JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

アレルギーの症状でナゾネックスを使用した処 鼻おでこ頬が痛くなり今使用を止めても治りません。どう治療したらいいでしょ

解決済みの質問:

アレルギーの症状でナゾネックスを使用した処 鼻おでこ頬が痛くなり今使用を止めても治りません。どう治療したらいいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

ナゾネックスは、1日何回噴霧し、どれくらいの期間使用されていましたか?

また、ナゾネックスを使った対象の「アレルギーの症状」はどのような症状だったのでしょうか(鼻閉? 鼻汁?)。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

一日1回1噴霧×2 37日間です。アレルギーの症状は鼻汁と耳のつまり、嗅覚障害です。

もともと喘息がありアレジオンとシンクレアとキュバールで対応出来ていたのですが?

アレルギーの目薬をさして5日目鼻水が水のように出てPLで対応したところそのあと耳が痛くなり詰まってしまったのです。その後アデホスコーワ、メチコバール服用その後嗅覚がしなくなりムコダイン追加その後ナゾネックスを使用しました。よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
追加情報ありがとうございました。

恐らくは、サイナス・スクイーズと、それに伴う耳管狭窄を起こされているのではないかと考えます。

頭痛・顔面痛の位置は、相談者様もお察しの通り、副鼻腔と一致します。しかしCTでは炎症がないことは確認されています。

副鼻腔のうち上顎洞・篩骨洞・蝶型洞は中鼻道鼻腔と自然口という孔で、前頭洞は中鼻洞前部に鼻前頭管という孔でつながっています。この孔が炎症などで詰まった状態で気圧の変化が生じた場合に起こるのがサイナス・スクイーズで、飛行機に乗って上空で気圧が下がったり、ダイビングで海に潜って水圧がかかることで起こるのが大半です。

つまり、通常ならば自然口や鼻前頭管を通じて鼻腔に抜ける空気が副鼻腔内に閉じ込められるために、相対的に圧が高まって副鼻腔の粘膜を内部から圧迫して、強い痛みが生じるのがサイナス・スクイーズの本態です。

相談者様の場合、嗅覚障害を起こしていることから嗅粘膜に炎症を起こしている可能性は高いと思われます。恐らくアレルギー性の炎症が鼻腔内に広く起こっており、そこに開口する自然口や鼻前頭管、そして耳管が粘膜の腫脹によって詰まっているのではないでしょうか。
こうなると平地のわずかな気圧変化でも頭痛や耳閉は起こりえます。

ナゾネックスによってこのような状態になったというよりは、ステロイドの点鼻が必要なほどのアレルギー反応が起きているためにこのような状態になったと考えるべきでしょう。
むしろステロイドは使用するべきですが(点鼻ではなく服用の適応かもしれません)、対症的には副鼻腔炎や耳管狭窄に準じた治療を行い、通気をしてもらうべきでしょう。
CTでは所見が無かったとのことですが、私は、副鼻腔の炎症は起こっている可能性が高いのではないかと推察します。
気管支喘息を持たれている方の副鼻腔炎は難治化しやすいので、あらためて耳鼻科を受診し(セカンドオピニオンを受ける意味で他院でもいいかもしれません)、再度検査を受けられるべきかと存じます。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10C21100.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません詳しい説明をするべきでした。セカンドオピニヨンを受けてMRIをとりましたが以上ないとの事なのです。今は嗅覚も戻り耳の詰まりもたまにある程度で鼻水、くしゃみも1日1・2回程度なのにおでこと鼻の痛みと圧迫がとれないのです。過敏症状で神経が痛みを覚えているのでないかと言われたのですが・・治す方法はありますでしょうか?お手数お掛けしますがもう一度回答お願いします。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
このサイトで相談を受けていると、情報の時間的前後関係が混乱するのはしばしばあることなのでお気になさらず。

たしかに、痛みの原因となる刺激が現在すべて取り除かれている、もしくは刺激に不相応に痛む、ということであれば神経障害性疼痛がもっとも考えられるでしょう(「過敏症状で神経が痛みを覚えている」というのはこのことです)。
痛みを感じる部位の神経に障害を生じていることもあれば、痛みを伝える脊髄の経路に変性が生じて痛みの誤送信が起こることもあります。
http://merckmanual.jp/mmpej/sec16/ch209/ch209c.html

神経障害性疼痛だとしたら、耳鼻科ではなくペインクリニックを受診されるのがよいでしょう。
治療薬としては最近ではリリカというお薬が認可を得て広く使われていますし、他にも有効なお薬はございます。

若干遠回りをしましたが、できれば耳鼻科から紹介状をいただいて、一度ペインクリニックを受診されてみてください。
猫山司をはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問