JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医として内科の患者を診察しています。
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、 准教授
61793059
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

92才(女)2011年12月16日脳梗塞の疑いで市立病院に入院しましたが検査結果は体内バランスの悪化との診断で加療

解決済みの質問:

92才(女 )2011年12月16日脳梗塞の疑いで市立病院に入院しましたが検査結果は体内バランスの悪化との診断で加療が始まり年末に胃瘻手術を行いました。問題はやはり同年末より右足首に鬱血が見られ年明け第1週目にはどす黒くなって来ました。医者に聞くと動脈硬化だと言い壊死していると言う。壊死の原因はと聞くと動脈硬化と言い。動脈硬化の原因はと聞くと歳(92)だからと言う。あまりにも早い壊死なので直接の因果関係が何であるか突き止めたい。考えられるのは処置として右足に施した点滴で注意を怠った結果ではないかと思い質問します。つまり点滴→動脈硬化→壊死が起こり得るのかどうか。点滴時の注意義務があるのかどうか。2012年1月30日母は右太腿より切断します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいと思います。
大変なことになりましたね。

お母様はどのような健康状態でしょうか。
糖尿病はありますか。

過去の既往等を詳しく教えていただけますでしょうか。
特に糖尿病では足の切断に至るケースがよくありますので。

よろしくお願いいたします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
あと伺いたいのは、鬱血のあった場所は点滴の場所と一致するのですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

2005年に認知症発症現在要介護5認定、既往症は特にありません。が2011年5月に右大腿骨骨折24日間の入院加療がありました。今回は入浴介助(介助員と私の二人)中の出来事で足も綺麗でした。が冷え症なのか足先は冷たかったです。直接の因果関係が理解出来れば私自身納得して30日のオペに臨めると思います。宜しくお願いします。

鬱血場所と点滴場所は一致してます。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

もう一つ質問なのですが、点滴はどの時点で始まり、どの時点で鬱血が起こりましたか。だいたいの日にちがわかれば教えてください。その点滴はどれくらいの時点で外されたのでしょう。鬱血が起こ った時も点滴は入っていましたか。そのあと赤みを持ったり熱を持ったり、腫れたりはしましたか。

私のこの質問の意図は点滴の場所に静脈炎以上の感染症のようなことが起こっていたかどうか知りたいのです。

何しろその場で看護や診察をしているわけではないので情報はあればあるほど助かります。

それはそうと足の血行はあまりよくなかった様な印象ですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
Dr。の言われる様に血行は良くなかった様です。点滴については入院後始めは腕でしたが、軽度の鬱血や腫れがあり点滴場所を足に移したものと思われます。年末に一度見ましたがそれきりです。ご教示願いたいのは壊死と云うのはさほど急に(母の年齢も含め)進行するものかどうか、私自身納得出来ればと思いハキとしない情報で申し訳ありませんがよろしくおねがいします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
血行がよくなかったことがおそらく不幸な結果になったのだと思います。
ただし、点滴の場所の様子がもう一つわからないの で何とも言えませんが、血行が悪ければ悪いほど何かのきっかけで壊死が起こりその進行も速いです。
主治医のおっしゃる様にお年であること、血管も動脈硬化もあり、血行も悪いとなれば進行は速かったかもしれません。
ただし、点滴のサイトを看護師がいつもチェックしていたかは今となってはよくわからなくなってしまいましたね。点滴の入っているうちにおそらく静脈炎が起きてそれがきっかけでそうなったのかもしれませんがそれも証明し難いです。
詳しいことがわからないので私に言えることは限られていますが、いかがでしょう。
docmmartをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問