JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

patent777に今すぐ質問する

patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 453
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

初めまして。**県***市在住の****(******)と申します。今回は、フジテレビのバラエティ番組で発見

解決済みの質問:

初めまして。**県****在住の****(******)と申します。
今回は、フジテレビのバラエティ番組で発見したyoutubeからのビデオの無断使用についてお聞きしたいことがございまして
ご連絡いたしました。
このたび、2015年4月2日(土)フジテレビの「土曜プレミアム・有名人が初めて話します!とっておきランキング~
ここでしか聞けないヒミツの話30連発~」
という番組で、夕日が緑色になるグリーンフラッシュの現象についての説明をやっておりました。
このビデオですが、私がサイパン島で撮ったものが勝手に引用されておりました。
この時期は、私は、サイパン島で会社をおこし、働いており、住んでおりました。
気象に興味があり、グリーンフラッシュという貴重な現象がサイパン島では、見れることがあり、
毎日夕日を追いかけ、何度もビデオを回しておりました。youtubeにも、何個もアップロードしております。
ビデオの内容を見ていただければおわかりになると思いますが、夕日の様子、雲などの形
などまったく同じですし、私が撮ったものですので、確実にわかります。
もちろんデータのオリジナルも持っております。
テレビ局からの使用に関してのことわりも、連絡も一切ございません。
また、元のビデオには、その周りにいる人の音や、私の解説の音も入っておりますが、テレビでは
まったく入っておらず、加工もされているようです。
こういった場合、youtubeに投稿したものは、勝手にテレビなどで使われても、著作権侵害などは
あてはまらないのでしょうか?
他のサイトを検索してみると、youtubeにアップロードした時点で、著作権はyoutubeになっており、テレビ局は勝手に使っても
投稿者は文句は言えないという意見もありました。この場合は泣き寝入りするしかないのでしょうか?
訴える方法などはあるのでしょうか?
何年にもわたって、一生懸命大事に撮りためた貴重なビデオですので、こんなに簡単に使われてしまうとは、本当に悲しいです。
当方法律に関してはまったく素人ですが、フジテレビに対しても、まずは何らかの説明を求めようとアプローチしていきたいと思いますので、
お知恵を拝借できれば幸いです。
●テレビ番組の視聴できるサイトのURL
12分ごろから、石原良純のグリーンフラッシュ現象の説明が始まります。
http://video.9tsu.com/video/%E6%9C%89%E5%90%8D%E4%BA%BA%E3%81%8C%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E8%A9%B1%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BD%9E%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%8B%E8%81%9E%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%92%E3%83%9F%E3%83%84%E3%81%AE%E8%A9%B130%E9%80%A3%E7%99%BA%EF%BD%9E4%E6%9C%882%E6%97%A5
●私がyoutubeにアップロードしているグリーンフラッシュのビデオのURL
https://www.youtube.com/watch?v=y6U4yO-Rvxw
●参考までに、私が撮りためたグリーンフラッシュ動画のyoutubeの私のチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCzhwppcvu5n3xOqZCr7Ahqw
本当にお忙しいところ申し訳ございませんがご回答よろしくお願いいたします。
****
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。事情は分かりました。原則的には、動画の著作権はその創作者(制作者)である質問者様が有します。そのため、その動画を無断でテレビ局が使用することは、著作権のうちの複製権(著作権法21条)および公衆送信権(同23条)を侵害することになります。そして、著作権侵害に対しましては、差止請求権(同112条)や損害賠償請求権(民法709条)を行使することができます。さらには、刑事罰の対象ともなります(著作権法119条)。ただし、YouTubeの利用規約において、投稿された著作物についてはYouTube側にその権利が譲渡されるなどといった規定が存在しているかもしれませんので、確認する必要があります。そのため、少し時間をいただいて当方で調べてみますので、大変申し訳ありませんがそれまで回答をお待ちください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
かしこまりました。引き続きよろしくお願いいたします。お待ちしております。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
質問者様の動画とフジテレビの番組を拝見しましたが、これは同一のものだということが分かります。そこで、YouTubeの利用規約を読んでみました。YouTube利用規約には、以下の規定があります。【5. お客様によるサイト上のコンテンツの使用B. 本コンテンツは、「現状有姿」でお客様に提供されています。お客様は、本コンテンツに、本サービスの機能により意図されており本サービス条件により認められている限度で、参考目的での個人的な利用のためにのみアクセスすることができます。お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。お客様は、YouTubeまたは関連する本コンテンツのライセンサーからの事前の書面による同意なく、コピー、複製、送信可能化、出版、翻案、配布、放送、表示、販売、ライセンス付与又はその他一切の他の目的のために利用されてはなりません。YouTube及びそのライセンサーは、本コンテンツ内で並びに本コンテンツに対して明示的に付与されていない、一切の権利を留保します。】 