JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

耳鼻科カテゴリーかもしれませんが、見当たらないのでここで質問致します。当方、吹奏楽器(サックス)を習っているのですが

解決済みの質問:

耳鼻科カテゴリーかもしれませんが、見当たらないのでここで質問致します。当方、吹奏楽器(サックス)を習っているのですが、20分くらい練習していると空気がうまく口から吹き出せなくなって、鼻からもれるようになります。へんな例えで申し訳ありませんが、豚の鳴き声のような音と一緒に。。。素人考えですが空気を鼻から出すか口から出すかを司る弁のようなものがあってそれが上手く働かなくなっているような気がします。しかしこの症状はしばらくすると治ります。治療を受けた方がよろしいでしょうか?アドバイスをお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
明けましておめでとうございます。猫山です。
そう言われてみれば、耳鼻科カテゴリ、無いですね。

ご質問の件ですが、「病気ではない けれども治療は可能」な状態であろうと思われます。 咽頭の構造上の問題で、相談者様は口狭(軟口蓋の縁と舌根とで囲まれた空間)が狭い(口狭部狭小 )のだと推測されます。
http://img3.gallery.1kakaku.com/jp/imgs/565666.jpg

軟口蓋の構造物が長くて、平素は問題がなくとも、その部位を挙上しておく筋肉が疲労すると下がり気味になり、仰るように弁のような働きをして、喉から口への呼気が妨げられ、鼻に抜けてしまうのだと考えられます。音楽をされている方でしばしば聞かれる現象です。

改善する方法は、その構造物の一部を切除する手術(軟口蓋・口蓋垂形成術)です。 手術自体は難しいものではありませんが、100%の改善率が見込めないことと、若干声が変わってしまうことがリスクとなります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問