JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

過日、飛行艇写真の著作件についてご返答頂き現在、プラモデルメーカー「株式会社

解決済みの質問:

過日、飛行艇写真の著作件についてご返答頂き現在、プラモデルメーカー「株式会社 青島文化教材社」を経由し箱絵を描いた「絵描さん及びX氏」と質疑応答しています。
この「著作権」問題は写真撮影した私の問題と思います。今後、「絵描き屋さん及びX氏」と直接話し合いたいと考えます。
「絵描き屋さん及びX氏」の「氏名・連絡先(住所、電話、Eメールアドレスなど)を開示していただくにはどのように要求すればいいか?
また、「絵描き屋さん及びX氏」が開示を拒否した場合「(株)青島文化教材社」経由で配達証明郵便などで請求は可能でしょうか?
よろしくご教示お願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.

プラモデルメーカー「株式会社 青島文化教材社」は、「絵描さん及びX氏」と取引していますので、「絵描さん及びX氏」の住所等の情報は当然に把握しているはずであると考えられます。

そうしますと、まずは質問者様の飛行機写真を基にして箱絵を描いた「絵描さん及びX氏」と実際に取引しているプラモデルメーカー「株式会社 青島文化教材社」に対して、先日当方が回答した法的根拠及び、可能であれば箱絵の元となっている質問者様の飛行機写真を提示して、プラモデルメーカーに「絵描さん及びX氏」​の行為が著作権法違反であることを説明し、納得してもらった上で、そのプラモデルメーカー「株式会社 青島文化教材社」から、「絵描さん及びX氏」の住所等の情報を入手するといった方法が考えられるのではないかと思われます。

もし、プラモデルメーカー「株式会社 青島文化教材社」が「絵描き屋さん及びX氏」​の情報開示に協力してくれないのであれば、警察ないし検察に告訴する旨を伝えてもいいのではないかと思います。

著作権侵害は、刑事罰として、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこれの併科を科すことができます(著作権法119条)。

そして、著作権侵害は親告罪ですので(同法123条1項)、権利者からの告訴がなければ警察等は公訴を提起することができません。

そのため、権利者である質問者様が警察または検察に告訴すれば、刑事罰が適用されることとなります。

すなわち、質問者様には告訴する権利がありますので、その旨をプラモデルメーカー「株式会社 青島文化教材社」に伝えることで、真剣に取り組んでくれるということも可能となるかもしれません。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問