これによりますと、利用者は、「個人的な利用のためにのアクセスすることができます」と規定されており、また、「いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。」、「YouTubeまたは関連する本コンテンツのライセンサーからの事前の書面による同意なく、コピー、複製、送信可能化、出版、翻案、配布、放送、表示、販売、ライセンス付与又はその他一切の他の目的のために利用されてはなりません。」と規定されています。そのため、テレビ局がYouTubeから事前の書面による同意を得ずに質問者様の動画を放送していた場合には、この利用規約に反することになります。 また利用規約には以下の規定も存在します【6. お客様の本コンテンツ及び行為B. ・・・お客様は、本サービス規約に従い本サービス上で本コンテンツを公開するために、かかる本コンテンツに対する一切の特許権、商標権、企業秘密、著作権若しくはその他の財産権についてのライセンスをYouTubeに提供します。C. 明確にするために付言すると、お客様は、ご自分の本コンテンツに対する所有権を全て留保します。ただし、お客様は、YouTubeに本コンテンツを投稿することにより、YouTubeに対して、本サービス及び YouTube(並びにその承継人及び関係会社)の事業(本サービス(及びその派生著作物))の一部又は全部の、あらゆる媒体形式による、あらゆるメディアチャンネルを通じてのプロモーション及び再配布を含みますが、これに限られません。)に関連して、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な、本コンテンツの使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、翻案、送信可能化及び実演に関するライセンスを付与します。お客様は、また、本サービスの各利用者に、本サービスの機能を通じてこれらの本サービス条件に基づいて認められる限度で、本サービスを通じてのお客様の本コンテンツへのアクセス、並びに当該本コンテンツを使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、送信可能化及び実演することについての非独占的なライセンスをここに付与するものとします。 動画の本コンテンツに関してお客様により付与される上記のライセンスは、お客様がYouTubeサービスから自己の動画を削除又は消去してから商業的に合理的な期間内に終了します。】 この規定から言えることは、質問者様は投稿した動画の著作権を留保していることになります。すなわち、著作権は質問者様にあるということになります。一方、質問者様は、YouTubeに対して、その動画の使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、翻案、送信可能化及び実演に関するライセンスを付与することになります。要するに、質問者様は著作権を有したまま、YouTubeに上記の行為をすることの許諾を与えることになります。また、質問者様は、本サービスの各利用者(ご質問にあるテレビ局も含みます)に、本サービスの機能を通じてこれらの本サービス条件に基づいて認められる限度で、本サービスを通じての質問者様の動画へのアクセス、使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、送信可能化、実演することについてのライセンス(利用許諾)を付与することになります。テレビ局は、YouTubeのサービス機能を通じてのみ利用できるのであって、その機能を利用せずに放送する行為についてまでライセンスを与えているわけではないことになります。 従いまして、YouTubeがテレビ局に対して、質問者様の動画を複製したり放送したりすることを許諾していない場合には、テレビ局の放送等の行為は本利用規約に違反していることになり、質問者様は著作権を行使することができると思われます。 ただし、利用規約に一点だけ気になる規定が存在します。それは以下の内容です。【14. 一 般 ・・・お客様及びYouTubeは、本サービスから生じる又はこれと関連する訴訟原因は、当該訴訟原因が生じてから一年以内に開始されなければならないことに合意します。そうでない場合は、当該訴訟原因は永久に禁じられ、かかる訴訟原因に基づく法的手続きを行うことはできないものとします。】 この規定は、訴訟原因が本件では、質問者様が投稿した動画に当たるという意味である場合、その動画が投稿されてから1年以内に法的手続きを開始しなければならない、という意味に捉えるのであれば、投稿してから1年を経過してから訴えた場合には、本規定に反することになります。この規定の内容ははっきりしないのですが、例えば、損害賠償請求は、損害および加害者を知った時から3年間は請求できると法律で定められていますので(民法724条)、法律と抵触する内容の規定が有効か否かは争う余地があります。したがいまして、この規定は、現段階では、一先ず横に置いておいて、まずは、YouTubeに対して、テレビ局に質問者様の動画を放映することの許可を与えたか否かを確認してみて、許諾を与えていないとなれば、テレビ局に対して著作権侵害をしている旨を通知し、それなりの賠償なり、謝罪なりを要求するといった手順が一つの方法として考えられるのではないかと思います。実際に、テレビ局と交渉するということになれば、弁護士等の法律家と行動を共にした方がいいかもしれません。弁護士等を利用するとお金がかかるため、相手が法廷で争う姿勢を示唆してきた段階で弁護士に依頼するといったことも可能かと思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
youtubeに連絡をとってみてますが、窓口が複雑で、なかなか回答を得られません。テレビ局にまずは問い合わせしてみようと思いますが、どのような注意点がありますでしょうか?
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
