JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

50歳女性・咳喘息で治療中です。4月後半より、後頚部痛があり、寝違えたのかと思っていたのですが、それに伴い、収まって

解決済みの質問:

50歳女性・咳喘息で治療中です。4月後半より、後頚部痛があり、寝違えたのかと思っていたのですが、それに伴い、収まっていた咳が乾性のものから始まり、湿性のものに変わり、それに伴い全身感体感と関節痛があります。風邪を引いて、喘息症状が悪化しているだけだろうと、かかりつけの医師より、吸入と してシムビコートを増量し、ひどいときはベネトリンのネブライザーをして、後は静かにしているように言われました。
 喘息は一時期デカドロンをステロイドとして40㎎相当まで内服していましたが、徐々に減量し、テオロングも最大400㎎まで内服していましたが、動悸がひどく、心臓に負担がかかりすぎるので、現在はサイボクトウという漢方薬と、シングレア・キュバールの吸入のみでコントロールできていました。
 心配なのはこの関節痛と後頚部痛、全身倦怠感です。あまり喘息と関係ない感じの症状ですが、結構つらいので、カロナールを結構内服してしまいますが、あまり効果がないようです。ステロイドを内服中も関節痛があって、RF定量22 MMP3 61.8となったことがありますが、抗核抗体がマイナスだったのでステロイドによる一時的なものだろうといわれました。何か免疫系の疾患ではないのか心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

感冒症状+後頚部という症状があれば、髄膜炎は疑われるべきです。

実際に診察させていただいていないのでこれ以上のことは申し上げられませんが、出来れば神経内科か脳神経外科もある総合病院の内科を受診されて、髄膜炎の可能性を検討・検査すべきと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

髄膜炎はじぶんでも考えたのですが、発熱がまったくありません。発熱のない髄膜炎もありえますか。関節痛も足関節内側、膝関節内側、ソケイ部、側頚部も痛みがあり、なんだかリンパ腺の位置と合致しているように思えます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
頭痛、発熱、嘔吐が髄膜炎の3主徴ですが、いずれかを欠く場合もあります。
特に相談者様の場合、カロナールを服用されていますので、発熱はマスクされてしまっている可能性が高いですね。

リンパ節腫脹があるのであれば、やはり感染症を疑うべきと考えます。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問