JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

50歳咳喘息・気管支喘息?と診断されています。横になれないほど苦しくても、SPO2は下がらず、喘鳴もないので主治医は

解決済みの質問:

50歳咳喘息・気管支喘息?と診断されています。横になれないほど苦しくても、SPO2は下がらず、喘鳴もないので主治医は気管支喘息ではないといいますが、他院で肺機能検査をしたら、末梢の細気管支に狭窄が見られ、ベネトリンで改善したので気管支喘息といわれたりしています。
 最近は症状が落ち着いてきて、サイボクトウとシングレア、アレジオン・キュバールの3吸入2回で落ち着いています。しかし 低気圧が近づくと前胸部と後背部の圧迫感が生じ、息を吐くのが少しつらくなります。気管支がやや敏感で神経質になっているだけだと思い(以前精神的なものではないかともいわれたので)症状を無視して仕事をしたりしたのですが、肺に空気が入るばかりでよく吐けず、頭が痛くなったり、脂汗が出たりするので、サルタノールの吸入をしたら30分ほどで症状が改善しました。
 お聞きしたいことは一日の中で晴れたり、急に夕立が来たりと最近は天候がめまぐるしく変わるので、症状がお天気に左右されて、調子がいいときと悪いときがめまぐるしく変わるので、さっきまで元気だったのに、夕立や雨の前になると呼吸がしづらくなり、ゆっくりしか歩けなくなったり、動きたくなくなって、仕事に支障が出るので、何とかコントロールするのにはどうしたらいいのでしょうということです。
 ステロイドと気管支拡張剤からやっと開放されて、動悸や息切れの症状がなくなってよかったと思っているので、何かよい自律神経の改善方法や上手なコントロール方法があったら教えてください。精神科の先生もでできればお返事ください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
呼吸器関連のご質問には強いです。

精神科専門ではないですがよろしいですか。
私の印象では精神科の問題と言うよりは呼吸器の問題であると思いますよ。

まずはそこから確認させていただきたいのと、もし私でよろしいのであれば、今現在キュバールは吸入されているのかどうか教えて下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

キュバールは3吸入 朝 夕で行っています。

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

何度かこちらからお返事を書いては消えてなくなり、これが3回目です。
それで、少しずつ書いてお送りしますのでよろしくお願いいたします。

まずは診断名なのですが気管支喘息で間違いはないと思います。
肺機能検査はうそをつかないからですね。
ぜーぜーしないからそしてSPO2が下がらないから気管支喘息ではないという見解は否定されたことになります。

またべネトリンやサルタモールで不快な症状が改善されたこともその証拠の裏づけとなります。

それでは今後どうしたらうまくコントロールできるかと言うことを書かせていただきます。

docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。ぜひよろしくお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。ぜひよろしくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
気管支喘息は、ちょっとしたストレスで発作を多かれ少なかれ起こすものです。
気候の変化、気温の変化、湿度の変化、体調の変化、あげれば切りはありませんね。

今後はキュバールとサルタモールとうまくお付き合いをしていかなければいけません。
キュバールは気管支の炎症を鎮めてくれます。
末梢の気管支に狭窄が見られた理由はそこに炎症が起きていて腫れが起きているからなんですよ。それをキュバールでコントロールします。
キュバールのようなお薬を毎日使うことをコントロールと呼びます。
あなたは毎日使っておられますのでそれを続けましょう。
ステロイドとは言え、副作用はほとんどありませんから安心して使えるお薬ですよ。

さてサルタモールやべネトリンは同じ成分を含む短時間作用型の気管支拡張剤ですがあなたの場合は天候の変化に弱いようですので天気予報で天候の変化が予想されるような週は毎日4回吸入されてください。
その中でどうしても足りない場合はエキストラで吸入を足してください。

ご質問がございましたら書き込まれて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 シムビコートも持っているのですが、これはどうしたらいいですか。

それからサルタノールは1日等間隔で吸入したほうがいいですか?

吸入器を持っているので、以前ベネトリンは0.2ml、インタール吸入液と一緒に起床時と寝る前、朝夕はネブライザー吸入・日中は携帯に便利なサルタノールと分けて使用してもいいですか。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それではキュバールをやめてシムビコートにしてもいいですよ。
シムビコートにすればサルタノールは一日に4回も律儀にしなくても必要な時にだけ使えばいいです。
なぜならシムビコートはキュバールのようなステロイドと長時間作用型の気管支拡張剤がコンボになっているからです。
その方が便利ですよね。
以前はステロイドの服薬もされていたんですね。
過去の投稿も読ませていただきました。

発作が強くなったら吸入も再開されていいですよ。
そのあたりはその日の調子で決められていいと思います。
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問