JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 511
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

ご相談です。 私はデザイン会社をやっております。 結婚式場の仕事を引き受けております。 仕事内容は、挙式をあげ

解決済みの質問:

ご相談です。
私はデザイン会社をやっております。
結婚式場の仕事を引き受けております。
仕事内容は、挙式をあげられるお客様のデザインポスターをデザイン・プリント・納品までを行っています。
デザインの素材は
●お客様の前撮り写真
●ポスター用に写真室が撮影した写真
●お客様の子供のころの社品
これらはご本人の写真ですので問題はないのですが、
お客様からのリクエストで、合成素材として
●映画のポスター
●ディズニーキャラクター
などを持ち込みされて、その素材を本人の顔と合成してほしいとのリクエストがあります。
その場合、著作権などにどのような影響があるのでしょうか?
デザインポスターの使用目的は
●披露宴でのウェルカムポスターに使用
●記念としてお客様が持ち帰る
●ご両親にプレゼント
です。
プリントする枚数はポスターサイズ1枚(本人用)とA4サイズ2枚(ご両家用)
あくまで個人的な利用です。
また、私から権利関係のある素材を紹介したり提供したりすることはしていません。
すべてお客様の持ち込み依頼です。
私はその依頼に応えるかたちでデザインいたします。
お金の流れは、
お客様が式場にポスター代金を支払う
式場から私がデザイン製作費として受け取る
となっています。
権利侵害などにあてはまるのでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。 結論から先に申しますと、著作権と抵触する可能性があると思われます。 映画のポスターやディズニーキャラクターを本人の顔と合成する行為そのものが、それらの著作物の翻案となってしまい、著作権のうちの翻案権と抵触すると思われます(著作権法27条)。 著作権法27条には以下のように規定されています。 「第二十七条  著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を【専有】する。」 この規定は、著作者のみが著作物を翻案する権利がある(専有する)、という意味になります。 ここで「翻案」と申しますのは、質問者様より先に創作した他人の原著作物(本件では映画のポスターやディズニーキャラクター)に修正増減を施し、新たに創作性のある表現を付加しても、質問者様の創作したポスターが、先人の(原著作物)に依拠し、かつ、原著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することができる場合をいいます。 すこし、ややこしい表現で理解し難いかもしれませんが、大雑把に言いますと、複製といえるほどには原著作物と近似していないが、全く別の著作物ともいえない著作物。あるいは、複製といえるほどではないが、それでもなお、質問者様の創作したポスターから原著作物を直接想起させるほどに似ているといったようなものです。 実際には、どのような行為が翻案に該当するかは、著作物の種類や表現態様などによって異なり、確定的な基準は存在せず、ケース・バイ・ケースで判断せざるをえませんが、本件では、映画のポスターの人物やディズニーキャラクターの顔部分のみをご本人様のと合成するというものですので、そのように創作されたポスターから原著作物を直接感得できるものと思われます。 そのため、翻案に該当するものと予想されます。 そして、翻案をする行為自体が翻案権と抵触してしまいますので、それを例え私的使用の目的その他のどのような目的であるにせよ、すなわち目的の如何を問わずに、著作権と抵触することになってしまいます。 したがいまして、著作権との抵触を回避する方法としましては。著作権者から翻案の承諾を得る必要があります。 ディズニーキャラクターなどとご本人様を合成して作成したポスターは、結婚記念品として思い出の品になろであろうことは十分に理解できるのですが、現状では、誠に残念ですが、違法性が高いと言わざるを得ませんことをご了承ください。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問