JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14312
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昔、30年近く前から車の運転に不安があります。 普通は大丈夫なんですが、苦手な道を通るとふっと意識が飛びそうになり

解決済みの質問:

昔、30年近く前から車の運転に不安があります。
普通は大丈夫なんですが、苦手な道を通るとふっと意識が飛びそうになります。
今、深刻なのは新しい高速を通ると怖いです。
壁があると大丈夫なんですが。
あとは老眼のせいか夜の運転が見にくくって苦手です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

確認させて下さい。

内科カテゴリへのご投稿ですが、相談者様はお困りの問題について、身体疾患を扱ういわゆる内科(例えば循環器内科や呼吸器内科)の問題として捉えられていて、そうした切り口での回答を希望されておられるのでしょうか?

それとも、(私は現時点ではその可能性が高いのではないかと考えますが)心療内科的な疾患の可能性を念頭に置かれておられるのでしょうか?

JustAnswer には「心療内科」というカテゴリーが無いために、この種の混乱がしばしば起こりますので、あらかじめ確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

心療内科的な治療を求めてます

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
それでは、少し補足情報をいただけますでしょうか。

■お車を運転される頻度を教えてください。例えばお仕事でお車を使われるでしょうか。

■ご相談の問題で既に医療機関にかかられたことはおありですか?

■ご相談の問題で生活にどの程度の支障が生じているでしょうか? 症状の程度は30年間不変ですか? 発症に先立って、何か思い当たるきっかけはありますでしょうか。

■持病や常用薬があれば教えてください。

■老眼がおありとのことですが、眼科で白内障の可能性は指摘されませんでしたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
回答は明日以降になりますが、ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

車は毎日乗りますが、夜でもなく高速でもなければ問題はありません

若いころ脳のMRIを受けました。昨年眼科を受診しました

車の運転に(高速道路)不安があります。症状は強くなっているようですが、苦手な高速が増えたせいか、目が悪くなったせいかもしれません

ないです

されていません

質問者: 返答済み 5 年 前.

車は毎日乗りますが、夜でもなく高速でもなければ問題はありません

若いころ脳のMRIを受けました。昨年眼科を受診しました

車の運転に(高速道路)不安があります。症状は強くなっているようですが、苦手な高速が増えたせいか、目が悪くなったせいかもしれません

ないです

されていません

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

お待たせしました。

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

まず、心療内科/精神科的な診断ですが、相談者様が困られている「車の運転に(高速道路)不安」という症状は、特定の恐怖症(単一恐怖)によるものであると思われます。

 

************************************************

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における特定の恐怖症(単一恐怖)の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

 

1. 特定の対象や状況に対して、理屈に合わない強い恐怖を感じる。

2. ほとんどの場合、すぐに強い不安に襲われ、パニック発作が生じることもある。 本人も頭では、恐怖を感じるようなことではないとわかっているのだが、理屈よりも先に激しい恐怖に 打ち負かされてしまう。

3. 恐怖になる対象や状況を避けているが、強い不安や苦痛を感じながら耐えている。

4. 1~3のために、日常生活や仕事・学校、対人関係などで支障がある。

5. 18歳未満の場合、6ヶ月以上続いていること。

6. また以下のような疾患では説明されないこと。パニック障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害、分離不安障害など。

************************************************

高所恐怖症や閉所恐怖症のひとつですが、実は恐怖症には数えきれないくらいの種類があります。

http://www.knghych.net/kyouhusyou%20syurui.html

 

その中で、運転恐怖、自動車恐怖、高速道路恐怖は比較的一般的なもので(インターネットでこのキーワードで検索をかけると多くの情報がヒットします)、状況型という病型に含まれます。

http://www.fuanclinic.com/ronbun/r_12.htm

 

恐怖症の治療方法としては、精神安定剤による薬物療法が即効性がありますが、精神安定剤は服用中の車の運転が禁じられますので、運転恐怖の場合には使えないことになります。

カウンセリングや、曝露反応妨害法と呼ばれる精神療法が有効ですので、恐怖症治療を扱う心療内科やカウンセリングルームを検索されて(JustAnswerでは特定の医療機関の紹介は行っていません)、受診・相談されてみることをお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

追補です。ご参考まで。

 

「高速道路恐怖症」のタグが付けられた質問

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E9%AB%98%E9%80%9F%E9%81%93%E8%B7%AF%E6%81%90%E6%80%96%E7%97%87

内科 についての関連する質問