JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

patent777に今すぐ質問する

patent777
patent777, 弁理士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 393
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

母方の祖母が亡くなって5年。祖母は、生前川柳の会に所属し、20年ほど書きためた、たくさんの句を一冊の本にまとめ平成17年

質問者の質問

母方の祖母が亡くなって5年。祖母は、生前川柳の会に所属し、20年ほど書きためた、たくさんの句を一冊の本にまとめ平成17年に「こころざし」という句集を作りました。川柳大会などで賞をとったりもしています。一番大好きだった祖母のその句集を読むたびに、昔を思い出します。句集は何冊印刷したかはわかりませんが、川柳の会の人や、知り合い、親戚に分けただけの、世に出てない(売り物ではない)本です。
母とみていた時に、これ、ブログで紹介してみんなに読んでもらえたらいいよね、なんて話をしていました。例えば、その句集を、私のおばあちゃんが書きました、として、私のブログなどで勝手に取り上げることは、著作権にひっかかるのでしょうか?私は長女の孫で一番可愛がられてはいましたが、外孫です。(そんとこ関係しますか?)
よろしくお願いします。
投稿: 6 日 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 6 日 前.

知的財産権を専門とする者です。

その川柳やその句集の著作権を誰が相続したのかが問題となります。

そして、その著作権を相続した者が現在の著作権者となりますので、その著作権者の承諾を得る必要があります。

その著作権を複数の方が相続した場合には、その著作権は共有著作権となりますので、その場合には、共有者全員から許諾を得る必要が出てきます(著作権法65条2項)。

なお、著作権は句集に収められている個々の川柳それぞれに発生しています。そのため、例えば、川柳が100句あったとしたならば、100の著作権が生じます。

また、それらの川柳をまとめた句集につきましても、編集著作物となる場合には、1の著作権が生じます。

この編集著作物とは、著作権法上次のように規定されています。

「編集物・・・でその素材の選択又は配列によって創作性を有するものは、著作物として保護する。」(同法12条1項)。

そのため、その句集が素材である川柳の選択または配列について創作性があるものにつきましては、編集著作物として、1の著作権が生じることとなります。

単に、祖母の方が創作した順番に(古い順に又は新しい順に)収録しているといったものでは創作性はないと予想されますので、著作権は生じていないと思われます。

よって、個々の川柳についての著作権を相続した者が著作権者となりますので、その方の許諾を得ることが必要となります。そして、共有著作権である場合には、全員の許諾が必要となります。

さらに、編集著作物の著作権がある場合には、そこに収録されている川柳のいくつかのみを利用する場合には、編集著作物の著作権者の許諾は不要ですが、その創作性ある選択または配列をも利用することとなる全部または複数の川柳を利用する場合には、編集著作物の著作権者の許諾も必要となってきます。

なお、例えお身内の方が著作権者であったとしても、その方の許諾を得ずに川柳をブログなどのネットにアップしますと、著作権のうちの公衆送信権(同法23条)と抵触してしまいますのでご注意してください。

専門家:  patent777 返答済み 6 日 前.

回答内容について何かご不明な点がございましたらご質問してください。

特になければ誠に恐縮ですが、評価していただけませんでしょうか。

評価していただかなければ専門家には料金が支払われないこととなります。

ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、評価の仕方が分からないとか、システムの不具合で評価することができないと

いった理由が生じている場合にも当方へご連絡していただければ対応いたします。

質問者: 返答済み 2 日 前.
26089;速の回答ありがとうございました。著作権を相続したものが、著作権者ということは、子供3人、(母と母の妹と弟)ということになるのでしょうか。母や、伯母さんたちは、「そういう風に紹介してくれると、お墓の中でおばあちゃんも喜ぶと思うよ」と言ってくれていますので、承諾を得ているということになるのでしょうか。
また、私のものとして紹介するのではなく、祖母が書いたと、祖母の紹介もして載せるのですが、亡くなられた人の紹介は個人情報となってしまうのかなとも思うのですが、相続した子供たちがいいとすれば、大丈夫なのでしょうか?
専門家:  patent777 返答済み 2 日 前.

一般的には、民法で定められている遺産を受け取れる可能性がある範囲の人(相続人)のことを法定相続人といいますが、一番優先順位の高いのが配偶者(本件ではなくられました祖母の配偶者である祖父)ということですが、祖父がなくられている場合には、お子さんということになろうかと思われます。

そうしますと、お子さんが三人おられるのでしたら、お三方で著作権を相続したものと推測されます。そのためそのお三方の共有著作権ということになりますので、そのお三方の承諾を得ておけばよろしいかと思われます。

お身内ということで信頼関係が深い場合には、口頭で承諾を得ても契約として成立しますが、万万が一、後になって問題が生じた場合には、言った言わないといったことが起きることも予想されます。その場合には、書面などで契約を交わしておけば問題の解決がスムーズにいくものと思われます。

なお、遺言状があれば、それが最優先されます。厳密に相続者をお調べになるには、なくなった方 と 相続人の戸籍類から、相続人を判断するようですが、当方は知的財産法の専門であって、相続などの民法についてはあまり詳しくないことご了承ください。そのため、上記は一般論としてご説明させていただきました。

それから、著作者である祖母の方には、著作権の外にも著作者人格権という権利もございます。この人格権は著作者の一身に専属し、譲渡することができません(著作権法59条)。

また、この著作者人格権は著作者(祖母の方)が亡くなられた後におきましても保護されるものです(同法60条)。

「著作権法60条

著作物を公衆に提供し、又は提示する者は、その著作物の著作者が存しなくなった後においても、著作者が存しているとしたならばその著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならない。ただし、その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。」

そして、この著作者人格権には氏名表示権という権利があります(同法19条)。

「著作権法19条

著作者は、その著作物の原作品に、又はその著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名若しくは変名を著作者名として表示し、又は著作者名を表示しないこととする権利を有する。その著作物を原著作物とする二次的著作物の公衆への提供又は提示に際しての原著作物の著作者名の表示についても、同様とする。」

そのため、以前配布した句集に祖母の方のお名前を載せていたのであれば、ブログ紹介時にのせてもこの氏名表示権に反することはないと思われます。

また、句集では祖母の方のお名前を載せていなかった場合であっても、ご遺族の方が許諾をすれば問題はないと思われます。

専門家:  patent777 返答済み 1 時間 前.

再三の催促で申し訳ございませんが、本回答を見ていただきましたら、評価の方をよろしくお願い致します。

評価をしていただかなければ専門家には報酬が支払われませんことを再度申し上げさせていただきますことご了承ください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    227
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士

    満足した利用者:

    392
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3234
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問