JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

顔面がしびれている

解決済みの質問:

顔面がしびれている
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し周辺情報を下さい。

■差し支えなければ、相談者様のご年齢と性別を教えて下さい。

■糖尿病や高血圧、その他の持病はございませんでしょうか。

■「しびれる」というのは、感覚が麻痺しているのでしょうか。ピリピリした感覚があるのでしょうか。

■症状はある日突然始まりましたか? それとも徐々に現れて悪化しているでしょうか。

■ご相談の問題で既に医療機関にかかられている場合、そこでの診断と、お薬を処方されている場合は その内容と1日量を教えて下さい。

■上記以外に現在服用されているお薬があればその内容と1日量を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

有り難うございます。

 

年齢 72歳 性別 男

 

顔のしびれは2年程前からです。(しかし初めは違和感程度で”しびれ”という感じではなかった)

現在のしびれは感覚が麻痺している状態です。鼻の周辺・上唇が顕著です。最近は

 

上唇と歯の上部が感覚が麻痺してます。(食事がしぬくいです)

 

診療科はアレルギー科(金属アレルギーのパッチテストで判別されました)薬は

 

リザベンカプセル100mg・1日3回です・・・・効き目無し

 

脳内神経科はMRI・免疫生血液検査したが異常無しでした。処置無し,経過観察状態

 

耳鼻咽喉科は軽い蓄膿症があるので治療しています。その他は異常無しの判断です。

 

心療内科でも異常無しでしたしばらくしてMRI・血液検査をする予定ですが多分経過観察と

 

なるでしょう。(先生もそのように言っていました)

 

不整脈等治療でバイアスピリン錠100mg 1錠/日・メバロチン錠10 1錠長年服用

 

昨年年末から急にしびれがひどくなりました。他に涙が出やすい・・・鼻水がでるのでチュンチ

 

ュンとしています。他に起床じには痰がでます。

 

以上です。宜しくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
ご返信・追加情報ありがとうございました。

このあと回診ですので、午後からの回答とさせて下さい。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

お待たせしました。

 

結論から申し上げますと、既に受診されているとのことですが、脳神経外科か神経内科(心療内科ではありませんのでご注意ください)を受診され、橋(きょう)・延髄・上部頚髄部分を中心にMRI検査で詳しく調べていただくことをお勧めします。

心療内科に行かれる必要はないと考えます。心理的要因で起こる病気だとは思われません。

 

顔面の知覚は、末梢神経としては、有名な三叉神経によってよって司られています。

三叉神経は、文字通り顔面に出てから三本の枝に分かれ、

http://atoyofpsd.net/brain/image/nerve_01.gif

それぞれの枝(第1枝、第2枝、第3枝)が数のように帯状に顔面の感覚を司っています。

http://health.goo.ne.jp/medical/data/080931000_09.html

 

したがって、相談者様が困られてる顔面の感覚異常は、三叉神経の障害では説明がつきません。

鼻や上唇を中心とした顔面中央部から放射状に広がる感覚障害は「タマネギ様(オニオンーパール状、onion-peal patternあるいはonion-skin pattern)の感覚解離」と呼ばれ、

http://www.neurology.org/content/77/8/e45/F2.large.jpg

http://images.wikia.com/psychology/images/2/29/Onion_Skin.png

三叉神経のもっと上流、すなわち橋(きょう)・延髄・上部頚髄の障害で生じるものです。

 

このタイプの顔面の感覚障害を呈する代表的な疾患に脊髄空洞症や延髄空洞症、ムチウチ症の後遺症などがありますが、これらの病気は顔面の感覚障害以外の症状も伴いますので、相談者様には当てはまりません。

 

いずれにせよ、わかる人にはわかる症状ですので(脳外科医でも、知らない医者は知りません)大学病院の神経内科を受診されて、予診表に「2年ほど前からオニオンーパール状の顔面の感覚異常がある」と書かれるのがいちばん話が早いであろうと愚考致します。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問