JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 497
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

お世話になります。 浮世絵の著作権や著作者人格権などの権利関係についてお尋ね致します。 私はスマホアプリのデ

解決済みの質問:

お世話になります。
浮世絵の著作権や著作者人格権などの権利関係についてお尋ね致します。
私はスマホアプリのデザインに関する仕事をする者でして、広重の浮世絵をモチーフした画面デザインのアプリを企画しております。
浮世絵をスキャンして加工するということは特に考えておらず、あくまでも、広重の浮世絵に似せたデザイン(誰が見ても広重の浮世絵に似ていると感じるデザイン)を自ら創作したいと考えております。
このような行為は、権利上問題無いかご教授いただけますよう、宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
著作権法で保護される権利には、財産権的性質を有する「著作権」と人格権的性質を有する「著作者人格権」があります。
このうち、著作権につきましては、映画を除き、原則として、著作者の死後50年ないし公表後50年を経過しますと、存続期間が切れます(著作権法51条~53条)。
そのため、ご利用を予定されている広重の浮世絵につきましては、著作権の存続期間が切れていますので、これをどのような形で利用しても、著作権につきましては問題が生じません。
一方、著作者人格権につきましては、問題があります。
この著作者人格権とは、著作者が著作物を公表するか否かを決めることができる権利である公表権(著作権法18条)、著作者名を表示するか否かを決めることができる権利である氏名表示権(同法19条)、そして、著作物を意に反して改変させない権利である同一性保持権(同法20条)があります。
このうち本件におきまして特に注意しなければならないのが同一性保持権です。
例えば、著作物である絵画や写真のモナリザに髭を付けるといったようなことをしますとこの著作者人格権である同一性保持権の侵害となってしまいます。
また、パロディ化したものにつきましては、パロディ事件の最高裁判決では、パロディ写真から原写真の本質的特徴自体を十分に感得できる以上、パロディ写真は原写真の同一性保持権を侵害するとしました。
このことからしますと、ご質問にあるように「広重の浮世絵に似せたデザイン(誰が見ても広重の浮世絵に似ていると感じるデザイン)」を制作する行為も、同一性保持権と抵触する可能性がでてくると思われます。
そして、著作者人格権(同一性保持権)につきましては、著作者の死後であっても半永久的に保護される旨が規定されている著作権法60条が存在します。
『(著作者が存しなくなった後における人格的利益の保護)
著作権法第60条
著作物を公衆に提供し、又は提示する者は、その著作物の著作者が存しなくなった後においても、著作者が存しているとしたならばその著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならない。・・・』
また、同法60条違反は、刑事罰の対象となります(同法120条)。この刑事罰は非親告罪ですので、権利者(広重、遺族)からの告訴がなくても警察は起訴することができることとなります(同法123条)。
そのため、広重の浮世絵の『本質的特徴を直接感得できない』程度にまでデザインを改変しない限りは、同一性保持権と抵触してしまう可能性が大きいと考えた方が安全かと思われます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問