JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

初めまして、著作権のことでどのようにしたら良いのか分からず困っています。 子供向けのパネルシアターのレンタルを行いたいのですが、現在出版されている本の中から製作したものなどがあり

解決済みの質問:

初めまして、著作権のことでどのようにしたら良いのか分からず困っています。
子供向けのパネルシアターのレンタルを行いたいのですが、現在出版されている本の中から製作したものなどがあり、製作の仕方には、オリジナルに変化させていますが、絵の基本とお話は、そのまま使用しています。法律に触れてしまうことがあれば、その対処方法などをご指導いただけないでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。 結論から先に申しますと、対処方法としましては、①オリジナルから相当程度に変形させて使用するか、②著作権者の許可を得るか、③著作権の保護期間が切れたものを参考にするか、いずれかになると思われます。 出版されている本の中にある絵を変化させて使用する場合、その変化させた後の絵から、オリジナルの絵を直接感得させる場合(直観させる場合)には、その絵の制作行為は、著作権のうちの翻案権と抵触してしまいます(著作権法27条)。 ここに「翻案」と申しますのは、質問者様が制作した絵より先に創作された他人の絵に修正増減を施し、新たに創作性のある表現を付加しても、質問者様の制作した絵が、原著作物である他人の絵に依拠し、かつ、原著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することができる場合をいいます。 少し、ややこしい表現で理解し難いかもしれませんが、大雑把に言いますと、複製といえるほどには原著作物である他人の絵と近似していないが、全く別の著作物ともいえない著作物。あるいは、複製といえるほどではないが、それでもなお、質問者様の絵から原著作物である他人の絵を直接想起させるほどに似ているといったようなものです。 実際には、どのような行為が翻案に該当するかは、著作物の種類や表現態様などによって異なり、確定的な基準は存在せず、ケース・バイ・ケースで判断せざるをえません。 そのため、質問者様の絵から元の絵を想起させないほど変形することによって、この翻案権との抵触を回避することができます。 ストーリーについても絵と同じように元の本のストーリーを想起させない程度まで変えることによって翻案権を回避することができますが、そうなりますと全く異なるストーリーを作成することになり大変な手間がかかるかと思われます。 著作権で保護されるのは、「創作的な表現」ですので(著作権法2条1項1号)、創作性のない箇所はそのまま利用しても問題はありません。例えば、「昔々おじいさんとおばあさんが・・・」といったような、日本昔話に定番の表現については、著作権の保護を受けませんので、そのような話は利用しても問題はないということになります。 また、著作権法では、「アイデア」は保護されず、創作的な「表現」が保護対象ですので、出版本と実質的に同じストーリーであっても、その表現方法が異なっていれば、著作権とは抵触しないことになります。 例えば、「川上から大きな桃がどんぶらこーどんぶらこーと流れてきました」を「上流から大きなりんごがどんどこどんどこと下ってきました」といったように変えれることで、異なった「表現」となり、著作権とは抵触しない可能性があります。ただし、どの程度の変形で問題がないかの明確な線引きはなされていません。 それから、保護期間が切れている古い本であれば、その利用は問題ありません。例えば、日本の出版物であれば、原則として著作者の死後50年または公表後50年を経過している本の絵とストーリーの利用であれば問題はありません(著作権法51条~53条)。 その他の方法としましては、著作権者から許諾を得れば利用できることになります。その場合には出版社に問い合わせてみることになろうかと思われます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
細かいご説明をいただきまして、本当にありがとうございました。既に仕上がっているものもありますので、出版社の方に確認を行っていきたいと思います。また、これから製作するうえで気をつける点についてもご指導いただきまして本当にありがとうございました。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
評価していただきましてありがとうございます。お役に立つことができたようなので何よりです。また、何かございましたらご質問してください。

特許・商標・著作権 についての関連する質問