JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14315
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

首、脚、胸、背中などが急に異常凝ってしまいました。 ふらついて、ジャンプしたり走ったりできなくなりました。 呼吸も深

質問者の質問

首、脚、胸、背中などが急に異常凝ってしまいました。 ふらついて、ジャンプしたり走ったりできなくなりました。 呼吸も深いものは力を入れないとできません。 整体でマッサージを複数回行いましが改善しません。 内科で血液尿検査レントゲンは異状なしでした。
某知恵袋で聞いたらAISかもしれないと言われましたが、そんな急になるものでもないともいわれました。 原因が全く不明で不安です。 もしAISだとしたら、治る病気なのですか?  また、ほかにそれらしい病気はあるのでしょうか?
29歳 男
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

AISはこの場合は何の略ですか? 突発性側弯症でしょうか?

まずこの略称につき確認させてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
だそうです。 スペル違いましたね。
自分でもよくわからず聞きかじった言葉を使ってしまったのですいませんでした。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・ご確認ありがとうございました。

ALSの初期症状は頭頸部・四肢の筋萎縮・筋力低下ですから、相談者様が呈されている症状には当てはまらないと考えます。ちなみにALSは不治の病です。

走ることやジャンプすることまでが障害される筋緊張亢進ということであれば、単なる「凝り」で説明するのは難しいでしょう。
神経学的にもっとも考えられるのは錐体外路と呼ばれる、脳から脊髄を下る筋緊張を司る神経経路の障害です。
たくさんの病気があるので、そのすべてを挙げることはしませんが、通常の中ではなく、神経内科を受診されることを強くお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。

参考サイト:錐体外路系変性疾患
http://www2b.biglobe.ne.jp/~kondo/kougi/kiteikak.htm
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

内科 についての関連する質問