問:

私は脳性小児麻痺なのですが、若いころはいたもはありませんでした。しかし10年ぐらい前から右足ふくらはぎがひきつけを起こすようになり、そのたびに転ぶようになりました。今は歩行車に頼って歩く日々です。
先日のテレビで脳梗塞の人が、ポツリヌス菌の注射で麻痺が治ってましたが、私のような小児麻痺は治らないのでしょうか。
せめて足のひきつけだけでも治らないものでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。


ダントリウム(筋弛緩薬)が処方されていますから、足のひきつけはボツリヌストキシンによる治療の対象となる可能性はありそうに思います。

少し補足情報を下さい。

①ご記載の処方は整形外科からのものでしょうか。整形外科に はいつ頃から通院されていますか?

②他に、運動障害はおありではないのでしょうか。

③整形外科の主治医は、10年前に始まったこの症状が、脳性小児麻痺によるものだと考えているようでしょうか。

④「足のひきつけ」は、ご記載を拝読する限りは、発作的に起こるものだと理解致します。どれくらいの頻度で起こり、いちど起こるとどれくらいの時間続くのでしょうか。

⑤ボツリヌストキシンを使えないかどうか、整形外科の主治医に相談されたことはおありですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1 整形外科からの処方です。

2 両手が上がりにくい。両手の外転ができにくいため箸が持ちにくい。

3 脳性まひによるといわれました。

4 1日に2回から3回はあります。ながい距離を歩くとひどいと思います。

5 まだ相談してません。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

50歳頃に症状が現れ始めたという点は典型的ではありませんが、相談者様の「右足ふくらはぎがひきつけを起こす」という症状は、「脳性麻痺の下肢痙縮」に準じる症状だと考えられます。

脳性麻痺の下肢痙縮に対するボツリヌストキシン(商品名:ボトックス)の有効性は確立しており、保険適応を有していますので、相談者様がこの治療を受けられる可能性はあると考えます。
http://botox.jp/clinicians/jcp/jcp_001.html
http://botox.jp/clinicians/jcp/jcp_004.html

まずは整形外科の主治医と相談し、ボトックス治療を行っている医療機関を紹介してもらって、治療対象となるかどうかを確認され、適応だと判断された場合は治療に進まれるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問