JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14133
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めてメールさせて頂きます。 2月下旬頃から、左足甲のあたりが痺れるのと、力が入らなくなり、横にかくんとなって転んだり、指が全く上がらないためマットにつまづいて転ぶようになりまし

解決済みの質問:

初めてメールさせて頂きます。
2月下旬頃から、左足甲のあたりが痺れるのと、力が入らなくなり、横にかくんとなって転んだり、指が全く上がらないためマットにつまづいて転ぶようになりました。また、スリッパを履くと、スリッパを持ち上げられないので、床を滑らせて歩くしかありません。
昨年9月から、原因不明の「急性関節炎」で通っていた整形外科リウマチ外来で、腰椎・左下肢・脳の3箇所MRIを撮り、「何ともない。経過観察」と言われ、一日3回のビタミンB12(メチコバール)とビタミンE(ユベラN)の投薬のみ受けました。(「急性関節炎」は、「血液検査の結果から、リウマチとは言えないが、症状が出ているのでリウマチの親戚のようなもの」ということで、プレドニゾロンを毎日と、リウマトレックスを週2日、他にフォリアミン・ノイロビタン・ガスターDをずっと飲んできました)
その病院には神経内科がなかったため、他病院の神経内科を受診したところ、筋電図検査及び血液検査から、「左足末梢神経に脱髄疾患が認められ」「免疫異常による多巣性運動ニューロパチーの疑い」「又は可能性は低いがステロイドによる副作用がないとも限らないので、リウマチ科の医師と相談の上、ステロイドを中止してみるように」とのことで、しかしここでも、「経過観察」ということになりました。
先の整形外科リウマチ外来の医師に聞いて、ステロイドは4月7日から中止しています(もともと、5ミリ/日から始め、3ミリ/日まで減らしていましたが、2ミリ〜1ミリ/日の段階を経て、中止しました)。また、リウマトレックスも週8ミリから始め途中12ミリに増えましたが、この4月から8ミリ/週を2週間、4ミリ/週を1週間と減らしてきたところ、だんだん手首 ・手の指の関節が痛くなってきたため、自分の判断でリウマトレックスを8ミリ/週にしたところです。ステロイドは中止したまま、もう少し頑張ってみたいと思っています。
なお、リウマチ外来の先生は、「今まで何百人と診てきたが、薬がこんなふうに神経に影響したという前例はなかったので、全くわからない」とおっしゃっています。
その間、紹介状を得て東大病院の神経内科にも行ってみましたが、現段階では何もわからず手の施しようもないようです。「自然治癒だったら、髄鞘は1ミリ/日の割合で伸びてくるので、気長に待つように」「又は、神経が死んでしまっていたら、どうしようもありません」と言われただけで、「今まで行っていた病院に通って、何かあったら来て下さい」と、いわば、体良く追い返されたような気がします。
そうは言われても、症状では困っているわけですから、最初の病院の整形外科の勧めにより、リハビリ科に通って低周波治療を行い(最初の1回だけ、足の指が動きましたが、その後は全く動かなくなり変化ありませんが)、転倒防止のリスクを避けるため、足首に装着する装具(3万3千円もしました)を誂えて、外出時はこの装具を装着し、さらにショートブーツで固定し、そうすれば歩けるのですが、人混みで右側から押されたら、左足で踏ん張れるかどうかわからないので、念のため杖も持って出かけています。
左足の症状は、2月下旬以来、脱力に関しては殆ど変化はありません。ただ、先週あたりから、感覚が少し、戻ってきたように思います。手首・手の指が痛くなってきたのと引き換えのようなタイミングです。
2つの神経内科では、「慢性化しているので、これからも長くかかる」とは言われましたが、良くなるのか悪くなるのかは今の段階では何とも言えないみたいです。
また、いろいろ質問をしても、整形外科では「それは神経内科でないとわからない」、神経内科では「それは整形外科の分野」といった調子で、誰に、どこに聞けば良いのかもよくわからない状態です。
痛みはないので助かるといえば助かりますが、外を歩くときはものすごく気を付けているので、とても疲れます。
各ドクター方がおっしゃるように、このままただ経過観察…時を待つしかないのか?
あるいは、何かしてくれそうな神経内科を探して病院巡りをすべきなのか?
さらに、神経内科と整形外科(リウマチ外来)が揃っている病院に移るべきか?
どうしたらいいのか、わかりません。
長くなりまして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
東京都在住 50代女性
北原かおり 拝
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申しま す。神経内科医です。

