JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

patent777に今すぐ質問する

patent777
patent777, 弁理士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 414
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

予備校の古文講師です。 自分で作成したオリジナルの古文の文法プリントをネット販売しようと思っています。 その際に

質問者の質問

予備校の古文講師です。
自分で作成したオリジナルの古文の文法プリントをネット販売しようと思っています。
その際に一番懸念されるのが購入者(塾講師や学校の教師など)が勝手にコピーして使うことです。
それを防護するためにはどうしたら宜しいでしょう。
またそのプリントはオリジナルで他人の著作からのそのままの転用はないとは思いますが、もし私が著作権違反に問われるとしたらどういう場合が想定されますか。以上宜しくお願い申し上げます。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 10 ヶ月 前.
知的財産権を専門とする者です。 まず初めのご質問であります「購入者の無断コピーの防護方法」についてですが、これを事前に予防する直接的な方法は残念ながらありません。 そのため、巷では頻繁に自己の著作物が勝手にコピーされたという状況が生じています。このサイトへの質問でも多くの方がかかる事情でご相談されてきます。 著作権侵害につきましては、デジタル機器などにおきましては、ダビングの制限をしたり、コピープロテクト機能を用いて無断コピーの予防に努めていますが、そのような機械的な方法を採用しない限りは、侵害の事前予防が難しいのが現状です。 したがいまして、著作権侵害におきましては、事後的な措置を講ずることになります。具体的には、自己の著作物が無断で利用されているのを見つけたら、すぐに利用者に対して使用中止の警告等をし、それでもなお無断利用を継続する場合には訴訟を提起するという方法しかございません。 そのため、無断コピーに対して取り得る措置としましては、仮に相手方に警告するなり、その後の訴訟を提起するにしましても、その著作物である古文の文法プリントについて、質問者様が著作権を有していること、およびその創作年月日を明確にしておくことが重要となってきます。いわゆる証拠資料を集めておくことによって、後々の紛争解決を有利に進めるための準備をしておくことが重要かと思われます。 そのためには、創作された古文の文法プリントについて、登録をしておくことをお勧めします。 著作権法では、登録を受けることができる旨が規定されています(著作権法76条)。 「第七十六条  著作権者・・・は、その著作物について第一発行年月日の登録又は第一公表年月日の登録を受けることができる。 2 第一発行年月日の登録又は第一公表年月日の登録がされている著作物については、これらの登録に係る年月日において最初の発行又は最初の公表があったものと推定する。」 この登録をしますと、登録に係る作品が著作物であること、登録に係る権利者が著作権者(質問者様)であることを公証する機能があり、それらの目的で利用されることが多いといえます。 さらには、この登録により、その著作物が少なくともその年月日以前に創作されたという事実を公示、立証することができます。 登録手続きは、文化庁長官官房著作権課 に対して行うことになります( 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 03(5253)4111(内線2849) FAX 03(6734)3813 )。 具体的な申請手続きは同機関が発行している「登録の手引き」を参考にされるといいと思います。インターネット上でも公開されています。 「http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/toroku_seido/pdf/tebiki.pdf」 したがいまして、このような登録を行うことによる事後的な対応の準備をしておくという方法しかないということになろうかと思われます。 二つ目のご質問である「質問者様が著作権法違反に問われる場合」につきましては、もし、質問者様が作成された古文の文法が、他人の文法と同じものとなってしまったり、そっくりではないにしても、似ているようなものとなってしまったりした場合には、相手方の複製権(同法21条)や翻案権(同法27条)と抵触する可能性がでてきます。 私的使用を目的とする場合はともかく、それを販売しますと、さらに譲渡権(同法26条の2)とも抵触します。また、ネットにアップしますと公衆送信権(同法23条)とも抵触することになります。 ただし、先行する他人の文法と同じものであっても、その他人の文法に依拠せずに、偶然に同じものができた場合には、複製や翻案とはなりません。もっともこれを立証するのは難しいと思われます。 このような場合でも質問者の方が先に創作されていることを証明できれば、侵害とはなりません。それを証明するためのも、自己の文法を登録しておいて、相手方からクレームが来た場合には、その第一発行年を立証することで質問者様に対するクレームを回避するということもできることになります。
patent777, 弁理士
