JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

こんなの法律違反ですか。

質問者の質問

こんなの法律違反ですか。
丸三証券に口座を開設しています。ログインして日経テレコンの記事を調べ、IT関連記事を抽出する。そのタイトルを検索エンジン入力し検索結果を友人(役100人)にメールする。
メールする内容はタイトルのみです。受信した人は頃をコピーして検索し記事を読む。
目的は我々60代後半の人はIT関連には疎い。少しでも知識を得ることによって、脳を刺激し健康寿命が伸ばせ本人も幸せになる。ひいては、現役世代の方の足を引っ張らない。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.

知的財産権を専門とする者です。

著作権が問題となる事案ですが、著作権は「著作物」に生じます。

「著作物」でなければ著作権は生じません。

ここに「著作物」とは、著作権法上以下のように規定されています(同法2条1項1号)。

「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」。

要は「創作性」があるかどうかということになります。

この「創作性」につきましては、高度な芸術性や創作をするに当たっての困難性といったものは必要としません。

先行する他人の創作物の模倣でないとか、ありふれたものでないとか、単なる事実をそのまま表現したものでない、といったものであれば創作的な表現として「著作物」となり、著作権が生じます。

そこで、本件におきまして、この著作物の対象となり得るものは、「IT関連記事」と「そのタイトル」ということになります。

一般的に記事につきましては、単なる死亡記事といったような事実の伝達にすぎない雑報や時事の報道につきましては、創作性がなく著作物にはなりませんが、「IT関連のような記事」につきましては、一般的には「創作性」が認められて「著作物」として著作権が生じるものと思われます。

一方、「記事のタイトル」につきましては、比較的短い文章であり、それに「思想又は感情」を「創作的」に表現するのは困難であるといわれていますので、俳句などのようなものは別としまして、「記事のタイトル」のようなものにつきましては著作権は生じていないとみてまず間違いはないと思われます。

そのため、著作物であるIT関連記事につきましては、媒体(紙、サーバー、パソコンなど)を問わず、それを媒体に複製しますと、著作権のうちの複製権と抵触し(同法21条)、また、記事をネットにアップしますと、公衆送信権(23条)と抵触することになってしまいます。

一方、記事のタイトルにつきましては、著作権は生じていないと思われますので、それを複製したり、ネットにアップしたりしても著作権と抵触することはありません。

そのため、ご質問にありますような、記事のタイトルを検索エンジンに入力(複製、ネットへのアップによる送信可能化)したり、ご友人にメールで送信したり(公衆送信)、ご友人様がそのメールを受信(自己のパソコン等への複製)しても、問題はないということになります。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12479;イトルをコピーしてもよいのですか。入力ミスがないようにコピーして貼り付けたいのです。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.

タイトルは記録媒体(紙、ハードディスクなど)の種類を問わず、コピーしても問題はありません。

一方、IT関連記事をコピーしますと著作権を侵害することになります。

もっとも、IT関連記事をコピー(複製)する場合であっても、私的使用の目的など一定の場合(同法30条等)には、著作権の侵害にはならないのですが、本件ではこれらに当てはまらないようですので、原則どおり、記事のコピーは違法となりますのでご注意してください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.

ご評価していただきありがとうございます。

お役に立てたようでなによりです。

また、知的財産について何かございましたら当方をご指名のうえご質問してくださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問