JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

ご担当者様 数年前、写真家に費用をお支払いして、撮って頂いた写真をWEBサイトに掲載しておりました。

解決済みの質問:

ご担当者様
数年前、写真家に費用をお支払いして、撮って頂いた写真をWEBサイトに掲載しておりました。
そのWEBサイトはすでに閉鎖したのですが、写真は電子データとして残しておりました。この写真を別のWEBサイトで再利用したく、写真家に承諾を得ようとしたのですが、
既に逝去されていることが判明し、ご遺族含め、電話番号、住所にも連絡を試みましたが、
残念ながら連絡がつきませんでした。この状況で、別のWEBサイトで利用し、ご遺族がお気づきになり再利用していると
連絡があった場合、どのようなアクションが必要でしょうか。
また、当方に何らかの不利益は発生しますでしょうか。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 1 月 前.

著作権は、相続されますので、現在はご遺族がその写真の著作権を保有していると考えられます。

(譲渡された場合等、権利者が変わることもありますが)

ですので、現在権利を持っている遺族から許諾を得るのが原則です。

無許諾で当初の取り決め以外のことに使えば、著作権の侵害となり、参考にされたサイトのような罰則もあります。

では、連絡がつかない場合、どうしようもないのかというと、そうではありません。

「裁定」という制度を利用すれば、連絡がつかない場合でも、合法的に写真を使うことが可能です。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/chosakukensha_fumei/

http://www.kottolaw.com/column/000155.html

この制度の利用も難しい場合は、後から利用料を支払うのを覚悟のうえで、別サイトで公開してしまい、権利者から連絡があった場合に対処する、という方法を採るのも一案です。

権利者が怒って、損害賠償を請求してくるリスクも考えなければなりませんが……

そのリスクがなさそうならば、やってしまう、というのも方法の一つです。

yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;回答ありがとうございました。十分納得しました。

特許・商標・著作権 についての関連する質問