JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ひきこもって5-6年たちます。中学2年より不登校になり今21歳です。家族とは話しかければ返事はしますが、自分から話し

質問者の質問

ひきこもって5-6年たちます。中学2年より不登校になり今21歳です。家族とは話しかければ返事はしますが、自分から話しかけてくることはありません。食事も別に食べています。昼夜逆転して家族が寝てから居間にいてテレビをみたり、ゲームをしたりしているようです。将来のことを考えると不安でたまりませんがどうしたらいいのか困っています。アドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

このサイトで今回ご相談・ご質問されたいのはどういったことなのでしょうか。

厚生労働省の調査によれば、ひきこもりをされている方の約半数には精神疾患の診断が付くが、残り半数には精神疾患は認められないという結果が出ています。
ご子息の引きこもりに適切に対処するためには、まずご子息に実際に医療機関を受診していただき、精神疾患の診断がつけばお薬を服用していただいたり、カウンセリングを受けていただいたりする必要があります。精神疾患が否定されれば、厚労省のひきこもり対策推進事業に基づいて地方自治体単位で展開されているサービスを利用されるのがよいでしょう。

結局、今のままのご質問ですと、「当事者様を何とかして精神科受診させてください」という結びで終わる回答になるでしょう。
しかし「いろいろ勧めるが本人が拒否している。だから困って相談しているのだ!」という、お叱りに近い返信で膨大なやり取りが帳消しになってしまうことがこのサイトではしばしばございます(「承諾」をいただけない限りはこのサイトの専門家は、それまでにどれだけの時間を割き、情報を提供してもタダ働きになります)。

率直に申し上げて、このサイトの専門家は営利目的で日常診療の合間を縫って回答を作成しているのであり、初めから承諾が得られない=報酬が得られないご相談に回答することはありません。

もしもご相談を継続されるのであれば、インターネット相談の枠組みの中で完結し、それでご納得いただき、「承諾」していただけるようなご質問をお示しいただければと愚考する次第です。

現時点での私の回答は「まずご子息に精神科を受診していただき、精神疾患の診断がつけばお薬を服用していただいたり、カウンセリングを受けていただいたりして下さい。精神疾患が否定されれば、厚労省のひきこもり対策推進事業に基づいて地方自治体単位で展開されているサービスを利用するために、地域の精神保健福祉センターか保健所をお尋ねください」ということになります。
ご本人をそういった場に引き出すための、魔法の鍵のような方法は残念ながらありません。

これでよろしかったでしょうか。
不足があれば、ネット相談の枠組みで回答可能な範囲で質問をいただければと思います。

ご検討・ご高配のほど、何卒よろしくお願いいたします。

内科 についての関連する質問