JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

こんにちは 日本奇祭の一つで 沖縄県宮古島のパーントゥについて ユネスコに登録される可能性が出てきているとのこ

質問者の質問

こんにちは
日本奇祭の一つで
沖縄県宮古島のパーントゥについて
ユネスコに登録される可能性が出てきているとのことで祭をテーマにした商品がちらほら出てきております。地元の祭を守る者としてはそういったものを排除したいという思いがあり、地元のもので知的所有権の登録もしているところですが
著作権の主張を他の個人や団体、企業が行ってきた場合どのような対処をしたらよろしいでしょうか?
知的所有権協会の登録は251963号です。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。祭りをテーマにした商品を排除することができる場合としましては、その登録してある知的所有権に基づいてその商品の使用の差止や廃棄をする方法があります。この場合、その商品の使用が登録されている知的所有権の権利範囲であることが必要となります。知的所有権がどのようなものかは分かりませんが、一般的には、商品の技術を保護する特許権や実用新案権、商品の外観デザインを保護する意匠権、商品や企業などの名称やロゴ(図形、記号など)を保護する商標権などがあります。そして、相手方が使用している商品が、これらの知的財産権のいずれかの権利範囲内に属するものであれば、その使用の差止・廃棄が可能になります。例えば、仮に質問者様が「パーントゥ」なる名称について商標登録をされているとした場合に、相手方がその商品ないしそのパッケージに登録商標である「パーントゥ」の名称やそれに類似する名称を使用しているような場合には、商標権に基づいて、その使用を差し止めしたり、廃棄請求したりすることができます(商標法36条)。一方、著作権につきましては、「著作物」でなければ発生しません。この「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽に属したもの」をいいます(著作権法2条1項1号)。そのため、商品自体はそれが実用品であれば著作物とはいいがたく著作権は生じませんが、装飾性が高く、観賞用になるような商品であれば著作物となり、著作権は生じますので、そのような「美術工芸品」であれば、相手方に著作権が生じます。そして、著作権と知的財産権のうち意匠権や商標権とが抵触した場合には、意匠登録出願の日または商標登録出願の日と著作物を創作した日を比較して、いずれか速い方が使用できることになります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
Customer様
早速のご対応ありがとうございます。
対応として商品を出している相手方を調べて商品販売の停止をお願いすればよろしいですか?新たな商品を出さないために商標登録も必要なのでしょうか?神事、神様のお祭りなので簡単に商品にして欲しくないのです。
神事に協力して理解してくださる企業には商品を許可しておりますが、それ以外にはご遠慮頂きたいと思っております。
継続でその効力を持続するにはどうしたらよろしいでしょうか?
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
特許権や意匠権ですとそれぞれ出願から20年または登録から20年という存続期間があります(特許法67条、意匠法21条)が、商標権ですと存続期間が出願から10年ですが、更新申請を繰り返すことで半永久的に存続することになります(商標法19条、20条)。そのため、商品の名称やロゴを半永久的に保護したいということでありますと、商標登録をしておいた方がご安心かと思われます。また、質問者様の商品が広く知られているものであれば、権利がなくても不正競争防止法によって、保護することも可能ですが(不正競争防止法2条1項1号・2号)、この法律の適用はハードルが高いといわれていまして、その周知性や著名性を立証するのが困難とされていますので、これによる保護は最後の手段というふに考えておいた方がよろしいかと思われます。やはり、継続的に保護するには商標権の取得がよろしかと思われます。それから、対応ですが、先に申しましたように相手方の商品が質問者様の知的財産権の権利範囲内であれば、おっしゃる通り、商品を出している相手方を調べてその販売の停止や在庫の廃棄請求をする、といったことになろうかと思われます。一般的には、まず最初に内容証明郵便等で警告をし、それでも相手方が販売を中止しない場合に訴訟を提起するということになろうかと思われます。
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
何かご不明な点がございましたらご質問してください。特になければ承諾していただくようお願いします。承諾していただかなければ専門家には料金が支払われませんので、よろしくお願いします。

特許・商標・著作権 についての関連する質問