JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

私の妻40才、女性、15年前に膠原病SLA(全身性エリテマトーデス)を発症。 15年前最初入院、多量ステロイドで症

解決済みの質問:

私の妻40才、女性、15年前に膠原病SLA(全身性エリテマトーデス)を発症。
15年前最初入院、多量ステロイドで症状 をおさえ退院後は、徐々にステロイドの服用が
へり、それから5年後の10mg/日くらいになったころに第一子を出産、その後、
合計3人の子を無事出産、現在、10歳、8歳、7歳の子供がいる。(全員薬の作用はなし)
よって、幸い軽症なSLAではと思っています。
5年前からニュージーランドに移住。さらに薬の量はへり、現在ステロイドは4mg/日くらい。
(SLA自体はおちついていて、骨密度がさがっているといわれている程度。骨密度用の薬は飲んでいる。
それいがいの目だったステロイドの副作用はなさそう。ただし、たまに、目が強膜炎になったり、
関節痛になったりする)。
NZの医者の方針でステロイドをより減らすためにSULFASALAZINEという薬を服用するように勧められたので、
半年前にSULFASALAZINEを、
1週目:500mgを夕方
2週目:500mgを朝と晩
3週目:500mgを朝、500mg×2を晩
4週目:500mg×2を朝、晩
という具合にSULFASALAZINEを増量していったところ、3週目の途中に、発熱、発疹、舌の痺れが
おき、独断でSULFASALAZINE投薬をやめた。
(そのとき、NZの医療システムにより、専門医には半年に1度しか会えないため、かかりつけの
家庭医(GP)にいって血液検査したところ、偶然単なる感染症ではといわれたがこわかったので
独自の判断でSULFASALAZINEをやめて。ステロイドをもとの量にもどした。やめたらすぐに
症状がなくなった。)
もうすぐ(明日)専門医の半年ごとの診察があって、SULFASALAZINEへの切り替えについて相談するが、
やはりステロイドからその薬に変えるべきか。もし、変えるべきならどういったことに注意
しながら切り替えていくべきか。(たとえばもっとゆっくりとSULFASALAZINEの量を増やし、
血液検査を2週間に一度やって、どういった数値をチェックしてもらうかなど)
http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen62/sen6219001.html
http://www.popjisyo.com/WebHint/AddHint.aspx?d=1&u=http%DANGEROUS URL REMOVED/pubmed/2877847
↑をみると感染症のような副作用もあるし、SULFASALAZINEなしでもステロイド4mg/日程度で
抑えられているのでそもそもSULFASALAZINEへの切り替えが必要なのか?ともおもっています。
(NZ医療ではステロイド服用はもっと減らしたいようです)

ニュージーランドの専門医を信 用してないわけではありませんが、NZの医療システムのため
半年ごとに会う専門医は毎回違うし、日本の通常のSLA治療でSULFASALAZINEは有効なのかどうか
といった観点からセカンドオピニオン的な意見をお聞きしたいところです。
あす、半年に一度の専門医との問診があるのでできれば早急(今日中に)返信をいただきたいです。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私は、在米の医師です。

どなたからも回答がないようですので、もしアメリカの実情でよろしかったらお話しますがよろしいですか。

Sufasalazineは、種々の疾患に使われていますがアメリカではSLEの治療薬としては第一線のものではありません。
一番一般的に使われているのはやはりステロイドです。

Sufasalazineは、それ自体SLEのような症状を引き起こすことで、Sulfasalazine-induced lupusのリサーチが行われているほどです。実際には稀なようですが、SLEの患者さんはSulfasalazineに対してアレルギーの出る患者さんが多いそうですよ。

かかっておられる専門医はもちろんSLEの治療において経験のある方なのでしょうから専門家ではない私からはなんとも言えませんが、個人的にはステロイド、それも少量のステロイドでSLEをコントロールできている奥様にはそのままステロイドを続けていただきたいと思いました。

余談ですが、私が今日勤務中、診察した患者さんの中にSLEの患者さんがおられました。
SLEのために、腎炎にかかり現在は透析を受けておられるということでしたが、その方はPlaquenilとステロイドを毎日服用されています。
個人的には、SLEに患者さんでSufasalazineを服用されているケースは見たことがないです。
SLEはほんとうにたいへんな難病ですが、今後も頑張って治療を続けていただきたいと思います。

http://www.med.ucla.edu/modules/wfsection/article.php?articleid=372
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験: 救急医、 准教授
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    救急医として内科の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    259
    救急医、 准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    49
    鳥大医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/reglus/2015-8-17_13620_defaultavatarx.64x64.png レグルス さんのアバター

    レグルス

    総合内科専門医

    満足した利用者:

    14
    平成6年医学部卒、医学博士、糖尿病学会専門医です。
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    33
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    16
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2779
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
 
 
 

内科 についての関連する質問