JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ここ数日急激な肩こりで悩んでいます。

解決済みの質問:

ここ数日急激な肩こりで悩んでいます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

これまで肩こりが無かった方が、急激に肩こりを起こした場合、まず頸椎症の可能性があります。これに関しては整形外科を受診されるべきでしょう。

もうひとつ考えなければならないのが、狭心症や心筋梗塞のような心臓の病気です。
肩こりについて「寝違えたように痛み」と表現されていますが、心臓の痛みが肩に広がることがあります。これを放散痛といいます。これを確認するためには循環器内科で心電図検査を受けられる必要があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E6%95%A3%E7%97%9B

総合病院を受診されて、循環器内科⇒整形外科の順で診察を受けられることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

5月1日に、血圧や高脂血症の定期診断に医師を訪問した際に、肩こりの事情を話し心電図検査を受けました。詳しい診断は忘れましたが毎年健康診断で引っかかっている「ブロック何とか」以外は問題ないとの診断がありました。その後右肩の痛みがはじまったのですが心電図には異常は見られないとの診察でしたが?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
それは安心しました。
であれば整形外科を受診されるのがよろしいかと存じます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

言葉足らずでした。

整形外科は今回の症状とは別の症状で昨年10月に診断を受けMRIを含めて検査を行いました。そのおり頸椎についても診断を受けており今回の可能性としては低いと思われます。この時の診断は、脊髄の硬直が痛みを起こしているとの診断で、ストレッチなどを勧められました。この症状は現在でも引き続き痛みを伴い進行しています。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
このように後出し後出しで情報をいただいては、回答に無闇に時間がかかってしまいます。
他に何かどこかの診療科で言われていることはないですか?

ちなみに脊髄が硬化することも、それがストレッチで改善することもありえないので、何かの聞き間違いだと思うのですが。
質問者: 返答済み 5 年 前.

脊髄の硬化というより、脊髄の突起が成長し柔軟性を失わしている(硬直化)とのこと。それが仰向けから起きたりするときの激痛に繋がるとの診断でした。

しかしここで言いたいのは、「頸椎症ではないのではないか」ということです。後出しと言われましたが、これ以外に診断はありません。

質問ですが、狭心症や心筋梗塞は心電図で明確に症状が現われるものなのでしょうか?それ以外疑われないのでしたら、心電図ではなくMRIやCTスキャン検査が必要ではないのでしょうか。長々と質問を続けてごめんなさい。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

まず心臓に関してですが、狭心症は発作時にしか心電図変化が現れません。心筋梗塞なら持続的に変化が認められます。
相談者様の肩こりは持続性のもののようですから、心臓に何かが起きているとしたら、心筋梗塞である可能性の方が高いでしょう。
5月1日に肩こり・痛みがある状態で心電図をとって異常が認められなかったのであれば、心筋梗塞も狭心症も否定できます。

 

「脊髄の突起が成長し柔軟性を失わしている」というのは後縦靭帯骨化症や黄色靭帯骨化症のことではないでしょうか。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/98

http://www.nanbyou.or.jp/entry/58

 

であるとすれば、これらは頸椎症と同じように、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が圧迫されて知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気ですから、強い肩の痛みの原因にはなりえます。

 

整形外科を受診されて、「脊髄の突起が成長し柔軟性を失わしている」病気の名前をはっきりさせるとともに、今回の肩の痛みがこの病気の進行と関係がないかを確認されるべきかと存じます。

猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問