JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

おはようございます。 私は生まれた地域と現在住んでいる地域への貢献として静岡県三ヶ日町の青島みかん、静岡県の緑茶、

解決済みの質問:

おはようございます。
私は生まれた地域と現在住んでいる地域への貢献として静岡県三ヶ日町の青島みかん、静岡県の緑茶、北海道の韃靼蕎麦の3種類をコラボした健康商品を試作している、齢70になる者です。
知人の話では、特許取得に大金を支払うより「著作権」を取得した方がお金も少額で済むし、権利も主張できるので著作権に切り替えてはとの強い勧めです。
私は試作した商品の価値を測定するために特許又は著作権の申請後に友人達200名に評価を聞く為の無料配布を考えています。
札幌市内に私は住んでいますので上記のような困りごとはどこに相談に行けば良いか教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
著作権で保護されるためには「著作物」でなければなりません。
そして「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と規定されています(著作権法2条1項1号)。
そのため、ご質問にあるような健康食品は、「著作物」とはいえず、著作権を取得することはできません。
健康食品は産業上の利用可能性を有するものですので、特許権での保護対象ということになります(特許法2条1項、29条1項)。
また、特許権を取得するためには、特許庁へ特許出願をする必要があるのですが、その特許出願の前に発明である健康食品を公知(守秘義務のない人、一般の人に知られること)にしてしまいますと、原則として特許権を取得することはできません(特許法29条1項各号、2項など)。
したがいまして、守秘義務のある専門家にのみ発明内容を教えて、特許出願の手続をすることをお勧めします。
札幌にお住まいでしたら、下記の組織で相談してみてはいかがでしょうか、特許庁の関連機関ですので費用面も含めて安心してご相談ができるのではないかと思われます。
北海道知財総合支援窓口(北海道経済産業局)
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎
【電話】***-***-****
【FAX】***-***-****
【メール】*****@******.***
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
何かご不明な点がございましたらご質問してください。
特になければ承諾していただくようお願いします。
承諾していただかなければ専門家には料金が支払われませんので、よろしくお願いします。

特許・商標・著作権 についての関連する質問