インターネットで調べてみたところ、投稿した動画が無断で放送されているという事例が散見されました。投稿者がテレビ局に苦情を申し入れたところ、色々と理由をつけて相手にしないとか、番組を制作した会社と正規の契約を結んで放送したので、テレビ局側には問題がないというような正当性を主張してくるというケースもあるようです。まず、問い合わせてみて、納得のいく回答が得られない場合には、弁護士と相談したうえで、弁護士名で、回答次第では法的手段に訴えるといった内容の内容証明郵便などで対応すると、テレビ局も真剣に対応してくるのではないかと予想されます。今回、電話やメールでの問い合わせをする際には、後に訴訟となったときには、これらのやり取りした内容も証拠となる可能性がありますので、事実関係を述べ、著作権侵害の「可能性」があることを伝えるに留め、著作権侵害であると断定することは避けた方がいいかもしれません。また、法律の専門家と一緒に対応していることを告げてもいいかもしれません(現に、JustAnswerを利用しているわけですので)。そして、テレビ局の対応次第では専門家を交えて交渉することを示唆してもいいかもしれません。また、質問者様があらかじめどのような解決方法(金銭賠償、謝罪など)を求めるかを明確にしておいた方がよろしいかもしれません。質問者様が求める解決内容に達するかどうかを基準として、それを下回るような対応でしたら、弁護士に依頼して対応するといった方法もあろうかと思われます。できれば訴訟よりも、和解、示談などで解決された方が労力が少なくていいかと思われます。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
回答に関してご不明な点がございましたらご質問してください。特にご不明な点がなければ評価していただきます様お願いします。評価していただかなければ専門家には報酬が支払われないシステムとなっていますことをご了承ください。なお、評価の仕方が分からないなどといったことがございましたら当方にご連絡してください。当方からサイト運営者に連絡して対処いたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お返事遅れまして申し訳ございません。いろいろ周りにも相談しておりました。ご回答には大変満足しております。必ず評価を入れさせていただきたいと思います。最後に教えてください。弁護士などに、お願いしたいとなった場合は、相場でどのくらいのお金がまずは必要なのでしょうか?案件によって、もちろん、いろいろだとは思いますが、教えていただければ幸いです。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
具体的な額は様々で何ともいえないとうのが正直なところです。ただ、日本司法支援センター(通称「法テラス」)を利用されると安くできるといわれています。この機関は、国の公的な機関ですので、安心してご利用できるかと思います。ちなみに、以下に法テラスの概要についてそのウェブサイトからの抜粋を記載します。『私たち法テラス(日本司法支援センター)は、国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。こうした問題解決への「道案内」をするのが私たち「法テラス」の役目です。全国の相談窓口が一つになっていないために情報にたどりつけない、経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができない、近くに専門家がいない、といったいろいろな問題があり、これまでの司法は使い勝手がよいとは言えないものでした。そうした背景の中、刑事・民事を問わず、国民のみなさまがどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという構想のもと、総合法律支援法に基づき、平成18年4月10日に設立された法務省所管の公的な法人。それが、日本司法支援センター(通称:法テラス)です。お問い合わせの内容に合わせて、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を法テラス・サポートダイヤルや全国の法テラス地方事務所にて、無料でご案内しています(情報提供業務)。また、経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えを行っています(民事法律扶助業務)。このほか、犯罪の被害にあわれた方などへの支援(犯罪被害者支援業務)等、総合法律支援法に定められた5つの業務を中心に、公益性の高いサービスを行っています(ほかに司法過疎対策業務、国選弁護等関連業務があります)。設立以来、たくさんのみなさまにご利用いただき、情報提供を行う法テラス・サポートダイヤルの利用件数は、272万件、民事法律扶助・震災法律援助の無料法律相談の利用件数は、213万件、そのうち弁護士・司法書士費用などの立替え(代理援助、書類作成援助)を行った件数は、86万件を超えました。これからもみなさまのご期待にお応えできるよう努めてまいります。※法テラス・サポートダイヤル利用件数は平成27年3月末現在、 民事法律扶助利用件数は平成27年3月末現在。』 この法テラスは全国に存在します。「法テラス」として検索すればそのウェブページに着くはずです。
patent777, 弁理士資格を取得
満足したユーザー: 453
経験: 特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
今回も詳しいご回答ありがとうございました。一度法テラスへも相談してみたいと思います。これまでいろいろ親切な専門的なアドバイスありがとうございました。何もわからない状態から、いろいろ前向きに考えることができました。感謝いたします。このサイトに出会えてよかったです。またご縁がございましたらよろしくお願いいたします。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
評価していただきましてありがとうございます。質問者様のお役に立つことができたようで何よりです。また、何かございましたらご質問してください。本件が無事に解決されることを願っております。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yo-shi

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    232
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    232
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    46
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士資格を取得

    満足した利用者:

    452
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3406
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問