JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

85歳の女性です。 5年前に骨髄検査で骨髄性異型症候群の疑いを指摘されましたが、その後血液検査で経過をみていました

解決済みの質問:

85歳の女性です。
5年前に骨髄検査で骨髄性異型症候群の疑いを指摘されましたが、その後血液検査で経過をみていました。
1か月前、あまり熱が出ず喉が腫れ、耳も聞こえなくなる風邪をひきました。
掛かりつけ医で治療を受け風邪は治ったと診断されましたが、2週間前、意識を失い総合病院に緊急入院しました。
当初、脳梗塞や感 染症を疑い色々検査を受けましたが、どの薬も効果がなく熱が上がったり下がったりです。今は投薬で熱が下がった状態にしています。
ひどい貧血もあり、輸血もうけました。
症状からみて、やはり骨髄性異型症候群の疑いが濃厚と思われるのですが、
本人が以前受けた胸から針を刺しての検査に恐怖心を抱き、拒絶しています。
専門科を紹介してほしいと考えているのですが、負担の少ない検査はないのでしょうか。
又、3日前より時々寄り目になります。
年寄の表情になったのかと思っていましたが、物が二重に見えるといいます。
それも心配です。20年ほど前に白内障の手術を受けています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

まず、「胸から針を刺しての検査」(骨髄穿刺)ですが、たしかに患者様にとって負担が大きい検査です。しかし診断のためには骨髄を採取する必要があるので、この場合、骨髄穿刺は不可避だと思われます。
大人の場合、骨髄が採取できる場所は限られていますので、胸骨からの採取が難しい場合、腸骨(骨盤)からの採取を勧められてみてはいかがでしょうか。

眼の症状については典型的な動眼神経麻痺だと思われます。
これは白内障とは関係はないと思われます。早急に神経内科か脳外科を受診されることをお勧めします。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問