JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山先生へ

解決済みの質問:

あけましておめでとうございます。 去年は大変助けていただいて助かりました。ありがとうございました。 今年もなにかと先生にはお世話になることがあるあもしれません。よろしくお願い致します。 さて、胃腸のほうなのですが、薬のおかげとゆうのかわかりませんが、だんだん胃の調子がもどってきました。 そしてもう一度受診したときは、すこし便秘気味だったので、腸の音がごろごろしてるといわれ、2週間分のラックビーNとコロネル500とゆうのを処方されました。 そして、その受診したときに調子はよくなってきたのですが、念のためと自分から内視鏡もお願いしました。 明後日の12日の朝に予約をしたのですが 今日、主人と妊娠する可能性がある性行為がありました。 なので、今日は薬も飲んでいないのですが、つぎの生理がくるまで、2日後の内視鏡も見送りにしといたほうがよいでしょうか。 子供はできてたらとてもうれしいです。 妊娠はまだしたことないのですが、もし今日のことで子供ができていたらと思うと、内視鏡は麻酔も使うようなので、心配になりました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
というわけで、こちらの回答をさせていただきます。

妊娠とお薬、検査に関してです。

まずお薬ですが、ラックビーとコロネルという組み合わせは相談者様の胃腸症状によく合ったものだと思います。過敏性腸症候群によく用いられます。
ラックビーはビフィズス菌ですので、妊娠されていても服用していて大丈夫です。
コロネルはアメリカ食品医薬品局(FDA)の妊娠カテゴリーで「C」と分類されています。これは、「動物実験においては、胎児に対する危険性が発見されているが(奇形児や未熟児、その他の影響)、妊婦における臨床検査がなされていないもの。もしくは、動物実験も妊婦における臨床検査も行われていないもの。“C”と評価された薬は、その薬の有益性が胎児に対する危険性を上まわったときだけに処方されるべき である」という意味です。
たぶん服用していても問題はありませんが、相談者様の場合、このお薬を服用していなくても日常生活上大きな影響は無いかと思われますので、「薬の有益性が胎児に対する危険性を上まわ」るとは言えないと思いますから、中止されて正解かと存じます。

内視鏡検査に用いる麻酔は粘膜に対する表面麻酔ですが、若干量は血中に移行しますし、急を要する検査ではありませんから、これも妊娠していないことが分かった時点で行うことにされるた方がいいと思います。

ちなみに妊娠判定薬の検査施行時期は「推定排卵日もしくは性交日の2週間後以降」です。念のため。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
どうもありがとうございます!

とても参考になりました!

それでは今日から二週間後ぐらいに妊娠検査をしてみます。

そして明日になったらひとまず内視鏡はキャンセルすることにします!

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。
少しでもご参考になったのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

ご不明点がなければ、適切な処置の後、スレッドを閉じていただけますようよろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

内科 についての関連する質問