「左足甲のあたりが痺れるのと、力が入らなくなり、横にかくんとなって転んだり、指が全く上がらないためマットにつまづいて転ぶようになりました。また、スリッパを履くと、スリッパを持ち上げられないので、床を滑らせて歩くしかありません」という症状は典型的な「下垂足」で、高位腰椎の椎間板ヘルニアや
腓骨神経麻痺によって起こります。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/peroneal_nerve_palsy.html

唐突に昨年9月からの原因不明の急性関節痛のお話が出てきますが、これについてもう少し詳しく教えていただけないでしょうか?
リウマトレックスまでを使うとなると大事だと思われますが、どこの関節にどのような痛みがあったのか、どのような随伴症状があってリウマチに準じる治療を受けるに至ったのかをご説明いただかないと、本相談の回答も難しいものになるかもしれません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
猫山先生

ご回答ありがとうございます。
「急性関節炎」は、昨年8月後半頃から、まず、右足の足首と膝がむくんできたかと思ったらどんどん膨らんできて、痛みを伴うわけではなかったのですが、明らかにおかしいと思い、沿線の東急病院に行きました。
最初は内科を受診するよ うに言われ、腎臓だといけないので塩分を控えるようにと言われましたが、血液検査の結果を待っている一週間の間に、主に手の指・手首・肘の関節がみるみる痛み出し(腫れも伴っていました)、朝、目が覚めても肘や手首を使うと痛むのでなかなか起き上がれず、トイレに行くのも座ったり立ったりが足が痛くて一苦労、歯を磨くのも指が痛い、という具合で、手と足の関節ほとんどが激痛といってもよいほどの痛みとなりました。
検査の結果を聞きにいくと、「内蔵はどこも何ともない。糖尿病、甲状腺も問題ない。膠原病・リウマチも陰性」ということで、整形外科に回されました。足のむくみは、ベーカー嚢胞という診断でした。
整形外科では、痛む部分(手足)のレントゲンを撮りましたが、「骨はきれいです。内科は、リウマチじゃないって言ってるんでしょう? でもこれって、リウマチの症状なんだよね」ということで、翌日、整形外科のリウマチ外来に行くことになりました。
もう、この日には激痛もピークで、ちょっとでも動くと痛くて、自然と声が洩れるほどでした。この日に、リウマチ外来で何とかしてくれなければ、帰りに縄を買って、青木ヶ原へ行こうとまで思い詰めるほどの痛さでした。足のむくみも、真っ直ぐにもできず、かといって曲げることもできず、皮膚が破れるのではないかと思うほどぱんぱんになっており、杖をついて出かけても杖を握るには手の指が痛くて思うように握れず、という具合でした。
然しリウマチ外来では、まずステロイドの筋肉注射をして頂き、それから右膝にたまった水を抜いて頂き(太い注射器に2本分ありました)、とたんに痛みはすうっと薄くなるし、歩きやすくなりました。
CRPの値は0.7。多少高いが問題ではないと言われました(その後、殆ど0.1ほどです)。
MMP-3が、上限50台のところ、243あって、関節膜の炎症値なので、これが激痛の原因とのこと でした(その後、だんだん下がり、二桁まで下がりました)。
そのほかの血液検査の数値は、全て正常値だったそうです。
そのため、リウマチ外来のドクターのお話では、
「リウマチとは言えないが、リウマチの親戚のようなもの」として「急性関節炎」と言われ、
症状が出ているので、リウマチに準じる治療をします、ということになりました。
そして、リウマトレックスを土日に4ミリずつ8ミリ/週、プレドニゾロンを5ミリ/日、ほかノイロビタン・フォリアミン・ガスターを補助として飲む日々が始まりました。
朝、痛みもなく起き上がれて、歯を磨くのも痛くなく、本当に幸せに思いましたが、2週間後の通院時にそう話しましたら、プレドニゾロンを自分の判断で減らしてよいとのことでしたので、指示通り3日ごとに1ミリずつ減らしていったところ、10日ほどで手の痛みがぶり返し(手の指・手首)、それから怖くてプレドニゾロンを減らせなくなりました。4ヶ月くらい4ミリを飲み、3ミリを2ヶ月ほど飲んで、2ミリ・1ミリを3日ずつ、そして中止という推移です。
痛みがぶり返した10月頃には、「リウマトレックスが効いていないのかもしれない」というドクターの判断で、それまでの8ミリ/週が、12ミリ/週に増え、3月いっぱいまで、12ミリ/週を飲んでいました。
いちばん最初のお話では、「リウマトレックスが効き始めるまでに一月くらいかかるので、それまでステロイドも服用」ということでしたが、結局、両方とも丸7ヶ月飲みました。
4月から、ステロイドを中止し、リウマトレックスを減らしたのは先のメールに書いた通りですが、中止後2週間のあたりから、手の指・手首が痛み出し、一週間前から、右手の甲の、中指の根元が腫れています。先ほどは、腫れている部分に熱も持っていたため、明日、病院に行こうかどうしようか思案中でしたが、現在は熱は引いています。
この数週間、手の痛みや腫れの状態は、悪くなったりよくなったりころころ変わりながら、全体的には悪いほうに行っている感じです。このままだと、もうじき肘も痛くなるのかな? という気がします。
ステロイ ドを減らすことについては、5ミリ以下は殆ど問題ないから、自分の判断でよいと、ずっと言われてきました。
また、最初に神経内科を受診した病院では、「ステロイドの服用は、量が少ないので副作用はあまりないと思うが念のためやめてみて」「中止してから一ヶ月たって、変化がないようなら、また飲んでよい」
といいうようなことでしたが…。
「急性関節炎」については、あるときリウマチ外来の先生に
「原因は何なのでしょうか?」とお聞きしたところ、
「ありません」というお答えでした。(多分、「わかりません」の言い間違えでは?と思いますが)
また、ベーカー嚢胞と急性関節炎との関連も、わからないとのことでした。
急性関節炎と、左足末梢神経脱髄疾患との関連も、わからないと言われています。
(最初は、左足を下にして寝なかったかとか、長いこと足を組んでいなかったかとか、
きついブーツを履き続けなかったかとか、外的要因に関する質問がありましたが、
一切身に覚えがなかったので)
整形外科のMRIでは、腰椎は何ともなく、
神経内科での血液検査は、「糖尿病も血管の炎症もないので」、「免疫異常が原因と思われる多巣性運動ニューロパチーの疑い」とのことでしたが、4月に入って担当医が変わり、
「原因がわからないので治療できません」と言われました。

