JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中
内科

経過観察しているが、現状肝臓腫瘍が7cm程度になってる。一方、腹水がたまっているので何も治療できないと利尿剤や肝炎治

療剤核酸アナログ製剤・細胞増殖抑制剤等薬を飲んでいるだけです。
いつも腹が張った状態で食事も満足にとれていません。
また、腹水のためヘルニアが大きくなり歩行等にも支障が出ています。
体温については、朝は37℃夜は38℃まであがることも頻繁にあります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
内科 に関する質問をする
返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

もう少し情報をいただけますか。
肝臓腫瘍はどのようなものですか。
良性のもの?それとも?
細胞診は受けられたんですよね。

平成6年に削除手術を受けられて同じものが再発した?ということでしょうか。
再発してからも細胞診は受けられたのでしょうか。

肝機能は現在低下していますか。
肝酵素の値と、PT/PTTやアルブミンの値がわかったら教えて下さい。

今かかっているのは消化器外科?それとも消化器内科?

他に既往がありますか。
C型肝炎とか、その他糖尿だとか心臓の病気とか。
服用されているお薬等々。

情報はあればあるほど助かります。
よろしくお願いいたします。
質問者の返答 返答済み 5 年 前.

詳細情報をお知らせします。

長年、B型肝炎と診断され、平成7年にはγ-GTPが300以上上昇し、検査入院しましたが、肝臓腫瘍約5cmあるとのことで切除しました。担当執刀医は完璧に切除したと言っていましたし、悪性腫瘍が2~3個程度で、非常に珍しく学会に発表したいと言われました。後、食道静脈瘤の硬化療法もその時から現在まで3~4回行っています(この5年以上は行っていない)。

その後は、病名は変わりませんが、一般的な生活を送り、何も支障がありませんでした。

γ値も正常です。

但し、酒・煙草を止めなかった付けが出て、平成18年に肝性脳症で2週間程度の療養入院しました。その時は、アンモニアが急に200以上になっていました。以後、なるべくタンパクを取らない野菜中心の食事をし、酒・煙草も止めました。

今は、日大板橋病院肝臓内科に1回/月程度通っています。病名は肝硬変1級と指定され、障害者手帳も貰っています。

この3月末に定年退職しましたが、現状の症状は前回書いたとおりです。特に、腹水がたまり、腫瘍やヘルニアなどの治療ができないと、わかっていながら何もしない状態が続kています。腫瘍は新しいもだと思います。また、だんだん大きくなっているので悪性の可能性が強いと言われています。細胞診・肝酵素という言葉は聞いたこともありません。

PTは53%、pt17.8.PTヒ1.49、アルブミン2.1

薬は、ウルソ錠、ラシックス錠、ルブラック錠、アルダクトン錠、バリエット錠、アミノレバン、ユーエフティー配合カプセルT100、バラクード錠を飲んでいます。

 

docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。 返答済み 5 年 前.
ご返答お待ちしていました。
ありがとうございます。

本当に大変な中を通り抜けられて来たんですね。
お気持ちをお察しいたします。

さて質問を重ねて申し訳ないのですが、主治医はあなたに発熱の状態があるということをご存知でしょうか。熱はいつから?
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。 返答済み 5 年 前.
お返事をお待ちしましたが、またコミュニケーションが途切れてしまいましたので、まずしなければいけないことを書かせていただきます。
検査結果のレビューをさせてただきましたが、かなり肝機能がお悪いですね。
アルブミンが低いので腹水がたまっているんでしょう。

一番心配なのは突発性細菌性腹膜炎の可能性です。
腹水が歩くのにも支障が出るほどた まっていて発熱しているという状態は緊急に発熱の原因を突き止める必要があります。
突発性細菌性腹膜炎の疑いがあれば緊急入院して腹水を穿刺して取り除いてアルブミンを点滴で注入して腹水の検査をしてそうであるかを決めます。
もしそうであれば点滴による抗生物質が必要です。

まずはそこからはじめられて下さい。

腫瘍に関しましては、セカンドオピニオンがいるのなら取られた方がいいです。
何も治療されていない状態でだまってお薬を服用しているより絶対にいいと思います。
でもそれは上記に指摘した突発性細菌性腹膜炎の可能性を否にしてからですよ。

参考までに、自費にはなりますがこの頃は大きな病院でセカンドオピニン外来を設置しているところが多いですからそこをあたるのも手ですね。

内科 についての関連する質問