JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
62663831
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

1986年に私が演奏しているライブ盤CDがこのたび再発されることになりました。

解決済みの質問:

1986年に私が演奏しているライブ盤CDがこのたび再発されることになりました。
法的に発売を中止させることはできますでしょうか?
また、発売された場合、印税などの請求はできるのでしょうか?
作曲者、作詞者は私ではなく、そのバンドのリーダーであった人です。
プロとして契約を交わして活動していたわけではなく、アマチュアの延長線上の活動でした。
私の名前はCDにクレジットされております。
当該CDはマニアの間ではいまだにある程度の需要があるらしく、来月11月に再発されることになったようですが、私は関係者からは何も聞いていません。
今どきはFace Book等で検索すれば簡単に連絡は取れますが、元メンバーとの関係が悪く特に連絡は取り合っていません。
私としては過去のことを一部のファンに蒸し返されたくなく、またギャラなど一切受け取っていないので大きな不満があります。
再発の時期が迫っているため多少焦っています。
よろしくご助言の程お願い申し上げます。
投稿: 12 ヶ月 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  houmu 返答済み 12 ヶ月 前.

作詞者、作曲者などの著作者には著作権があります。そして、演奏などをされた実演家の方に対しては著作隣接権が認められています。

しかし、著作者の権利と実演家の権利には大きく違いがあり、著者者の場合は継続的な権利として、複製、利用などについて、その都度使用料を求めることができますが、実演家の方については、ワンチャンス主義といいまして、収録時の契約がすべてという形になっています。したがって、収録の際に、利用の都度いくらというような契約を締結していない限りは、継続的な使用料を請求する権利は、残念ながら認められておらず、発売について、同意や拒絶する権利も(契約上定めていない限りは)ありません。

質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
12372;連絡ありがとうございます。
特に契約をしていたわけではありませんので、私には権利がないことを理解いたしました。
CDにクレジットされる場合のプライバシーは問題とされないのでしょうか?
住所や電話番号が記されているわけではないので、プライバシーと言わないのかもしれませんが。
専門家:  houmu 返答済み 12 ヶ月 前.

・そもそも著作権や著作隣接権では、氏名表示権も認められており、この表示権の中には、実名ではなく芸名での表記を求めたり、あるいは匿名を求める権利も含まれていますが、基本的には私が作者だと主張したいであろうというのが前提としてあり、プライバシーを考慮した法律体系にはなっておらず、むしろ、やむをえない事情がない限りは、きちんと表示しなさいと定められています。

・実演家の氏名表示権が認められたのは2002年からであり、法改正以前の作品であることから、氏名表示権を根拠として、表示の削除を主張することは残念ながら難しいと考えられます。

しかし、基本的には表示義務や慣習があること、表示によって権利者に敬意を表することを目的として表示しているわけですから、きちんと要望を伝えれば対応してもらえる可能性も十分にあります。氏名の表示を望まれないということであれば、削除を求めたり、芸名を考えて、そちらでの表記をお願いする余地はあるものと考えられます。

houmuをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問