満足したユーザー: 414
経験: 特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
ご丁寧な対応、有り難うございました。
よく分かりました。
では不許複製というのはどこかの許可を取って付けるものではなく、勝手に付けてよいということで宜しいのでしょうか?
専門家:  patent777 返答済み 9 ヶ月 前.
はい、質問者様ご自身の意思によって不許複製を付けても構いません。と申しますか質問者様だけが決めることができることになります。質問者様には、著作物たる文法を創作した時点で自動的に著作権が生じています(著作権法17条2項)。登録はあくまで証拠として使用するためのものですので、著作権の発生とは関係ありません。そのため、複製権を有している質問者様だけが、自己の著作物たる文法の複製を許諾するか否かを決定する権原を有していることになります(同法21条)。
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
了解しました。
現時点においてはご相談した内容に就いての疑問は解決されました。
前回教示頂いた登録を検討いたします。
有り難うございました。
専門家:  patent777 返答済み 9 ヶ月 前.
お役に立てたようで何よりです。つきましては大変恐縮ですが、ご評価していただきますようよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
的確かつ分かりやすい回答を頂き、大変満足しています。これからも質問事項が発生した場合、ご相談させて頂く所存です。
有り難うございました。
専門家:  patent777 返答済み 9 ヶ月 前.
また何かございましたらご質問してください。頑張ってください。
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
新たに質問があります。
予備校や学校では生徒の古文学習をスムーズに進めるために替え歌を使用するケースが多々あるのですが、私も幾つか作っています。
代表的なものは助動詞の接続を覚えさせるためにアンパンマンマーチの「そうだアンパンマン 優しい君は 行け、みんなの夢守るため」と少し古いですが狩人の「あずさ2号」の「8時ちょうどのあずさ2号で私は私はあなたから旅立ちます」とい一節
を借用しているのてすが、これらを歌っている動画をYouTubeにアップしようと考えているのですが、この場合は著作権違反とかに問われる可能性がありますか。
それとも借用の程度=歌の長さ等で許容される場合とかがあるのでしょうか?
宜しくお願いします。
専門家:  patent777 返答済み 9 ヶ月 前.
ご質問していただきありがとうございます。 YouTubeは、ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)、イー・ライセンス及びJASRACと、楽曲の包括利用許諾契約を締結していますので、これらの音楽著作権管理事業者が管理する楽曲を演奏したり、歌っている動画をYouTubeにアップする行為は著作権の問題は生じません。 しかし、歌詞の翻訳や替え歌、編曲、切除など作品を改変する行為は、著作者の意に反すると判断された場合には、著作者人格権のうちの同一性保持権(著作権法20条)と抵触することになります。 「第二十条  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。」 また、替え歌等が著作者の名誉や声望等を害するような方法で著作物を利用するものである場合にも、同様に著作者人格権の侵害行為とみなされます(同法113条6項)。 「第百十三条 6 著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなす。」 更には、替え歌がオリジナルの歌詞の翻案となり、翻案権(同法27条)と抵触する可能性があります。 「第二十七条  著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。」 そして、JASRAC等の音楽著作権管理事業者は、著作者人格権の管理も行うことができません​。また、著作権のうち翻案権(楽曲に関しては編曲権)を原則として管理していません。 そのため、音楽著作権管理事業者が管理している楽曲を翻案せずにそのままカバーした動画をYouTubeにアップする行為は問題ありませんが、替え歌の動画をアップした場合には、著作者人格権と翻案権の問題が生じます。 なお、音楽著作権管理事業者は著作隣接権は管理外のため、アーティストのプロモーションビデオや、レコード会社が原盤権を持つCD音源をそのままアップロードする行為も認められないこととなります。 これらは、ニコ動でも同じような取扱いとなっています。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    231
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士

    満足した利用者:

    414
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3271
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問