JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

はじめまして。 以下ご相談申し上げます。

解決済みの質問:

はじめまして。
以下ご相談申し上げます。
昭和初期の曲「愛して頂戴ね」(jasracコード000-0065-5)をネットアニメに使用したかったのですが、曲の著作権は消滅していますが、詞の著作権は切れていません。
そこで、新しい詞を自分で作って曲に載せようと考えています。
しかし、「替え歌」は権利者の許諾が必要とか。
上記のケースは替え歌に相当するのでしょうか。
そもそも上記のケースは知的財産を侵害していませんでしょうか。
アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.

知的財産権を専門とする者です。

音楽は、歌詞と楽曲から構成されていますので、外見上は一個の著作物ですが、歌詞だけ、または楽曲だけでも利用できるものです。

このように分離して利用できる複数の著作物を含む著作物を結合著作物といいまして、歌詞の著作権と楽曲の著作権の二つの著作権が存在します。

そこで、歌詞について、替え歌を作る行為は、「翻案」に該当し、歌詞の著作権のうちの翻案権と抵触する可能性がでてきます(著作権法27条)。

この「翻案」と申しますのは、最高裁の判例では、次のように判示されています。

『先行する原著作物(元の歌詞)に修正増減を施し、新たに創作性のある表現を付加(替え歌)しても、それが、原著作物に依拠し、かつ、原著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することができる場合をいいます。』

この翻案は、複製といえるほどには原著作物と近似していないが、全く別の著作物ともいえない著作物。あるいは、複製といえるほどではないが、それでもなお、二次的著作物(替え歌)から原著作物(元の歌詞)を直接想起させるほどに似ているといったようなものです。

そのため、元の歌詞とは全く異なる歌詞を新たに創作した場合には、それは翻案ではなく、新たな著作物となり、元の歌詞の作詞家さんの著作権(翻案権)を侵害することにはなりません。

一方、その替え歌が、元の歌詞を想起させる程度の改変である場合には、それは「翻案」となり、著作権を侵害してしまうことになってしまいます。

そのため、まったく異なる歌詞を創作される場合には著作権の問題は生じませんが、翻案となる場合には、著作権者の許諾が必要となります。

先ほども申しましたように、結合著作物を構成する個々の著作物は個別に利用できますので、その著作権や著作者人格権は各著作者が個別に行使します。したがいまして、作詞家から替え歌のための翻案権の利用許諾を受ける必要があります。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問