JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

市販の手芸本、ここでは刺繍の本なのですが、こちらに掲載されている刺繍のアルファベットサンプルを使用して革製品(キーホルダ

解決済みの質問:

市販の手芸本、ここでは刺繍の本なのですが、こちらに掲載されている刺繍のアルファベットサンプルを使用して革製品(キーホルダー)を作っています。身近な方に作り方を教えたり販売しておりましたが、販路が広がり現在ネットでの販売をすることとなりました。アルファベットの使用に関して、著作権の侵害等につながるのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.

アルファベットには、原則として著作権は発生しません。

明朝体やゴシック体のようなフォントにも、著作権は発生しません。

ただ、文字における「意味を伝達する」という機能を超えて、鑑賞にたえる美術作品といえる場合には、著作権が発生する場合もあります。

そこはケースバイケースの判断ですが、通常は、上記の通りです。

デザインが変われば、まず問題ないと言えます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12450;ルファベットが個性的で素敵なので、美術作品と言えないにしても鑑賞には値するかもしれません、、巻末には、
本書で紹介した作品の全部または一部を商品化、複製頒布、及びコンクールなどの応募作品として出品することは禁じられています。
と表記があります。
「刺繍で描くイニシャルとモノグラム」
マルティーヌ・バスティス/中山久美子ジェラルツ 著
文化出版局逆に、自分がデザインしたフォントを第三者が自由に使用しても著作権上問題は無いのでしょうか?
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.

> アルファベットが個性的で素敵なので、美術作品と言えないにしても鑑賞には値するかもしれません、、

最終的には裁判所が判断することなので、何とも言えませんが、ただ「鑑賞に値する」だけでは、著作権が発生するとはいえないケースが多いです。

> 巻末には、
> 本書で紹介した作品の全部または一部を商品化、複製頒布、及びコンクールなどの応募作品として出品することは禁じられています。
> と表記があります。
> 「刺繍で描くイニシャルとモノグラム」
> マルティーヌ・バスティス/中山久美子ジェラルツ 著
> 文化出版局

Amazonに掲載されていた画像を見てみましたが、この中には、著作権が発生するものと、しないものと、両方ありそうです。

やはりケースバイケースで判断する必要がありますね。

> 逆に、自分がデザインしたフォントを第三者が自由に使用しても著作権上問題は無いのでしょうか?

おっしゃるとおりです。

いわゆる「●●体」というフォントには、原則として著作権がないので、他人が使っても著作権侵害にはなりません。

そもそも、フォントは文字の機能を果たして意味を伝達することが目的なので、フォントのデザイン自体が美術作品というわけではないからです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうこざいます。
ケースバイケースというのでは曖昧で、今後の動きが決定出来ません。私共の場合が違法になるのかどうかを知りたいと存じます。どれだけの資料を揃えれば明確な答えが出るのでしょうか?別料金となるのであれば、その旨お伝え下さい。
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.

それが著作権を侵害するかどうかを判断する権限を持っているのは、裁判所だけなのです。

私や、他の弁護士が、「これなら大丈夫」「これは危ない」と言っても、裁判でひっくり返ることはあり得ます。

なので、断言はできないことをご了承ください。

ただ、著作権の問題は、リスクマネジメントです。

「過去の例から見て、これなら大丈夫。万一訴えられたらこういうふうに反論しよう」とか、

「これはちょっと危ないかもしれないけれど、まず訴えられることはないからやってしまよう」

「過去の例から判断すると、これは危ないからやめておこう」

というように、リスクを踏まえて判断することも重要になってきます。

著作権を侵害しそうだから、何でもやめておこう、というのは、もったいないです。

私の個人的意見でもかまわなければ、追加料金を頂いて、直接見せていただいて検討することは可能です。

ご検討ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
35242;切に回答して下さりありがとうございました。
とても参考になりました。
初めての利用でしたが、出来ることなら料金内で、何らかの方向付けが出ることを期待しておりました。事案はケースバイケースであるという意味もよくわかりました。
ありがとうございました。
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.

このサイトでは、これが限界なので、申し訳ありません。

私が直接ご相談を受ける時は、もう少し具体的にお話しできるのですが……

これで一区切りとなりますので、評価の入力をよろしくお願いいたします。

yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.

評価を頂きまして、ありがとうございました。

またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問