JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

私の父(60歳)なのですが、15年程前から関節リウマチを患い投薬治療を続けてまいりました。昨年12月に胃癌ステー

解決済みの質問:

私の父(60歳)なのですが、15年程前から関節リウマチを患い投薬 治療を続けてまいりました。


 


昨年12月に胃癌ステージⅢCと診断され、関節リウマチの薬を止め、胃全摘手術を受けました。


 


その際に、他臓器への転移はありませんでしたが、リンパ節への転移が認められた為、今年に入ってからTS-1による治療を開始し、2週間前までに2クール終えております。


 


ちょうど2クール終えた頃から、動作時に息切れがするようになってきて、4/13(金)には起き上がることさえできないほどの息切れとなり、4/14(土)に入院となりました。


診断は「間質性肺炎」でした。


入院時のサチュレーションの値は50以下で計測不能だったそうです。


 


 4/14(土)から4/16(月)の3日間、ステロイドによる治療を受けておりますが、今のところ改善の兆しが全く見られておりません。


 


 この病気にかかった可能性を3つあげられています。


①膠原病によるもの 


②抗がん剤によるもの


③かび、ウイルスによるもの


 


父の場合は、昨年からリウマチの薬を止めていたのと、抗がん剤も使用していた為 ①か②の可能性が高いように思えますが、原因は特定できておりません。


 


 しかしながら、2クール目の抗がん剤が終わってから既に2週間経過しているにもかかわらず肺炎の症状が改善して来ないことから、①の可能性の方が高いのかなとも思います。


 


ステロイドによる治療が既に3日経っているにもかかわらずあまり改善の兆候が見られないという場合は、一般的にどのような経過をたどる可能性が大きいのでしょうか。


 


ステロイドの治療に反応が無い場合は、免疫抑制剤が使用される場合があるという記事を読んだのですが、父のように膠原病を患った患者ではその治療はありえるのでしょうか。


 


 もし、辛うじて退院という運びとなり、在宅療養となった場合はどのような形になるのでしょうか(やはり人工呼吸器を使用することになるのでしょうか?)


 


この病気は難病で、完治が難しいということだけはわかっております。


私たち家族は、この病気を患った父が今後どのような経過をたどっていく可能性があるのかを知り、覚悟しておく必要があると思い質問させていただきました。


 


非常に厳しい回答をいただくことになることも覚悟しておりますのでどうぞご回答の程よろしくお願い申し上げます。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
たいへんですね。

たび重なるトラブルのようで、過去の猫山先生とのやり取りも読ませていただきました。

間質性肺炎ですね。
たいへんな難病です。

お父様の場合は特にお体の全体像がすでによくありませんし、胃がんの手術を受けられたばかりでほんとうに厳しい状態であると思います。

原因ははっきりしないのが間質性肺炎なのですが、おっしゃるとおり①か②の可能性は強いでしょう。両方である可能性もあります。
抗がん剤使用中に間質性肺炎となるというより、あとからこのように発見されることもあります。

現在ステロイドはおそらく高用量をつかっておられることでしょう。
レスポンスが見られればいいのですが、これに免疫抑制剤を使ってさらに体の防御システムを弱めることによって他の重篤な感染症によりセプシスをおこせばそれが命取りになりますので、難しいところでしょう。

もしステロイドで効果があればある一定期間続け量を少しずつ減らしていき、休息時間を与え、様子を見ます。
ぶり返したら、また同じようにステロイドの治療の2回目を行います。
これをパルス療法といいますが、2度やってまたぶり返すようならはっきり言って肺移植しか手はないでしょうが、お父様の場合、年齢も既往もそれに見合わない可能性が強いです。

一般に上記のような治療をすることが多いですが、先日も実は若いお子様のこのようなご相談を受けました。ちょうど一年前のことです。
肺の専門家にも連絡をつけすべてを投げ入れてご相談にのりました。
しかしたいへんな難病のため治療を始めて3ヶ月もしないうちに結局は肺移植にいたらず呼吸不全のため亡くなりました。
この患者さんの場合はまったく原因不明の間質性肺炎でした。

あまりいいことが書けなくて申し訳ないのですが、ステロイドの効果にかけるしか今のところはないと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

あとどのくらいの期間パルス療法を続けていくのかはわかりませんが、改善の兆しが見えてこなければ年齢的にも肺移植はできないので、余命を覚悟しなければいけないということですよね・・・。

 

今日でステロイド投与は4日目になりますが、反応がある場合は2、3日で多少でも反応があるものでしょうか?それともある程度の期間投与を続けてみないと反応はないものなのでしょうか?

 

ご回答の中にあったお子様のように、短期間で亡くなる方がめずらしくない病気なので

家族としてはそれなりに覚悟しておかないといけないと思うのですが、

担当のお医者様は、厳しい状況であるのをやんわりとおっしゃる方なので、おかれている状況がどれほどの状況なのかがわからずにいます。

 

厳しい状況ならば、「このままステロイドが効かない場合は覚悟してください」ぐらいにハッキリと言われてしまった方が、現在おかれている状況がわかりやすいのですが・・・。

 

今の時点では、そこまで言い切れないということなのでしょうか?

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そこまではまだ言えないと思います。

今の呼吸状態はいかがですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

朝早くからありがとうございます。

少しでも酸素マスクを外してしまうと、一気に呼吸状態が悪くなってしまう為

酸素マスクを外すことができません。トイレにも行くことができない為

病室に便座が置いてあるような状態です。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうですか。

ふつうステロイドに反応しているようなら、酸素の量は減りますし、呼吸の様子は楽になりますから、今の状態では難しいですね。
でも、あと数日続けてみて全く反応がないなら、ほんとうに難しいかもしれません。
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問