すみません、また長く、少々とりとめなくなり、過不足もあるかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

北原かおり

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

ご記載を熟読しましたら、私にも具体的な病名は頭に浮かびませんでした。

ただ、下垂足以前に「急性関節炎」について適切な診断と治療を受けられるべきであると考えます。
こちらが整理されないうちに下垂足に問題が生じ、どちらが原因でどちらが結果かわからなくなってしまっているような印象ですが、強いお薬を使わざるをえない「急性関節炎」の正体の究明が先決でしょう。

その上で、下垂足の原因が「急性関節炎」に対して用いられたお薬の副作用によるものだとわかれば、そこで初めて処方調整を検討されるべきです。

神経内科と整形外科(リウマチ外来)が揃っている病院に移られ、「急性関節炎」に重きを置かれた診療を受けられるべきかと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
猫山先生

どうもありがとうございました。
やはり、私も、神経内科とリウマチ外来と連携して頂き、 私の症状を診て頂いたほうが
いいような気はしていました。
ただ、紹介状を書いて頂くのが、なかなか言い出しにくいという弱気な気持ちもあったのですが、
そうも言っていられないので、勇気を出してお話ししてみます。
が、具体的に、どこの病院へ行けばいいのか、わかりません。
リウマチ外来はずっと東急病院でしたが、原因の究明はしないようですし
(痛みが取れればいいでしょ、という雰囲気です)、
神経内科で行った東京共済病院にも東大付属病院にも、ドクターの対応に不信感を持っています。
「急性関節炎」の原因究明をして下さりそうな病院は、どこなのでしょうか?
せっかく行っても行っても、「経過観察」「経過観察」と言われてしまうのではないか
という不安感でいっぱいです。
例えば、猫山先生がいらっしゃる病院とか、
お勧めの病院はございませんでしょうか?

北原かおり

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
誠に申し訳ありません。
ご希望の病院紹介は、して差し上げることができません。
また、このサイトのやり取りを通じて、相談者様を直接に診察することは規約で厳格に禁止されております。

JustAnswerは病院紹介サイトではなく、専門家の助言をうるためのサイトです。
医療カテゴリの専門家が日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があります(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めてこれまでにも何回か起きています)。

このような事情がございますので、JustAnswerでは個別の病院の「紹介」については原則的には控えさせていただいています。

この点につき、ご理解を賜れますと幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14133
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    33
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    16
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2779
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
 
 
 

内科 についての関連する質問