JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

ディズニーのキャラクターのシルエットを一部利用した図柄を使って、学校で行っているサークル活動のメンバーが着るTシャツを作

質問者の質問

ディズニーのキャラクターのシルエットを一部利用した図柄を使って、学校で行っているサークル活動のメンバーが着るTシャツを作成することは、問題ないでしょうか?
人数的には最大30~40人程度と考えています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。 著作権の保護期間が切れていないディズニーのキャラクターには、著作権があります。 そのようなキャラクターを複製したり、翻案したりする行為は、著作権のうちの複製権(著作権法21条)ないし翻案権(同法27条)に抵触してしまいます。 そこでご質問にあるようなキャラクターのシルエットをTシャツにプリントする行為が、この複製ないし翻案に該当するかどうかが問題となります。 まず、複製とは著作権法上では次のように規定されています。 「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいい・・・」(同法2条1項15号)。 また、複製概念を確立した有名な最高裁の判例では、複製とは「既存の著作物に依拠し、その内容及び形式を覚知させるに足りるもの」と判示しています。 質問者様が作成したシルエットから、元の著作物であるキャラクターの内容等を覚知させるのであれば、複製となる可能性があります。 続きまして、翻案についてですが、翻案とは、先行する原著作物に修正増減を施し、新たに創作性のある表現を付加しても、それが、原著作物に依拠し、かつ、原著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することができる場合をいいます。(この場合、後発の制作物に創作性が認められると原著作物に対する二次的著作物となります。) すこし、ややこしい表現で理解し難いかもしれませんが、大雑把に言いますと、複製といえるほどには原著作物と近似していないが、全く別の著作物ともいえない著作物。あるいは、複製といえるほどではないが、それでもなお、二次的著作物から原著作物を直接想起させるほどに似ているといったような感じです。 実際には、どのような行為が翻案に該当するかは、著作物の種類や表現態様などによって異なり、確定的な基準は存在せず、ケース・バイ・ケースで判断せざるをえません。また、複製と翻案の厳密な境界も存在しないのが実情です。 そのため、質問者様が作成したシルエットから原著作物であるディズニーのキャラクターを直感させるようですと、この翻案に該当することになります。 一方、複製の場合には、私的使用を目的とする複製であれば、複製権の効力は及びません(同法30条)(ただし、私的使用であっても翻案権については効力が及びます)。 「著作権の目的となっている著作物・・・は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。・・・」(同法30条)。 このうち「その他これに準ずる限られた範囲内」の解釈ですが、この解釈につきましては様々な学説があるのですが、大方は次のように説明されています。 「複製する者の属するグループのメンバー相互間に強い個人的結合関係のあることが必要で、部数を限定して友人に配布するような場合は私的使用の目的に該当しない。私的使用の目的に該当する典型例としては、社内の同好会とかサークルのように10人程度が1つの趣味なり活動なりを目的として集まっている限定されたごく少数のグループということ」、「これに準ずる限られた範囲内に該当するためには、相手方との間に家族に準ずる程度の親密かつ閉鎖的な関係があることが必要であり、相手方が不特定の者であってはならない。」というものです。 実際には、裁判所におきまして、事案ごとにケースバイケースで判断されることになりますが、上記のような解釈を基にして私的使用の目的となるか否かを判断しておけば、裁判所の判断と大きくことなることはないと予想されます。 本件では、学校のサークル活動のメンバー(30~40人程度)が着用することを目的として、複製するということですので、非営利ではあるのですが、不特定多数の者ないし特定多数の者に配布することを目的としていますので、この私的使用目的の複製には該当しないと予想されます。 そうしますと、本件では、著作権者の承諾を得るか、著作権の保護期間がきれている古いキャラクターを利用する場合を除き、かかる行為は著作権と抵触するおそれがあることになろうかと思われます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧に回答をいただきありがとうございました。参考になりました。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
お役に立つことができたようですので何よりです。また、何かございましたらご質問してください。

特許・商標・著作権 についての関連する質問